オーダー家具の3rd -your life style shop-
2020.06.26

家具と空間のバランス

お引越し後しばらく時間がたち家具のご相談を頂いたMさま。前の家でお使いだった家具を置いてとりあえず使っているのでリビングダイニングをすっきりさせたいとのご相談いただきました。メインは収納家具でご提案したのは、幅5m84cmの大型ローボード。合わせてダイニングセットもご提案しました。

ご提案スケッチです。LDの家具配置と壁(窓)のバランスを考慮し全体をデザインしました。

大型の家具なので5パーツにわけ製作しご自宅で組み上げていきます。手前に見えるのがサイドボードの下面で家具の水平垂直を保つアジャスターです。3rdでは基本的には置き家具の仕様なのでこのアジャスターを調整しお部屋に設置していきます。

窓センターに合わせて2.5mのTVボード、右棚上部はお仏壇収納。窓下(カーテン)、腰高に合わせサイドボード。家具で埋まってしまうコンセントは両サイド台輪にコンセントを付け電源が取れるようにしています。サイドボードは腰高に浅い引出しを入れ収納物を限定しない仕様のデザインに。TVボード、AV機器が入る部分は赤外線を考慮しガラス扉に。今後はHDDでの録画やNetfrixなどのサブスクリクションが一般的になり恐らくデッキ類もなくなっていくと思います。その際は板扉に付け替えて収納にする事も考えて設計しています。

お仏壇収納スペースにはLEDのダウンライトを入れ、ガラス扉下にはスライド式の膳引きを供え付けています。

元のお部屋のコンセント部分の背板に開口し家具につけるコンセントの配線ルートを取っています。サイドボード天板のコンセントは電話用です。

ダイニングテーブルはなるべくなシンプルなデザインが良いとのことで定番のブリステーブルを170cm x 85cmでお作りしました。ダイニングチェアは後日お届けだった為、写真は無いですが軽く、ゆったり座れるpepe chairをお選び頂きました。

壁〜壁の低い収納家具は圧迫感なくとてもすっきりしたお部屋の印象になり、適切なサイズで家具をレイアウトすると何も無い空間よりも広く感じる事があります。マンションの内覧会などで”お客様が思ったより狭い。。。”と仰る事がありますが家具をお届けすると”なんか広くなった気がする!”とい言う事が多々あります。空間とお客様にあった家具をご提案できるのはフルオーダーだからこそです。

【Low board_W5840×D500/400×H850/500/1450】
【bliss table_W1700xD850xH700】
【pepe chair_W535×D550×H770】

line_03

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2020.06.09

希望サイズで収まる家具

下駄箱最近しまいきれていない靴が玄関の脇を占領して困っているとご夫婦でご来店下さったN様。
「下駄箱が小さいので家族分の靴が収納しきれていないんですよね。雨の日用のシューズや冠婚葬祭用の靴など用途に合わせて靴を持ってるとどんどん数が増えちゃって、処分する靴もなく、下駄箱を置くにも簡易ラックみたいなものを置くぐらいならちゃんとしまえる下駄箱が欲しいんですよね」と奥様。
確かに用途に合わせてご家族分の靴を保管するとなると、10足ほどの収納力では物足りなくなりますよね。
収納内容が分かったところで置き場所をお伺いしました。
玄関を入ると左手側に出窓があり、丁度その出窓の下に空間があると旦那様が教えて下さいました。
「その出窓下の壁から三和土の横幅いっぱいに靴箱が造れたら」とも。
しかし、出窓の木枠が壁から少し出ているので、「その木枠の下に合わせて造ると段差が気になるし、出窓の木枠と靴箱の天板の高さを合わせると窓枠のない壁と靴箱に隙間が出来て埃がたまるのも気になるし、、、」と靴箱の高さを決めあぐね、既製品では丁度良い物がなかなか見つからなくて困っているとご相談頂きました。
「出窓の木枠と高さを合わせた方がスッキリと綺麗に見えるので、天板に欠き込みを入れて高さを合わせましょう」とご提案。
下駄箱
後日ご自宅にお伺いする日程を決め、玄関の出窓部分を確認。
出窓の木枠から玄関扉までの壁、また三和土の上にある玄関収納までの距離、巾木や出窓の木枠の張り出し具合を採寸していきます。また、家具が一帯となるように既にある玄関収納や出窓の木枠の色味に合わせて化粧板サンプルも持参しました。近い色味と木目を探し、「オーク柾目ウォームブラウン」に決定。
下駄箱
ブーツや長靴が入るよう棚板は可動式にし扉は内寸を広く確保する為、引き違い戸ではなく観音開きにしました。
出窓の木枠だけではなく、巾木も書き込みをして壁にピッタリ寄せています。
ぴったりと収まった家具を見て喜んで下さいました!これからの時期、靴の出入りが多くなると思いますのでフル回転で使っていただけると幸いです!

【特注下駄箱_W800×D350×H1145】

吊り棚
以前お届けしたTVボードに横幅を合わせた吊り棚が欲しいとU様。
しかし、TVボードの横に吐き出し窓があり、TVボードと同じ横幅1800mmで作成すると腰高の窓にかかってしまうのが懸念材料でした。
吊り棚の高さを小さくすれば窓に掛かることはありませんが、それでは内寸が小さくなり収納が満足に出来なくなってしまう、と製作自体を断念しようかどうしようか迷っているとのこと。
以前お届けした時のご自宅の写真と、U様自身が撮影してくれた現在のお部屋の写真を見ながら高さは最低でもどれ位欲しいのか、横幅1800mmで製作した場合、どの程度窓を塞いでしまうのかを出力した写真に書き込みを行いながらイメージしていきます。
吊り棚
天井に付けてしまうと右手側にエアコンがあるので吊り棚とエアコンがぶつかってしまい、エアコンより下部に吊り棚を設置すると窓にかかってしまう、こちらもU様の懸念事項でした。
お話を重ね、TVボードも窓に掛かっているのでエアコンとぶつかって使いにくくなるよりはTVボードと合わせてスッキリ見せる方がいいですね、とエアコンより下に吊り棚を設置する案で詳細を詰めていきます。
当初石目調をご希望されていた旦那様ですが、スッキリ見えるようTVボードと同じウォールナットで製作。
採寸にお伺いさせて頂き、丁度棚を入れる位置にエアコンの電源がある事が分かり、欠き込みを追加しました。
吊り棚が落ちないよう窓枠の欠き込みもしっかりと入れ、壁にピッタリと設置出来るよう設計しました。
吊り棚
飾り棚として使用したいので照明を入れたい、と旦那様。
お話を進める内に照明は、3つに分割した内の中央だけにし、両サイドを扉付きの収納に。また中央の棚はガラス扉にし背板を抜いて壁紙を見せることで抜け感を出し、TVボードと合わせて見た時にスッキリと見せるようにしました。
また棚の上部と下部にもテープライトを内蔵し、壁紙を照らすことで部屋の陰りを減らしました。窓を少し隠してしまいますが、部屋が暗くなることはありません。
吊り棚
以前お届けしたTVボードも綺麗にご愛用頂いて有難う御座います。今回お届けした飾り棚もぜひぜひ長くご愛用頂ければ幸いです!

【特注吊り棚_W1800×D350×H348】

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2020.04.23

限られたスペースに最大限の収納力を。

リフォームをし、これを機に家具も新調したいとご来店頂いたOさま。キッチン横に置くダイニングボードとTVボードをメインとした多機能壁面収納をお探しでした。まずはご要望をヒアリング。置きたいもの収納したいものは明確に決まっていたので、お部屋の大きさと合わせながらプランを作成。

ダイニングボードにはレンジ、トースター、コーヒーメーカー/ミル、精米機などなど、他に食器や卓上コンロなど限られたスペースに置き使い勝手良く配置する事に苦労しました。1cmでも収納力を多くするため天板の高さを出窓枠に合わせその部分を欠き込んでいます。

中段はスライドトレーにしケトル、コーヒーメーカーなど使用時に前に引き出せるように。壁にあったコンセントを家具背板に移設し、各家電の電源をとります。

下段右下の扉内部は精米機を入れる為、同様にスライドトレー仕様に。精米機のサイズが大きかった為、この部分のみ背板を開口し内寸法を確保しています。

下段引出しには大皿やお鍋など、中段薄い引出しはカトラリー、左側ガラス扉にはワイングラスなど飾れる食器類を収納します。


次はTVボードをメインとした多機能壁面収納です。こちらの収納はテレビ、デッキ類、モデム/ルーター、プリンター、FAX電話、お仏壇を置きたい、冷蔵庫の上を有効に使いたい、壁から間接照明がすでにあるのでTVボード上に設置してほしいなどのご要望を頂きました。それぞれの置く位置、使い勝手を考えながら設計をしていきましたがなかなか苦戦しました。。。


通常ドア枠内で家具をおさめますが、1cmでも収納力を確保してほしいとのご依頼からTVボードの右側はドア枠に合わせ欠き込みした仕様になっております。
既存の間接照明部分は1cmほど欠き込みし設置。上部にデッキ類、下(引出し)にはCD/DVD、雑多なものを収納します。

TVボード左側はプリンター収納。地板を無くし台車を入れています。

冷蔵庫上は吊り棚にし壁に固定、奥行きが大きい為、キッチン側から使える棚と正面から使う棚に。写真では見えませんがコンセントがこの棚の地板に掛かって来る為開口しています。通常電化製品は家具よりも早く変わることが多いのである程度クリアランスを儲けますが、今回収納力重視だったので冷蔵庫周りも説明書の基準ギリギリまで攻めて設計しています。納品時は緊張感ありました。
下部パース図見ていただけると構造がわかります!

なんどもお客様とお打合せを重ね完成した収納家具、お客様にもとてもご満足いただけました。ありがとうございました。

2020.04.05

ナイスビューなご自宅のトータルコーディネイト

3rdのお客様よりご紹介頂いたFさま。
マンションにお引越しで家具のお買い替え、全体のレイアウトのご相談でご来店いただきました。

まずお届けしたメインの家具がこちらです。幅約6mのTVボード 兼 収納棚 兼 飾り棚。今回お客様とお話していて趣味と趣向が近かったので個人的にやりたかった仕様でご提案させていただきました。余分な線をなくす事、木だけではなく違う素材を使う事。そこにお客様のご要望を踏まえデザインしています。アクセントクロスやエコカラット、照明などをご要望でしたので色や素材感を考慮し空間全体でご提案しています。
余分な線をなくす為、扉はアウトセット、天板と扉を留(45°)で収める仕様に。天板の厚みが見えないのでとてもすっきりとした印象になります。製作はなかなか大変ですが。。。素材に関してはウォールナットと黒のメラミン化粧板を使用。扉の面材はウォールナットの挽板(3mmのウォールナット材)をはり正面材がメラミンです。この事により扉一枚一枚しまった印象になります。押して開けるプッシュオープンの仕様+小さいお子様がいらっしゃるので傷や指紋がつきにくいマットなメラミン材と使っています。天板の上奥には間接照明でテープLEDを入れ右上の飾り棚部分にはダウンライトを。夜に照明をつけるととても良い雰囲気になります。アクセントクロス、エコカラットに関しては色味を入れすぎると飽きる事とお子様の作品や写真を飾るとの事でしたのでグレートーンで統一。

ご提案資料がこちら!テーブル、ソファは今後のプランです。

作業風景。工場長はいつも綺麗に家具を設置してくれるので安心です。今回タイルやクロス工事もありましたのでいつもお世話になっている大工の佐藤さんにも来ていただきました。真剣な眼差しで工場長を見守ります。家具職人と大工さん、お互い家具の事や施工の事を情報交換しとても良い関係です!夕暮れの日差しがとても良い感じでした。
天板と扉の収まりとても美しいです。

実はF様邸の納品は2019年の3月にお届けしておりまして、この本棚は先日追加でご注文頂いたものです。お子様が小学校に上がる為ランドセルなど置きたいというご要望でした。背面のエコカラットを隠さないよう背板を無くしTVボードとデザインの関連性を出す為、四方を留で接合し面取りをしています。また下がり天井に照明がなく夜暗くて子供の視力が低下しているとのお悩みをお受けしテープLEDの照明を天井に設置しました。電気工事をするとクロス工事なども絡みいい金額になってしまうので既存のコンセント(本棚の裏)から電源をとり左壁奥に配線を回しております。スイッチは本棚右側面に静電容量式調光スイッチを埋め込んでいるのですが、このスイッチは手をかざすとON/OFFでき調光もできちゃいます。家具に付けているLEDより明るいものを使用し部屋全体が明るくなりました。因みに写真左側の上から下までのガラス窓は海とみなとみらいが見渡せる絶景です!

家具搬入前の壁(アクセントクロスとエコカラット)です。左上がリビングのビフォー、下がアフター。右上がお手洗いビフォー、下がアフターです。

お子様部屋のアクセントクロス。ナイスブルーですね。右は納戸の棚板を設置です。マンションの納戸は大体棚がないので、棚板を設置するだけで使い勝手が格段によくなります。

廊下にピクチャーレールの設置(写真左)、シューズクロークにブラインドフックの設置、帽子掛たりコート掛けたり便利です!(写真右)

次にmetaphysさんのsafroという商品も取付しました。ハイパーミニマルデザインなホワイトボードです!ペンやイレイサーを横に入れるのでとてもすっきりデザイン。わたくしも自宅で使っていますがとても良いです。マグネットもつくしサイズも2種類ございます!小さいお子様がいる方は学校のプリント貼ったり伝言書いたり色々と便利です。

そして最後に玄関の姿見です。こちらはほぼお客様からのご要望を元に設計しております。幅80cm,高さ215cmの迫力ある鏡です。仕切りの部材が細い為、職人のaka平くんはなかなか苦戦しておりました。搬入の際、慎重に運び無事壁に取り付いた時はほっとしました。

想像通り、いや以上に素敵な空間ができました!プランニングから施工まで楽しくお仕事させていただきお客様、職人の皆様に感謝です。
F様ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

【TV Board+sideboard_W5858×D450×H2590】
【book board_W840×D325×H1360】
【mirror_W800×D40×H2150】
【照明、クロス工事、タイル工事、etc】

2020.02.06

リフォームで暮らしを新しくする -リビング編-

diningtable diningroom livingroom sofa total

前回ご紹介したT様邸、今回はリビングルームをご紹介します♪(※前回ブログはこちら)

下の写真がリビング大改造前のお部屋の様子です!テレビの上部にある天袋収納は以前3rdでお届けした家具!(※当時のお届けブログはこちら)リフォームに伴い既存の家具も一新することになりました。

「リビングにあるものを、綺麗に収納できるようにしたいです。」とご相談を頂いていたので「わかりました!考えてみましょう!」と、収納したいものやリビングでの理想の暮らしなどお伺いしていきます。

大きく変わった所は、扉。元々は開き扉がついていました。「普段開け放している事が多いんですけど、扉の後ろの物が取りづらくて、家具の使い勝手も悪いんですよね・・・。」ということで「それであれば扉の付け方を変えて、引き戸にしましょう!扉の開き幅が無くなり、引き戸溜まりまで家具を置くスペースを作れるのでお部屋の収納力がぐっと上がりますよ!」とご提案をさせて頂きました。

元々使用していた開き扉を外し、上のみにレールを入れて扉を取付けます。下はフラットなので小さいお子様が来たときも躓く心配が無く、お掃除をするときも楽々です。扉は上のガラスがポイントで、東戸塚店の扉のデザインを元にお作りしています。

扉の開き幅が無くなり、お部屋の有効スペースが増えたのでテレビボード兼収納はこちらの引き戸だまりから窓側のコンセントタップまでの横幅でお作りしています。左側には掃出し窓があるのでそちらからバルコニーへ出入りするときの動線も考慮しています。

テレビの下には、入れるものに合わせた収納スペースがずらり。
向かって右から2つ分は底の深い引出しを2杯入れ新聞を収納するスペースになりました。新聞を取り出し易くする為、引出は先板まで引き出せる仕様にしています^^

引出しの隣のスペースにはプリンターや紙、インクのストックなどを入れる場所に。プリンターを使うときは手前に引き出し給紙やインク交換や給紙がし易くなるように中にスライドトレーが入っています。

プリンターの隣はデッキを入れるので、リモコンが届く様ガラス扉にしました。
下の写真の黒い扉にはサランネットを使用。中にスピーカーを入れるので扉で音を塞がないようにしています。サランネット扉の左側は、扉二つ分と一つ分に中の広さを分け、大小様々なものを入れられるようにしました。

見た目は同じ仕様の扉に見えますが開けると引出しだったり棚だったり、中の広さが違ったり・・・。収納スペース一つ一つの機能を変えて作れるところも、オーダー家具の魅力のひとつです。
そしてなにより、物の定位置が決まってくるとお部屋の整理整頓もぐっと楽になってきますよ♪

天井まで高さのある収納部分は元々あった飾り棚兼食器棚のような使い方が出来るように見せる収納と隠す収納スペースに分けてデザイン。
天袋、ガラス扉、腰高収納、それぞれ一区画ずつ扉が開くので必要な所だけ開き中の物を出し入れできるようになっています。

天井にカーテンボックスの枠がありましたが、凸凹に合わせて家具に欠き込みを入れることで隙間無く天井までぴったりに収めることが出来ました!

窓側の壁にあるコンセントタップから電源を取り、家具の後ろで配線を通して家具の足元、テレビボードの天板やデッキ収納スペース、スピーカー収納スペース内部にタップを移設をしています。もちろん壁のコンセントもそのまま使えるので掃除機や冷暖暖房機などの電源もここから取れますね♪

カーテンをブラインドに付け替え、窓周りがとてもスッキリしました。こちらは天井についているカーテンボックスの中から下がってきます。ブラインドは上にレース生地が付いているので外からの視線を防ぎながら光を取り入れられるもの。操作コードが無く、ブラインドにハンドルが直付けされているので上げ下げの操作が直感的でとっても簡単です。ダイニングテーブル横の小窓と同じタイプのブラインドをお届けしています♪

掃出し窓は出入りのし易さを重視しバーチカルブラインドでお届け!こちらは窓枠内に取り付ける事でカーテンの出幅が無くなりスッキリとしました。左側に付いている紐で開閉の操作をします。色はT様のお好きなグリーンで統一し、落ち着いた空間ができました♪

テレビボードの向かい側には、テレビを見たり音楽を聴きながら寛げるよう、収納とソファをお届けしました。元々のお部屋がこちら。

お届け後がこちらです。殆ど収納が無かったスペースに大容量の壁面収納を置くことで、お部屋の収納力が格段に上がりました♪ 収納の奥行きは、ソファと収納の間にデッドスペースが生まれないよう、壁の凸凹に合わせた幅で設計しています。

中央のスペースは、扉をつけるとソファに人が座っているとき開閉出来なくなってしまうので、オープンに。物の出し入れがし易く圧迫感も軽減する事が出来ました。このスペースは飾り棚として季節に合わせた小物を飾っておくのも楽しいですね^^ 側板にコンセントタップを移設しているのでこちらで充電しながらソファで携帯電話やタブレットなどを使う事もできます

ソファで隠れる収納スペースには、使用頻度の少ない物を入れておきます。天袋収納は観音開きですが、下の収納は引き戸にすることで扉の開き幅が無くなりソファを大きく動かさなくても中の物の出し入れが出来るようになっています。

ゆったり寛ぐ為にお選び頂いたのは”Sofa LATTICE”。座面にレスピールという宇宙服の中材にも使われている特殊なウレタンを使用。体温で柔らかくなり、座っていない時は元の形に戻ってくれる座面なのでお手入れの手間が殆どありません。

sofa lattice walnut ordermade

背クッションは”シリコンポラック”というアレルギーフリーのポリエステル綿を使用しており、ご自宅で水洗いも出来る素材を使用。 T様にはウォールナットと相性の良い紫色の”アクアクリーン”をお選び頂きました。こちらは、色々な汚れが水で落ちる特殊なコーティングを施した生地なので小さいお子様が来たときも安心です^^
替えカバー式なので季節に合わせてカバーを変えるのもいいですね♪

サイズは、壁の幅にぴったりに合わせたサイズでお届け!
木枠が細く、内寸がたっぷり取れるのでゆったりと過ごせます。一緒にお届けしたOTTOMANは、普段は脚を伸ばして座り、人が集まったときはソファから離しスツールとして座れるのも良いところ。

お部屋全体を見るとこんな感じに♪

livingroom diningroom sofa table chair walnut order blind reform

diningtable diningroom livingroom sofa total

ご提案時の資料がこちら。3rdの家具はご注文頂いてからの受注生産のため、製作の前に図面とイラストを見て完成イメージを持っていただいています。比べてみて、いかがでしょうか。

T様邸のご紹介はまだまだ続きます♪次回は水回りのリフォームをご紹介!お楽しみに^^

【特注TV board_W380×D450/400×H600/2413】
【door_W860×D32×H2035】
【blind_W1440×H1100 / W1605×H2015】
【特注book board_W1045×D290×H2413】
【Sofa LATTICE_W1780×D800×H820】
【Sofa LATTICE OT_W675×D500×H420】

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。