オーダー家具の3rd -your life style shop-
2011.07.01

A邸 ブックシェルフ、スツール、椅子補修お届け

横浜市戸塚区A様邸へブックシェルフ、ORI stool、椅子の補修をお届けしました。以前にリビングダイニングの家具を納めさせていただいているA様より、再びのお問い合わせで、大きな画集なども収納出来る電話台をご依頼いただきました。
早速資料を作ってお伺いすると、今お使いの椅子も補修したいとの事。
後日生地を持ってお伺いし、座面の張り地も決定!再びA様のお部屋作りをお手伝いすることとなりました。

シェルフは角に置けるようなものにする為、2つあって初めて成り立つ、可動タイプのお店にあるブックシェルフを1段低めにしてご提案。サイズは電話を乗せるにはちょうど良い高さに設定し、左右反転させることも出来ますが、今回は向かって左側が低くなるようにL字で設置しました。
一番下は、画集などのサイズの大きい本がピッタリ納まるように、他の段に比べて少し大きな区画を取っています。通常は2本の柱立ての脚なのですが、大小の本を立てて納めても落ちないよう、格子状に真ん中に1本柱を入れました。ORI stoolはPC用のデスクの所に納まり、リビングの家具がほとんどウォールナットになり、お部屋の統一感がグッとアップしました。貼り替えた椅子は、多色使いの割とカラフルな張地だったのですが、十分役目を果たしたウレタンと共に交換し、今回は落ち着いた赤色にリニューアル。お手持ちのキリムのラグが赤系の色だったので、その雰囲気に合せて少し織りのあるスッキリとした生地が、椅子にもピッタリとはまり、高級感が出ました。もちろん座り心地も申し分なく、リビングダイニングのリニューアルが完成です。いつもお伺いするといろんなお話をさせていただくのですが、どんどんお部屋が変わっていくのを楽しんでいらっしゃるようで、小物にも気を配られているのが印象的でした。
そして、変わっていくお部屋に最初から立ち会うことが出来て私たちもとても楽しかったです♪また何かありましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください。
A様ありがとうございました!!またのご来店心よりお待ちしております。

2011.05.24

F邸 ダイニングテーブル、チェア、シェルフお届け

鎌倉市F様邸へbliss table、AD chair、chair205、SA-002ブックシェルフをお届けしました。実は1年ほど前に1度ご来店下さっていたF様は、お店にあったbliss tableが気になっていたとのこと。それからしばらくはあまり家具の事を考えることが無かったようなのですが、お店でイベントがあるとお送りするDMが手元に届いたことによって3rdの記憶が再び蘇り、今回お越しいただいたとのことだったのです。

久しぶりの再会を果たしたbliss tableは、迷うことなく決定!
それに合せる椅子も色々と悩まれた中から、AD chairと205 chairをそれぞれ2脚ずつお作りすることになりました。このbliss table、サイズはW1500×D850でお作りしています。
天板厚が40㎜あるのですが、天板の裏にはしっかりと桟が入り、反りを矯正してくれているので、幕板のないスッキリとしたデザインを実現してくれて、安定感がある中にも軽さを感じるテーブルに仕上がっています。
写真には納めていませんが、座卓用の替え脚もお作りしたので、椅子の数以上のたくさんのお客様が集まる時にはいいですね。座った時に深くなりすぎない奥行き感と、腰を支えてくれる背もたれから、流れるように少しだけ前に突き出したアームが程良く身体を包んでくれるAD chairは、職人の優しさと力強さを感じる、心地よい椅子です。もう一方の205 chairは、座面も背もたれも張り座で、柔らかい当たりとコンパクトな大きさが、日本人の体形には程良くはまってくれます。
比較的細身のデザインなので、持ち上げた時にも軽く仕上がっており、お掃除をする奥様には嬉しいポイントかもしれません♪実はテーブルサイズを少し迷ってみえたこともあって、お作りする前に1度お部屋を見せていただくことになったのですが、お話の中でちらっとブックシェルフが気になっているということをお伺いしていたので、「せっかく展示でお店に置いてあることだし、実際にお部屋で見ていただこう!」と、勝手ながらお持ちしてお伺いしたのです。
そして実際にお部屋に置いてみると、想像以上にその場所にピッタリはまり、F様もご納得!そのままお部屋に置いていくことになったのでした。
まっすぐにも出来るし角にも置ける優れもので、しっかりA4ファイルも入るサイズになっていて、何かと便利な飾れる収納です。
テーブルお届けの際にはあまりに馴染みすぎていて、一瞬お届けしていたことに気が付かなかったくらい、すっかりF様の家具になっていました。F様再びのご来店ありがとうございました!こうしてお届け出来たことを、心より嬉しく思います。テーブルもシェルフ同様に、馴染みすぎるほどにF様の家具として、末長くお付き合いください。

2011.05.23

F邸 下駄箱お届け

横浜市戸塚区F様邸へ下駄箱をお届けしました。以前にキッチンボードをお届けしているF様より、「今使っている下駄箱に入りきらなくなった靴が納まるように、下駄箱を作れないですか?」とご連絡をいただき、早速お伺いすることになりました。
今お使いのものが背の低いボード+吊戸というタイプのものだったので、上まで全て収納にするタイプでご提案。玄関なので、なるべくスッキリとした明るいものにするデザインでご納得いただき、お作りすることになりました。まずは、下駄箱の解体作業からスタートです!
実はこの場所、上の方に配電盤が入っているのですが、今あるボードが埋め込みで取り付けられていた為、1度配電盤と壁すべてを取り外さなければなりませんでした。(これが結構大変でした!!)
そしてもちろん、新しく作ったものを取りつけた時も、そこが問題なく使えるようにしなければならないので、新しいボードはその部分を開口にして、設置出来るように製作。今まで下駄箱があった位置に本体がスッポリはまり、棚もしっかりと増えたので、収納力も格段にアップです。
靴って、ヒールもあればブーツもあるし、スニーカーもあるので、棚の高さが自由に変えられるのがいいですね。扉には取手を一切付けず、プッシュオープンになっているので出っ張りもなく、少し光沢のある白で製作したので、清潔感と高級感が出て、スッキリとキレイに納まりました。
今回、表面と中を少し違う素材にしているのですが、靴を置くことを考え、なるべくキズのつかないようなものを選んでいるのもポイントです。(見た目では全然わからないですがっ。)「白」と言っても、色も光沢も様々なので、使用用途や、作る物によっても実は全然違うんです。今回も、「下駄箱」という使用目的に合せて選んでいただき、もちろんピッタリと納まるカタチも含めて、まさにオーダーならではのお届けになりました。最後の隙間を埋めるフィラー作業も終わり、朝からスタートしたお届けが完成した頃には、外もちょっと薄暗くなっていました・・・。
解体作業もあったので、完成までに少し時間がかかってしまいましたが、ピッタリと納まった下駄箱に、F様もとても喜んでいただけて本当に良かったです!
お気に入りの靴もこれからは、しっかり納まってくれるのではないでしょうか。
F様ありがとうございました!
新しい玄関の顔となった収納を、スッキリ、しっかり活用していただければと思います♪

2011.05.09

S邸 カウンター収納お届け

今回も、柳田がブログを担当させていただきます。
横浜市戸塚区S様邸へカウンター横を利用した収納をお届けしました。今まで、多くの家具を納めさせて頂いており、つい先日もプリンター台をお届けして、4月18日のブログでもご紹介させて頂いているS邸に、キッチンのカウンター横にゴミ箱を入れた収納を納めさせて頂きました。

もともとはキッチンカウンターの収納をお作りしたいということで、3rdにご来店頂いていたのですが、なかなかそこに至ることなく今日まできてしまっていました。しかし、今回正面のカウンターの下部ではなくキッチン横のネコちゃんのトイレスペースを動かして、空いたスペースができたことがきっかけとなり、今回の収納をお作りすることになりました。
キッチン周辺は食器棚だけでなく、何かと収納って必要ですよね。
 
実はこの収納、私が手伝わせて頂いた図面初のお届けとなった家具なんです…!まず大きなポイントは、下にゴミ箱を収納する引き出しと古紙や牛乳パックを入れる引き出しを作りました。リサイクルのため古紙や牛乳パックを集めても、なかなかしまっておける場所ってないですよね。扉が付いているので外からは見えないですし、スライドレールが付いているので重いものが入っていても開け閉めが楽なんです。
オープンの部分にはもともと床に置いてあった奥様の料理の本などを入れるスペースを作り、上部には小物を入れられたら便利ということで引き出しにすることをご提案させて頂きました。
素材はキッチンカウンターにあわせて白にすることで、違和感なくお部屋にも馴染み、最初からある造り付けのような収納スペースになりました。お届け後に店長からどうだったのか話を聞くと、「ゴミ箱がちゃんと入らなくて…」と、まさかの報告にびっくり!ちゃんとクリアランスとったはずなのに…。
そこで、店長がどきどきしながら社長に報告すると、ゴミ箱部分がちょっと変形していたのか社長が上から強く押してみると、スポッと普通に納まったそうです。
そのゴミ箱の発注をしたのが私だったので本当にヒヤヒヤしましたが、ぴったり納まって本当に良かったです。S様のお宅にまた一つ、思い出を作らせて頂きました。
この収納がキッチンに増えたことで奥様のキッチンの使い勝手がより便利に、スッキリと物を収納できるスペースになっていくのではないかと思います。

S様いつもありがとうございます!!
また、私たちにお役立てできることがあればいつでもお申し付けください。
またのご来店心よりお待ちしております。

2011.04.30

K邸カウンター下収納お届け

横浜市港南区K様邸へカウンター下収納をお届けしました。以前からキッチンカウンターの下に収納スペースを作りたいとお考えだったK様。ご来店いただいた際にお伺いしたお話を元に資料をお作りして、後日お部屋を見せていただく為にお伺いすることになりました。

お持ちした資料にプラスで、実際に拝見させていただいた場所のイメージとサイズから、最終的にやりたいこと、出来ることを詰め込んで、製作させていただくことになりました。まずここは、なんといってもダイニングスペースなので、この収納の前にはダイニングテーブルが置かれます。そうなると、扉の開け閉めのクリアランスが出来るだけ無い方がいいということ、ボード自体の奥行きもあまり大きくない方がいいということで、真ん中は「1枚引戸」というデザインにしました。
どうしても2枚の引戸で考えると、扉もう1枚分奥行きの大きなボードを作らなければいけなくなってしまうので、少しでもボードの奥行きを小さく作りたいという時にはこういった方法も有効です。
片側どちらかにオープンのスペースが出来てしまいますが、少し飾ってあげられる場所にもなると思うと、ちょっと楽しいスペースになりますよね♪
以前よりも収納力はアップしているので、隠すこと以外の要素を入れてあげるのも、共有空間の遊び心です。向かって右側には、ご希望のパソコンスペースを作りました。
スライドトレーを入れているので、普段パソコンを使わない時にはでっぱることもなく、キーボードも収納出来ます。足元にはプリンターを乗せる用の台を作り、必要な時は取り出して使えるようにキャスターを付けました。
椅子はこの場所用に準備するのではなく、必要な時はダイニングの椅子を使うようにすることで、この場所を使わない時はスッキリです。

パソコンやプリンター、その他の電源も、カウンター上からと脚元の両方から取れるよう、天板にはコードを下に落とせる開口を作り、ボードで隠れてしまいそうな足元は開口にして、コンセント部分を生かしました。
最初から位置を確認させていただいているので、開口穴ももちろんピッタリです。素材は、建具の色に合せて赤みのあるチェリー材でお作りしました。
できたては穏やかなピンク色ですが、時と共に鮮やかに赤く色付いていく面白い樹種なので、色の変化の落ち着く4~5年後が楽しみですね♪

範囲の決まった場所に納める家具を製作する際には、長い空間になればなるほど、ちょっとした水平垂直の誤差が生まれやすくなる為、完全にピッタリにするのではなく1㎝ほどのクリアランスを取って家具は製作させていただきます。この設置した際にできる隙間を、フィラーという作業で埋めることによって、1㎜の隙間もなくピッタリに納まり、完成です!!本当に置き家具とは思えないピッタリさに、いつもの事ながら脱帽ですっ。前々からどうにかしたかった思いをたくさんお伺いして製作したカウンター下収納。結構充実したスペースになったのではないでしょうか?
K様ありがとうございました。新たに増えた収納部分を、思いっきり活用して下さい!

2011.02.11

I邸 ブックボード、チェスト、TVボードお届け

雑誌「天然生活」を見てご来店いただいた千葉県船橋市I様邸へブックボード、チェスト、TVボードをお届けしました。お話をお伺いすると、最初から欲しいアイテムや置く場所、イメージもなんとなく決まっていたご様子のI様。「わかりやすいように絵と図面を描いてお伺いします。」とお伝えすると、実は千葉県の船橋から来ていただいたとのこと。
「おぉ~結構遠方から・・・(汗)。」と思いましたが、そこはフットワークの軽い私たち。お越しいただいたのがお昼過ぎだったので、その日の夜にはお伺いするお約束をし、早速資料を作成。それを持っていざ船橋へ出発!!ディズニーランドを横目に到着し、早速図面や資料でご提案させていただくと、I様にもイメージを掴んでいただけ、ご納得。せっかく作るなら!と、無垢材仕様でお作りすることになりました。今回のブックボード、ちょっといつもと違います。それは、いつもの3rdの家具にはない取手を、お客様のご希望で取り付けました。黒い鉄のものをセレクトしたのですが、ウォールナットとの相性はバッチリで、いいアクセントになりました。
横はカマチで化粧をしたので、無垢仕様ならではの表情が生まれました。TVボードはオープンタイプでスッキリとシンプルに。無垢という素材の持つ質感と、曲線のない面と線の構成が、家具単体としても、壁全体の構成としても重すぎないように、ちょうどよいバランスにしてくれています。
もちろん背中は壁にピッタリなので、コードを通す用の開口をして、問題もありません。チェストは、ブックボードとは違い、取手ではなく手をかけられるような彫り込みにしています。引出しの木目がつながっているので、それが全面に出ていて、見た目にもキレイです。
見えない部分の細かいことですが、I様のご希望で全ての引出しにスライドレールを付けました。今までお使いだったものに全てスライドレールが付いていて、それが使いやすかったというご相談があり、最初は下2杯の大きい引出しのみに付ける予定だったのを、全てお付けすることにしました。
見た目ではなく機能的な部分なので、こういうことこそ実際にお使いになる方に合わせて細かい対応が出来るのって、結構大切で、結構ポイントなんじゃないかと改めて思いました。完成してお部屋に納まってみると、やっぱり無垢っていいですね~。何とも言えず素敵です!落ち着きますね。I様も、「いいものを作りすぎた。私たちにはもったいないなぁ。」という、こちらこそもったいない嬉しいお言葉をいただき、足取りも軽く横浜に戻ってきました♪きっと、これからもっともっと素敵になるのがわかるから、なんだか私の方がワクワクしてしまいます(笑)
今回は壁面収納のような連結した大きなものにせず、全てを分割してお作りしたので、壁をすべて3rdの家具にした雰囲気が、いつもとちょっと違いました。でも、それぞれご自宅に合わせた道具なので、どれがいいってことではく、いろんな壁の使い方があるから、本当にデザインって無限です。
I様ありがとうございました。何かあればいつでもお気軽にお問い合わせください。いつでも飛んでいきます♪

2011.01.10

N邸 カウンター下収納お届け

横浜市泉区N様邸へカウンター下収納をお届けしました。以前から、キッチンの横にあるカウンター下を生かしたいとお考えだったN様。
お引越しをされてから今までにも、何度か考えられたようなのですが、なかなか思ったようなものが見つからず、ここまで来たとのこと。
簡単なスケッチを描きながら色々お話をお伺いしていくうちにN様のイメージも固まっていき、改めてそのイメージを明確にするために絵と図面を書いて、ご自宅へ伺うことになりました。
実際に設置する場所を改めて見せていただき、描いたデザインにN様もご納得。
正確なサイズを測らせていただき、お作りすることになりました。今回こだわったのは、向かって右端のカクカクの扉です。今までご覧になっていたものは角ではなく丸で、オープンのデザインのものだったようなのですが、それがイメージに合わなかったようで、今回ご提案させていただいたデザインが一番のお気に入りポイントだったようです。扉の上の空いている部分には、お手持ちの写真立てが入るようにサイズを設定。なんとなく場所が決まっていなかったものの場所が決まって、とても喜んでいただきました。フラットな扉の方はA4ファイルや本など、収納したいものが決まっていたので、それが入るようにサイズを設定。

色は、かなり迷われていたのですが、最終的にチェリー色の明るい雰囲気がここには合うのではないかということで、この色に決定しました。お届け前から心待ちにしていて下さったN様も、お届けの際には、「まるで最初からここにあったみたいです!」とおっしゃっていただき、ちょうどクリスマスイヴだったお届けもお喜びいただけて、私たちにとっても嬉しいお届けになりました。
N様ありがとうございました!これからも末長くお使い下さい。

2010.12.12

T邸 シューズラック、その他収納、ソファお届け

横浜市戸塚区T様邸の下駄箱、トイレ収納、押し入れ用棚、納戸用棚、sofa shapeお届け。以前に3rdで家具をご購入されたお友達からの紹介でご来店いただいたT様。お引越しを機に家具を揃えたいと、まだお引越しになる前にお越しいただいたのが最初でした。
その後ご自宅も完成し、引越しをして住み始めるという時に再度お問い合わせいただき、ご自宅へ伺うことになりました。
早速お部屋を拝見し、サイズも測らせていただいて、ご希望のものをお作りすることになりました。

T様が一番作りたいと思っていたのが、玄関のシューズラック。
靴をたくさんお持ちだったので、それがすべて収納できるものを!というご希望で、玄関に確保されたスペースの中に可動棚をフルに作り、靴のおおよそのサイズを測ってめいっぱい入るようにしました。手の届かない上の方は開きの収納を付けて、収納力抜群です!!箱自体を床まで作らず浮かせて、下の空いたスペースにはブーツが入るようにデザインしました。その他にも、「ちょっとあったらいいな・・・。」という場所の、収納棚をいくつかお作りしています。
トイレ用の収納BOX。押し入れ用の棚。納戸用の可動する棚。そして、sofa shape。このsofa shapeは、おそらく今まであまり紹介していないソファかもしれません。やはり3rdにお越しいただく方は木の家具をお探しの方が多いからだと思うのですが、見た目でわかる無垢材の部分が脚しかないからでしょうか・・・。
でも実際は、見えない中身の構造は無垢材で組んでいます。それによって呼吸している無垢材が湿気を吸いやすいウレタンを守ってくれて、ウレタンも長持ちする構造になっているので、見えない部分でいい仕事してるソファなんですよ♪他のソファに比べるとお届けの回数も少ないのが残念なほどに座り心地のいいソファです。何を隠そう、実は私は、お店にあるソファの中でこのソファの座り心地が一番好きなんです。しっかりと身体を支えてくれる少し硬めの座面は、分割されていない1枚のシート状で幅も広く、スッキリとしたデザインでカッコいいんです!!と、私の感想を語ってしまいましたが(笑)、T様もこの座り心地を気に入っていただき、お届けとなりました。

早めに欲しい!という、今回が第一弾のお届けで、実は今テーブルと電話台、椅子を製作中です。
完成しましたらこちらもブログでご紹介させていただきますので、T様も皆様も楽しみにお待ち下さい♪

2010.07.20

W邸 BOX収納お届け

横浜市戸塚区W様邸へBOX収納をお届けしました。階段の下を利用した、BOXタイプの収納を製作して欲しいとのことでご来店いただいたW様。最初のご来店の際にお話させていただいた後日、実際にどういう感じにしたいという具体的なプランを、お部屋のサイズを測って、絵に描かれて再来店されたのでした。

ここまで考えてみえたW様のご要望のイメージを損なわないように、その形を作る為の構造的な部分を補って、製作する事になりました。形状は四角い箱なのですが、無垢材だと反りが起こる可能性があります。
サイズも小さい訳ではないので、ただ4面をつなげるだけではなく、反りを抑制するための部分が必ず必要になってきます。その部分が裏側に入っているのですが、表からは見えずとてもシンプルです。
実はシンプルな物ほど難しかったりするんです。何でもつければいいというわけではないので、その形を作る為の加工の技術やアイデアを、何より必要とするんです!

素材はタモとウォールナットで製作。
素材を2種類でお作りしているのですが、色が違っても同じものがここまで並ぶとスッキリして、色のバランスもキレイです。雑誌や雑貨などがピッタリ納まる大きさで、納めているものも、見せるもの、隠すものが上手く配置され、合計8個の箱が横並びにキレイに納まりました。
上に置く小物も余計な物を置かず、スッキリですね♪
W様のセンスの良さが伺えます!でも、それぞれの家に合わせたものって、本当にキレイだなぁと、お届けさせていただくと実感します。お部屋の大きさも違えば、床の色や壁の色、もともとお持ちの家具など、みんな違いますからね。
W様のご自宅にもピッタリと納まり、ご要望に沿ったお手伝いができて、私達も嬉しく思います。W様ありがとうございました!!

2010.07.12

T邸 AVボード、吊戸、sofa、リビングテーブル お届け

横浜市戸塚区T様邸へ、AVボード、吊戸、sofa rivera、オットマン、
モンキーポットリビングテーブルをお届けしました。
ご新築に合わせてソファとTVボードをお探しでご来店いただいたT様。
いろいろとお話をお伺いすると、TVボードは壁面収納のような壁全面を使ったボードだと圧迫感が気になるけど、
収納も欲しい。ということで、壁の白さを活かした、TVボードの上に吊戸棚をつけるデザインでご提案しました。

TVの上も、このように吊戸棚を作れば、空間としても活かせます。白い壁が抜けていてスッキリですね♪

置き場所も壁の真ん中に置くので、横もかまち組みにして、
前からだけでなく横からの見た目にもかっこよく仕上げました。

このTVボードの向かい側には、後姿のかっこよさと、座り心地をお気に入りいただいたこのriveraを。
LDの真ん中に置くので、後姿は気になりますよね。

お店の展示は本革張りの黒なのですが、T様には小さなお子様がいらっしゃったので、
メンテナンスのしやすいビニールレザーでお作りする事になりました。

色をどうしようか迷ってらっしゃったのですが、実際にお部屋に納まったのを見て、
「この色を選んでよかった。」と、ご満足いただきました。

今回は、ご自宅の施工段階からお話させていただけたので、吊戸棚の壁の裏に心材を入れてもらったり、
配線の場所をちょうどよい場所につけてもらったり、LDが二階だったので、搬入経路を確保していただいたり、という
細かい住宅メーカーさんとの打ち合わせをする事ができました。

家を建てるときに「家具も新しい物を。」と考えてお問合せいただく事も多いのですが、
なかなかお部屋のイメージも湧かないので「家が出来てからでも・・・。」と、先延ばしにされる方も多いです。

しかし、今回のように施工段階からお話を進めさせていただく事が出来ると、やり方の選択肢が増えたり、後から追加で工事をしなくてもよくなったりということがあります。

「まだ少し先だから・・・。」と思わず、まず一度ご相談下さい!ご提案の幅も広がると思いますよ♪

そして、やっぱりオーダー家具なので、少しお時間をいただく事もあります。
ご新築に合わせてということであれば、お早めにご相談いただければと思います。

2010.06.29

O邸 ブックボードお届け

横浜市港神奈川区O様邸へブックボードをお届けしました。
模様替えを機に新しく収納を増やそうとご来店いただいたO様。

早速ですが、ちょっと見ていただくと分かるかと思うのですが、結構いろんな引出しがついてるのがわかりますか?

全部開けてみるとこんな感じです!

並んで置かれたピアノの楽譜やランドセル、学校でもらってきたプリントなど、
主にお子様のものを収納する棚にしたいとのこと。
真ん中はオープンにして、見せる収納に。

天袋や下台はフラットな表情にして、様々な扉があるのにボード自体もスッキリです♪
木目も繋がっているので、キレイですよー。

ごちゃごちゃしたものは見えない部分に入れてしまえば、お部屋自体もスッキリします。

置く場所がピアノの横に決まっていたので、下台をピアノの奥行きに合わせ、
出っ張りもなく納まるように製作しました。

ボード単体ではなく、お部屋のバランスや並んで置く物に合わせて作ることが出来るのも、
オーダーだからこそですね。

右側のガラス扉の中には、実はDVDデッキが入るんです。
TV用のコンセントもこの部分にあるのですが・・・「TVはどこ?」と思った方!
私もそうなんですが、今は有線で無く無線でできちゃうんですね。なので、デッキ類とTVは別々。
TVはこのボードのちょうど反対側に置いているんです。

そしてボードの中を見ると、右側の壁からコードが出ているのが見えますか?
実はここにコンセントがあり、この部分に開口を作っているんです。
コードが中で上手く配線できるようにクリアランスをとっているから、コードが外に出ず、
壁にピタッと付ける事ができるんです!
考えられてます!!

今回のお届けは、デッキとTVが離れたところにあり、今までにはない新しい収納になりました。

このように、時代のニーズに合わせて、収納の形もどんどん変わっていくんですね。
またここからTVボードも新しい形が生まれていくかもしれません。

今回も、オーダー家具ならではの部分がいっぱい詰まったお届けになりました。
本当に来ていただく皆様には色々勉強させてもらっています。
こういったご相談があれば、是非是非お問い合わせ下さい!

O様、ありがとうございました!

2010.05.27

O邸 シェルフ、AVボードお届け

横浜市戸塚区O様のお宅へ、AVボード、オープンシェルフSA-002をお届けしました。

O様は3rdオープン当初のお客様で、再度買い足しにいらっしゃいました。

以前はウォールナットでダイニングセット、サイドボード、ソファをお届けしており、
今回はテレビの買い替えを機に、テレビまわりをスッキリさせたいとのことでした。

壁面の白さを生かしたいとの事だったので、天井までの壁面収納にしてしまうのではなく、
TVを乗せる台の部分とオープンシェルフでご提案。

TVボードは正面のデッキを入れる部分をオープンにして、下の引出しは凹凸のない
木目を生かしたデザインにしました。

お部屋を見せていただいた時は、TV周りの配線がうしろでたまっている状態でした。
TVの周辺はコードも多く、ボードのうしろをみると配線やほこりがたまっていたりするのに掃除もしにくくて、
コードがあるから家具をうしろにピッタリつけることが出来なかったりしませんか?

でも、そういった配線類のごちゃごちゃは家具の中に納めてしまえば、こんなにスッキリするんです。

シェルフは2つ組み合わせの飾り棚です。
L字にも、ストレートにもできるので、小物の飾りつけや、時には棚の置き方も変えたりして
楽しんでいただければと思います。

以前よりも家具自体の大きさは大きくなっているのですが、隠すところ、見せるところが分かり易くなり、
素材の統一感が出たことで、スッキリしました。

これからも少しずつお気に入りの小物で、お部屋作りを楽しんでいただければと思います。