オーダー家具の3rd -your life style shop-
2021.04.16

エコカラット装飾でホテルライクな佇まいに

約3年前にトータルで家具を作らせていただき、いつもお世話になっているお客様です。→以前のお届け
その後もたびたび追加のご依頼をいただいて、今回は壁面TV収納の上部にエコカラットの施工、子供部屋に収納棚設置、寝室にフレーム付きエコカラットの施工を承りました。
まずリビング壁面TV収納上部と窓周りのエコカラット施工。

サンプルを何種か取り寄せ、落ち着いた雰囲気の『グラナスルドラのグレー』に決定しました。エコカラット最大の特徴は、室内の湿度を上手くコントロールしつつ優れた消臭効果も発揮。機能性だけではなく、種類・大きさ、色柄が豊富な大変美しいタイルです。

既存のクロスを剥がし、タッカー留め、接着剤塗布、タイルを丁寧に貼ってゆきます。壁面TV収納のウォールナットと、タイルのグレーのバランスが絶妙で、引き締まった印象に。
窓周りは窓横の吸気口の汚れを隠したいとのご要望にもしっかりお応えする事が出来ました。

トイレは『カームウッド』を施工させていただきました。優しい質感とグレーベージュ色が明るい印象で素敵なトイレ空間に。エコカラットの特徴から、トイレや水回りは機能を特に実感頂ける場所かと思います。

後日、工房にて製作した寝室につけるフレーム付きエコカラットと子供部屋収納棚のお届け。

まず取り付け位置、芯の位置を確認しパネル吊り金具の取り付け。
今回フレームをなるべく薄くしたいとのご希望から、LAMPのパネル吊り金具AUHを使用。アルミで薄くできているのでパネル自体の厚みも抑える事ができます。パネルの外寸はw.2000×h.680×厚28mm。
その分、壁の歪みも拾ってしまうので心配でしたが、問題なく綺麗に取り付ける事がきました。

ホテルのような雰囲気になり、お客様にも大変喜んでいただきました。畳とエコカラットのカラーバランスも綺麗に整いました。

最後にご紹介するのが、子供部屋の収納棚。娘様が中学になり収納が足りなくなったとの事でご依頼。素材は以前製作させて頂いた家具に合わせオーク材。

ご主人のアイデアを基に、通学バックや学用品を充分に収納出来るよう設計させていただきました。部屋の入り口側は角アールにし動線を取りやすくしました。右側は家具開口ではなく天板を伸ばしプラグが抜き差しできるようスペースを確保。大きく3区画にわけ引戸を2枚にし奥行き有効寸法も確保。内寸高さをできるだけ取りたいとのご要望があった為、強度を踏まえ通常より棚板や地板を薄く製作させていただきました。
M様、この度も誠にありがとうございました!

エコカラットパネル:w.1998 d.28 h.672
サイドボード:w.1800 d.350 h.500

2020.12.04

シンプルに使いやすい作業スペース

久々の投稿になってしましました。。。在宅ワークや自宅にいる時間が増えてきた為、ご自宅をもっと快適に過ごしたいとご相談いただく機会が増えてきました。なかなかブログが更新できず申し訳ございません!

以前キッチンボードやTVボードを作らせていただいたKさまより新たなご依頼をいただきました。以前のお届けです→K邸TVボードお届け
今回は趣味やお仕事をするためのワークスペースのご相談です。お裁縫やパソコン仕事などマルチに使える作業スペースと本棚を合わせた収納を製作いたしました。素材はいつも通りのメープル材。お客様と打ち合わせしながらデザインを作りました。

構造は左側本棚の中段固定棚と左側収納に天板を渡し一体化する仕様です。右下壁に吸気口がある為、約15cmほど避けて棚を置いています。左壁から電源をとり天板にコンセント設置、ミシンやPCの電源として使います。配線は家具、壁のコーナーにモールを使い隠しています。

天板は現場にてカットし長さを合わせました。床、壁のレベルがよかったのでほぼ調整なしで綺麗におさまりました!

右側の引き出しの内寸を入れたいものに合わせ左側を小さい引き出しに。この様な調整はオーダー家具ならでは!
イメージ通りに仕上がりお客様にも喜んでいただきました。こうやって追加でご注文頂けることはとても嬉しく思います。Kさまありがとうございました!


【DESK+BOOKBOARD_W2027×D595×H1960/725】

2020.10.26

限られたスペースを有効的に

以前ご主人のお部屋に家具を作らせて頂いたKさま。今回は奥様のお部屋の改造計画です。収納をまとめること、ベッドの向きを変え部屋のスペースを有効に使う事、テレビを設置し横になりながら見れる事が今回の計画です。

まずはベッドの配置方向です。今まで縦に置きうまく収納スペースが取れなかった為、横向きに配置します。この際、規定のベッド寸法では壁の寸法が足らず入らない為、長さ1760mmのベッドフレームを作成しました。
テレビは壁掛け仕様ですが壁に直接ですと壁下地やクロス工事、電気工事も入ってしまう為、パネルを作りテレビを掛ける仕様にしました。この事により配線も隠せ自由な位置にテレビを設置できます。デザイン面では梁やベッドの位置関係により縦のラインはずれてくるので、横のラインをパネルと収納扉で合わせ美しく見えるよう調整しています。また、それぞれの奥行き感が変わるので、木目の方向をパネルと上部オープンの吊り戸棚は横に、収納棚扉は縦にする事で奥行き感が強調され圧迫感が軽減しアクセントにもなります。

今回難しかった点が、お部屋の梁です。奥行き方向と右側に梁がありパネルを壁に取り付ける為、ある程度の壁の不陸を奥行き方向、幅方向共に考慮し設計しなければいけません。少なすぎると家具の各パーツがずれますし、大きすぎると隙間が大きくでてしまう。。一箇所でも合わないと全てがうまく収まらないという。。。
採寸は慎重に、細かく寸法をとりました。お陰様で大きなズレはなくうまく収まりました。

↓1点、パネル右上のみ右収納棚と高さが合わず、その場にて欠き込み調整しています。

テレビパネルの裏側です。配線ルートをとり、最後コードが垂れないよう下端凹みにワイヤーマネージャー(配線を通すもの)を取り付けています。

ハードディスクレコーダー収納棚は連結しないで、動かせるようにしています。初案ではパネルに棚板をつけレコーダーを置く予定でしたが収納力、置台を考慮し別パーツとして棚を作ることになりました。
新しい家具が入ることにより、以前よりも広く感じ、くつろげる空間となりました。

【Wall storage_W2700×D450×H2415】
【bed_W1000×D1760×H360】

2020.10.10

オーダー家具だからできる機能の追加

11年程前にAVボードをお届けしているT様。(当初のお届けは↑の状態)
実は少しづつ機能を追加されています。
1回目の追加はオープンシェルフ(青の点線)のような棚を追加。
2回目の今回は赤の点線にデスクの追加をお考えとのことでご来店頂きました。
ご相談いただいた時期的にも在宅ワークまたこれからお子様が大きくなった際のリビング学習にとライフスタイルの変化を踏まえてご検討されているご様子。
デスク部の仕様は右下部に引き出しとプリンター収納。
その下のスペースはルンバ収納にし大きな物は隠せるようになっています。
デスク上部は可動棚と扉付き収納。
扉付き収納の地板にはピクチャーレールが仕込んであり照明を吊るせるような仕様に。
こちらは今はご紹介できませんが、またの機会がありましたらブログにてご紹介させていただきます!!
お届け当初と比べるとAVボードが大きな壁面収納に変わりました!
今回はライフスタイルの変化によって少しづつ機能を追加していくお届け事例でした。
最後までご覧いただきありがとうございました!!

【Wall storage_W3720×D540×H2085】

2020.06.26

家具と空間のバランス

お引越し後しばらく時間がたち家具のご相談を頂いたMさま。前の家でお使いだった家具を置いてとりあえず使っているのでリビングダイニングをすっきりさせたいとのご相談いただきました。メインは収納家具でご提案したのは、幅5m84cmの大型ローボード。合わせてダイニングセットもご提案しました。

ご提案スケッチです。LDの家具配置と壁(窓)のバランスを考慮し全体をデザインしました。

大型の家具なので5パーツにわけ製作しご自宅で組み上げていきます。手前に見えるのがサイドボードの下面で家具の水平垂直を保つアジャスターです。3rdでは基本的には置き家具の仕様なのでこのアジャスターを調整しお部屋に設置していきます。

窓センターに合わせて2.5mのTVボード、右棚上部はお仏壇収納。窓下(カーテン)、腰高に合わせサイドボード。家具で埋まってしまうコンセントは両サイド台輪にコンセントを付け電源が取れるようにしています。サイドボードは腰高に浅い引出しを入れ収納物を限定しない仕様のデザインに。TVボード、AV機器が入る部分は赤外線を考慮しガラス扉に。今後はHDDでの録画やNetfrixなどのサブスクリクションが一般的になり恐らくデッキ類もなくなっていくと思います。その際は板扉に付け替えて収納にする事も考えて設計しています。

お仏壇収納スペースにはLEDのダウンライトを入れ、ガラス扉下にはスライド式の膳引きを供え付けています。

元のお部屋のコンセント部分の背板に開口し家具につけるコンセントの配線ルートを取っています。サイドボード天板のコンセントは電話用です。

ダイニングテーブルはなるべくなシンプルなデザインが良いとのことで定番のブリステーブルを170cm x 85cmでお作りしました。ダイニングチェアは後日お届けだった為、写真は無いですが軽く、ゆったり座れるpepe chairをお選び頂きました。

壁〜壁の低い収納家具は圧迫感なくとてもすっきりしたお部屋の印象になり、適切なサイズで家具をレイアウトすると何も無い空間よりも広く感じる事があります。マンションの内覧会などで”お客様が思ったより狭い。。。”と仰る事がありますが家具をお届けすると”なんか広くなった気がする!”とい言う事が多々あります。空間とお客様にあった家具をご提案できるのはフルオーダーだからこそです。

【Low board_W5840×D500/400×H850/500/1450】
【bliss table_W1700xD850xH700】
【pepe chair_W535×D550×H770】

line_03

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。