オーダー家具の3rd -your life style shop-
2018.04.03

H邸 ダイニングテーブル・ベンチ・オープンボードリメイク

HPのブログを見てお電話してくれたH様。
まずはお電話でお話しを伺っていくと、リフォームをした際、今まで使っていたダイニングテーブルがお部屋に対して大きくなってしまったそう…
「思い入れがあるのでそのまま使いたいんです…サイズを変更することはできますか?できればメンテナンスを含めてお願いしたいのですが…」とのことでした。

まずはご自宅のダイニングテーブルを見てみないとわかりませんが、無垢材であればリメイクできる可能性はありますよ。とお返事し、お近くだったのでその日の夜にご自宅へお伺いしダイニングテーブルを見せていただきました。

H様のダニングテーブルはW2000近い大きさで、今のお部屋に対して圧迫感がありました。
「レイアウトはそのままにしたいのですが、どれくらいの大きさが良いでしょうか…?」とお悩みだったので、
W1500くらいにしてあげると4人がゆったりできて、お部屋に圧迫感もなくなるのでは、とご提案しました。

テーブルの脚の形はH型となっていて、下の写真のように中央の貫をクサビで固定してあります。
なのでカットした天板に合うように貫の長さを調整し、貫の端を再びクサビで固定するように加工をする事も必要でした。

「それでサイズを短くできるのならお願いします!」とのことでしたので、天板をW1500にカットし、H型になっている脚も元と同じように取付するため貫に穴を開け、クサビで固定出来るように再加工!
ただ加工しただけではなく隣にご家族が座っても窮屈さを感じないように、なるべく脚を広げて取付けることで元のダイニングテーブルの状態と内寸があまり変わらないように計算して取付けました!
セットのベンチも同様に既存パーツを使いながら天板をカットし接合部を加工しました。

最後にメンテナンスとしてテーブルの天板を一度削り、再塗装しました。
実はこのテーブルにはナラの木(オーク材)が使われているので、本来の木の色はもっと明るい色をしています。
天板を削るとそのナラの木の色が現れてしまうので、ベンチの色に合わせて色が合うように調色し、着色しました。
下の写真が着色、仕上げ後です!削っていない所の色と違和感無くマッチしています!

そして実は、現場にお伺いした際「もう一つの悩みが…」高さ2100あるオープンボードを見せてくれました。
下の写真のように、梁に当たってしまう程背の高いオープンボードで「どこに置こうと思っても収まりが悪いんです…」とH様の悩みの種でした。

「使えるボードにしてほしい!」というご相談でしたので、今回は固定棚の部分から大小二つに分けることをご提案。
「全部お任せできちゃうならお任せしたい!」ということでご訪問したその日にご契約いただき、その場でオープンボードを積み込んで工房へ!

背の高いボードは、強度を保つために可動式の棚の仕様でも固定棚の部分が必ずあるので、今回はその固定棚の部分からH1380の棚とH720のボックスにオープンボードを2つに分けました!
小さい棚には天板が無くなってしまったので、似た木色の板を天板として取付け。

ダイニングテーブル、ベンチと合わせ2か月ほどお待ちいただき、テーブルとオープンラックをお届けしました!

「テーブルもオープンラックも、イメージ以上に良いものになって帰ってきて驚いた!」と、うれしいお言葉を頂きました!
また何かありましたらお気軽にご相談下さいね!
H様ありがとうございました!

WANTED
3rdではショップスタッフ、設計デザインスタッフを募集しています。インテリアや家具デザインに興味のある方は是非お問い合わせください。
また工房スタッフ(家具職人)も合わせて募集しております。

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2017.03.31

K邸_TVボード、キッチンボード、ソファ張替え お届け

「TVボードを新調しようといろいろ探しているんです。」
長津田にお住いのK様、娘さんと一緒にご来店くださいました。
店内を見て頂くと格子のTVボードをとても気に入ってくださいました。

「今のTVBが小さくテレビとのバランスが悪くて…でもどのくらいのサイズがいいのかも難しいですね。」とお悩みのご様子…「ご都合がよろしければお伺いさせて頂いて適性なサイズのご提案もさせて頂きますがいかがですか?」とお伺いすると、「お願いできるのであれば是非!」と、実際にお家にご訪問させて頂きサイズを決定することに。

お家へお伺いさせていただき、TVボード設置場所の採寸。
TVボードの上に小さなスピーカーも置きたいとのことでしたので、少し大きめなW2000でおつくりする事になりました。引き出しも欲しいとのご要望を頂きましたので、左側を引戸と右側に引出しのデザインです。

「他にも気になっている所があって…」キッチンボードとソファの張替えについてもご相談くださいました。
せっかくなので、キッチンも採寸をさせていただき、収納したいものなどをお伺いして、その場でご提案。
圧迫感を軽減するために吊戸と下台に分けた形に。また、吊棚の奥行をを下台より減らすことでさらにスッキリ感がでます。

取付は3rdスタッフ男性陣がんばりました!お家のリビングをお借りして準備…

2人で押えながら、工場長がしっかり取付を行います。平衡感覚もかなり重要ですのでいつも以上にかなり真剣に!

ソファの張替えも無事完了し、すべての納品が完了!
「お部屋がすっきりしました!」とお喜びいただけました。
K様、ありがとうございました^^

【特注TVボード_W2000×D450×H450】
【特注キッチンボード_W1300×D300/500×H550/850】

2015.05.18

S邸 椅子補修・テーブル お届け

「椅子のお直しはやっていただけますか?」と、新聞のチラシを見てご来店になられたS様。

「とっても気に入っているんだけど、どうも座り心地が良くない。。。」という、海外で購入したチークの椅子。
お引っ越しが決まったタイミングで「もし直せるものなら、新しい家でもまた使い続けたいと思って。」と、
ご来店になられました。

「もともとついていたクッションはへたってしまったからもう使っていないの。代わりに座布団を座面にも背中にも置いて使っているんだけど、滑ってしまって落ち着かないの。座面クッションは椅子にくっつけて、背クッションもずれないようにしっかり止まるように出来ないかしら?」との事。
座面はレザー張りのクッションが乗っているだけ、背クッションはマジックテープで取り外しが出来る仕様になっているそう。
それなら一度、椅子を見せていただけますか?と、ご自宅にお伺いする事になりました。

2388_01

見せていただいたところ、椅子の木枠はしっかりとしていて、傷みもなさそうです。

「これでしたらクッション部分を新しくすれば、ぐっと座り心地もよくなりますよ!」とお話した所、
「とても気に入っていたので、捨てるのには忍びないと思っていたの。直せるならお願いしたいわ!」と奥様。
「張り替えるなら生地は明るい色、グリーンがいいな。」とご主人。

2388_02

お二人で仲良く生地選びをし、2種類のグリーンを選ばれました!

2388_03

座クッションは木枠と一体にし、背クッションはずれないように背もたれをすっぽり覆うように制作しました。

2388_04

ご自宅にお伺いした時に「この椅子とセットになっているテーブルがあるんだけど、人が増えた時に使うには少し狭いの。お客様が来た時にはダイニングテーブルの横に付けて、普段はデスクのように使える補助のテーブルがあったらいいなと思っているんだけど、そんな小さなテーブルは作れますか?」と、ご相談いただきました。

2388_05

ご新居の図面を見せていいただいたところ、補助テーブルは奥行き450mmから最大600mmまでは置けそうでした。
「普段は二人だから。」との事で、サイズは生活動線のじゃまにならないようにと450mmに決定。

2388_06

ダイニングテーブルのデザインに合わせて天板の角も脚も丸くしました!

2388_07

「どんなふうになるのか、楽しみにしていますね!」とお引越し前からお届けを楽しみにしてくださったS様。

お届けのとき、「すっかり見違えるようだわ~!生地も明るくしてよかったわ!これからも大事に使いますね!」と
とっても喜んでいただきました。

2388_09

いつもご夫婦、仲良くご来店いただいたS様。
お引越しで少し遠くなってしまいましたが、お近くにお越しの際にはぜひ遊びに来てくださいね!

2388_010

S様、ありがとうございました!

東戸塚店

2014.10.12

U邸 ボードリペア お届け

3
ホームページをみてご来店されたU様。

お引越し先にある既存の白いボードをウォールナットに造り替えをしたいとご来店いただきました。

ボードは約6m20cmある大きなボード。
マンション建設と同時に設置されていたもので、白に少し紫がかった色のボードでした。
1
新しくおつくりする案と一部のみつくり替える案で悩まれましたが、
今回は扉・天板をウォールナットで製作と、コンセント移設工事をすることになりました!

また、ボードがある面の塗り壁もアクセントとして色を変えた壁紙をいれたいというご要望があり、
ボード製作とともにクロス張替も行うことになりました。
数日悩んだ結果決定したのが、淡いオレンジ色の壁紙!
そして、何度か訪問をして打ち合わせをさせていただき、工事に入らせて頂きました。

工事は全2日間。1日目はボードの工事を行いました。
5
電源工事と天板撤去を同時に行っていき、埋め込んであった天板は切断しながら外していきます。
6
ボートの上部にあった2つのコンセントをボード内に移設し、天板に移設コンセントと配線孔を設置。
方立に配線孔をあけてコードをとりまわせるよう加工しました。
こうすることでコード類が表に出ず、見た目もスッキリして使いやすくなりました!
7

2日目はクロス工事~
4
コンセントの跡などを平らにならし、糊付けした壁紙を張っていきます。
職人さんの手際も良くお昼には終了~!
8最後は、ボードの丁番を調整し、巾木をとりつけて完成!
9
壁が柔らかいオレンジ色で優しい雰囲気のお部屋になりました!

奥様も、「やっぱりきれいですね~お願いしてよかったです!」
と感想をいただきました!

これからソファとダイニングセットが続々と届くそうです。
お部屋のの完成がたのしみですね^^!

また何かございましたらお気軽にご相談ください!

Uさま、ありがとうございました!

たまプラーザ店

2014.09.03

W邸 ダイニングセット・TVB・家具補修 お届け

140830_01

都内にお住まいのW様。
中古のマンションをリフォームしてお引越予定で、家具も買い替えを検討されていました。
今回3rdが製作させて頂いたのは、ダイニングセットと、TVボード、それから既存の家具の補修です。

ネットの検索で3rdを見つけて、ご来店されたW様が店内をぐるりと巡り
お気に入り頂いたのは、ブリステーブルと、ADチェア。
どちらも職人の技が光るこだわりの作りです。

ブリステーブルは、一見本当にシンプルなデザインですが、丁寧な作りのテーブルです。
天板の反り止めに追い入れ蟻継ぎという技法を使用。
天板裏に溝をほって、桟木を入れています。
溝の幅は先に行くにつれてほんの少し細くなっています。
長さ方向が900ミリに対して、幅方向が3ミリ細くなるという、
目で見てもほとんど分からない微妙な角度ですが、
これにより、一度入れた桟木は、そう簡単に抜けないしっかりしたつくりになります。
反り止めには、金物を一切使用しないつくりになっているのです。

140830_05

また、この技法により、幕板つきのテーブルよりも下にでてくる部分が少ないので、
椅子に座った時の脚まわりを広く確保できたり、肘付の椅子がすっぽり納まるなどのメリットあります。

140830_04

脚のついている位置は、天板の一番端なので、テーブルの有効寸法も広いのです^^

ADチェアは、背の当たり心地が絶妙な椅子。

140830_06

背にクッション等はついていませんが、その計算されたつくりで、優しくしっかりと身体を受けとめてくれます。
一度座ると、これだ!と決めるお客様も多いほど。
個人的意見ですが、私もお店の中でこの椅子が一番のおすすめです。
職人が最小限の機械で1脚1脚丁寧につくっているため、丈夫で長く使っていただける椅子なのです。
ADチェアは板座(写真左)と座面にクッションのついた張座(写真右)の2種類。
板座には、オプションで専用の取り外し式クッション(写真中)の製作も可!
140830_14

W様にお気に入り頂いたのは、張座。
革の風合いと、無垢材と同じように経年変化を楽しめるオイルレザーで製作することになりました。

お届けしたダイニングセットがこちら。

【bliss table / w2000 d850 h700 / walnut】
140830_07

140830_08

オイルレザーの風合いが、お部屋との相性ばっちりですね!
とってもいい雰囲気!!
奥様が監督となり、お子様のお勉強もここでされるということで、ゆったりめのサイズになっています^^

TVボードは、ご主人の希望でシンプルで、直線的に。
本体下の台輪は小さめにして、床からの立ち上がりをすっきりみせる形状になっています。

【TV board / w1800 d500 h500 / walnut】
140830_10

140830_09

それから、お手持ちの家具を補修しました。
ひとつは、リビング用のローテーブル。
お引越前のご自宅で使用されていた物で、大きなキャスターと低めの高さは気に入っているけれど、
コップのシミなどがたくさんついてしまって気になっているとのことでした。
こちらはもともとがオイル仕上げのものでしたので、表面を削り直して、再度オイル塗装でお仕上げ!

140830_02

本来の美しい木の表情が戻り、かさついていた木肌もオイルでしっとりとなめらかな手触りが蘇りました!
これからまたご新居で活躍しそうですね!

140830_03

もうひとつは子ども用の椅子の補修。
W様自身の幼少期と、W様の3人のお子様達が代々使われていたW家思い出の椅子なのです。

140830_010

140830_011

塗装がはげて汚れてしまっていた木部を補修し、
座面は、新しく張り替えて、弾力のなくなってしまっていた中身のウレタンを交換して
新品の様に生まれ変わりました。
もう1世代下の子達まで使えそうですね。
140830_12

今回、生産時期の関係で、椅子の納期を大幅に頂いた為、
お引越したてのお届けと、それからおよそ3ヶ月後のお届けと、時期をずらしてのお届けとなりました。
(W様、大変お待たせいたしました。。)
最初のお届け時は、お引越直後の為ダンボールだらけのご自宅でしたが、
椅子のお届け時には、すっかり素敵なお部屋になっていました。

風通しと景色の良い気持ちのいいご自宅〜。

140830_13

すべての納品完了時には、
「待ってましたよ〜。最高!!」
と嬉しいお言葉をいただきました。
「せっかくの新居なのに夏休みで家にいるうちの子たちが、暴れて家壊れないか心配ですよ〜」
と、ご心配されていた奥様でしたが、笑
無事に夏休みを過ごされたでしょうか。
これから、ご家族と一緒に変化していく、無垢材・オイルレザーの表情も楽しんでくださいね。
W様ありがとうございました。

たまプラーザ店