オーダー家具の3rd -your life style shop-
2021.07.02

新たな使い途をリメイクで

在宅勤務が増えたことを機に、お母様から譲り受け使われていたドレッサーをデスクとして使いたい、
その他諸々リメイクのご相談で来店くださったS様。

↓下の写真はリメイク前の様子

真ん中のドレッサーと右側部分のTV台として使われている机、これらがリメイクで変わった姿がその次の写真です。
この機会にと椅子座面の張替もご依頼頂きました。

リメイク後(↓)

ドレッサー上部の収納棚をなくし無垢材で新規天板を製作しました。
在宅勤務に欠かせないPCコンセントを新規設置したことで一気にドレッサーからデスクに様変わり!
「なるべく原型を残した状態でのリメイクを」とのご希望にも添えることができました。

お選び頂いた椅子の張り生地は、高耐久で汚れが簡単に落とせる人気のアクアクリーン カラブの赤。
アクアクリーンは水で汚れが落とせる優れもので、ペットのいるお宅や小さなお子様のいるご家庭では特にオススメの生地です。
S様のお部屋のように家具が同系統色で揃えられている場合は特に、赤は色が映えてお部屋のポイントになります。


(↑写真上段)
右のTVボードは空いた残りの空間にぴったりはまるよう新規で製作しました。天板は無垢材を使用。
右側のマルチコンセントから全ての電源を取り、アンテナなど含め家具内部に配線が回せるよう配線ルートを確保しています。
向かって左は開き扉の収納棚、右はデッキとプリンターの収納に。

(↑写真下段)
プリンターはスライドトレーを入れ、必要時手軽に出せるようにしました。

上(↑)の写真は、ドレッサーの上部収納棚と天板を利用して製作したリビングテーブル(座卓)。
脚は新規で製作しています。
工房に立ち寄った際、研磨の手伝いをすることがありましたが、違う箇所の板材を使って作るリビングテーブルの天板は製作がなかなか難しかったようです。

新しく生まれ変わった姿!
デスク、テレビボード天板は無垢材を使用。素材はオーク材を着色し格段に良い素材感になりました。
サイズ、素材感が統一されお部屋もスッキリして見えます。
大切な家具が別の形で息を吹き返し、その姿を見られたS様の笑顔はわたしたちの次のステップに繋がります。

これまでも、これからも物を大切に使われるS様の姿に、お母様もさぞお喜びのことでしょう。
S様、ありがとうございました!

古くなったから、使い途がなくなったから終わり・・・ではなく、良いものを永く大切に使い続けて頂く為に、
3rdはメンテナンス、リメイクもお客様の状況に応じたご提案をしていきたいと考えています。

「我が家にも元々の用途では使わなくなった、使えない、使いにくい、だけど思い入れの家具がある」と困っておられる方は一度当社にご相談に来られませんか?
新たな使い途が見つかるかもしれません。

2020.06.20

大切に長く使うためのメンテナンス

diningtable maintenance repair glay oak

昨年末に“KAKINOISU”についてお問い合わせいただいたM様。
お正月に家族が集まるので2脚、椅子が必要とのことでたまプラーザ店にご来店されました。「掃除しやすく、なるべく軽い椅子を探していて・・・。」とお悩みのご様子。

KAKINOISU”(手前右側の椅子)は、背フレームが大きく湾曲したフォルムが印象的で、背板は背中の面を合わせた削り込が長く座っていても疲れにくくフィットしてくれます。また、“PEPE chair”(手前左側の椅子)は、座面も広くゆったりとした座り心地で脚やアームが細いので重量が軽いのも嬉しいポイント。両方とも座り心地が良く、尚且つ動かしやすく掃除もしやすい椅子になります。実際に座って体感していただき、お気に入りいただきました。そして翌日、現品をお届けすることに。

diningtable maintenance repair glay oak

併せてダイニングテーブルのメンテナンスをご希望のM様。椅子の納品で伺った際に、お使いのテーブルを見させていただきました。塗装を剥がし表面をヤスリ掛けすると、木目が出ているこの雰囲気とは少し変わってくるかもしれないことをお伝えし、「それならば雰囲気を変えるのもいいですね!」とM様。そして、天板のメンテナンスと着色で仕上げるご提案をさせていただきました。

diningtable maintenance repair glay oak

奥様はグレー(オーブントースターの色)がお気に入りとおっしゃっていたので、色合わせでサンプル4種類作り選んでいただきました。木目を生かしつつ塗装をしています。

diningtable maintenance repair glay oak

diningtable maintenance repair glay oak

テーブル天板の色味を変えることによって、リビング空間の雰囲気もガラッと変わります!
家の中の「こうしてみたい!」と思うところがたくさんあると思いますが、悩んだときはいつでも相談しに来てくださいね!M様、この度はありがとうございました^^

KAKINOISU wood_W445×D500×H765×SH445】
PEPE chair_W535×D550×H770×SH435】
【Diningtable_repair】

line_02

diningtable chair repair

店内に展示してある無垢の板を見て、たまプラーザ店に立ち寄って下さったT様。
「長年使っているダイニングテーブル天板の表面に白いシミや傷、汚れがあり気になっているのでメンテナンスをするか、それとも買い替えした方が良いか悩んでいて・・・。併せてチェアの買い替えも少し考えているんです。」と伺いました。そして「実際にテーブルや椅子の状態を見させていただき、メンテナンス可能かどうか判断させていただくこともできますよ!」とお伝えし、後日、訪問することに。

diningtable chair repair

実際に見させていただき、今回はテーブルと椅子一緒にメンテナンスすることに!
無垢板のメンテナンスの場合、汚れている表面を丁寧に削る事でキレイな表面が出るのも無垢材ならでは!3rdでは、ウレタン塗装で表面に薄く膜を作り、水拭きができるよう丁寧に仕上げています。ウレタン塗装ですが、触れるとオイル塗装のような手触り。

diningtable chair repair

お使いの椅子4脚も、中身のウレタンもへたってボリュームがなくなってしまっていたので、ウレタン交換と好みの生地を選んでいただき張り替えすることに決まりました!

diningtable chair repair

メンテナンスすることによって、新品のように生まれ変わりました^^
無垢のテーブルならではですね!!お届けの際には、ご満足いただけてよかったです!
T様、この度はどうもありがとうございました。

【Diningtable_repair】
【Chair_座面張替え】

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2018.04.14

H邸 ウッドブラインド 椅子補修 お届け

ヨツバコ店へご来店くださったH様、当初は一枚板やキッチンボードなどにもご興味をいただいていましたが、展示してあったブラインドを見て「こういうのいいわよね、うちカーテンないのよ」とのこと。
現状外からの視線はないのでカーテンもブラインドも取り付けていないとのことですが、夏場は暑かったり少し困っている・・・。色々見て回って、これ良いなと思っても、採寸や取り付けはご自分でお願いしますというところばかりで嫌になっちゃって!とH様。
3rdでは採寸も取り付けも私たちでお伺いしますよ、とお伝えするととっても喜んでくださいました。また、ブラインドのイメージもお部屋に合わせて選んで欲しい!とご要望をいただきましたので、サンプルを持って採寸へお伺いしました。
ご自宅へお伺いするととても雰囲気のある素敵なお部屋!



床や他の家具に合わせてJBSの『DARK JAVA』という赤みの少ないカラーのウッドブラインドをおすすめさせていただきました。
ウエスタンレッドシダーと桐のどちらかをお選び頂けて、どちらも無垢材でできているのです高級感のある本物の質感です。
H様は桐でのお届け。


「この椅子もどうにかならないかしら・・・」
と見せていただいたのは、背が籐張りのチェアでした。とても思い入れのあるチェアとのことですが、籐自体も古くなり穴が空いてしまい、座面もシミだらけで・・・と少し落ち込んだご様子。


こちらも綺麗にしてスッキリさせましょう!と背と座面の張替えを行いました!
籐は木部に合わせて着色を施し、座面は光沢感のあるグリーンの生地に。


ブラウンとグリーンで統一された空間に、以前にも増して素敵なお部屋になりました!
見違えるように綺麗になった椅子を見て「お願いしてよかった!これで毎日嫌なところなく過ごせるわ」
と嬉しいお言葉をいただきました。

H様、ありがとうございました!

【JBS ティンバーベネチアンブラインド_W1605×H2032 etc】

WANTED
3rdではショップスタッフ、設計デザインスタッフを募集しています。インテリアや家具デザインに興味のある方は是非お問い合わせください。
また工房スタッフ(家具職人)も合わせて募集しております。

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2015.05.18

S邸 椅子補修・テーブル お届け

「椅子のお直しはやっていただけますか?」と、新聞のチラシを見てご来店になられたS様。

「とっても気に入っているんだけど、どうも座り心地が良くない。。。」という、海外で購入したチークの椅子。
お引っ越しが決まったタイミングで「もし直せるものなら、新しい家でもまた使い続けたいと思って。」と、
ご来店になられました。

「もともとついていたクッションはへたってしまったからもう使っていないの。代わりに座布団を座面にも背中にも置いて使っているんだけど、滑ってしまって落ち着かないの。座面クッションは椅子にくっつけて、背クッションもずれないようにしっかり止まるように出来ないかしら?」との事。
座面はレザー張りのクッションが乗っているだけ、背クッションはマジックテープで取り外しが出来る仕様になっているそう。
それなら一度、椅子を見せていただけますか?と、ご自宅にお伺いする事になりました。

2388_01

見せていただいたところ、椅子の木枠はしっかりとしていて、傷みもなさそうです。

「これでしたらクッション部分を新しくすれば、ぐっと座り心地もよくなりますよ!」とお話した所、
「とても気に入っていたので、捨てるのには忍びないと思っていたの。直せるならお願いしたいわ!」と奥様。
「張り替えるなら生地は明るい色、グリーンがいいな。」とご主人。

2388_02

お二人で仲良く生地選びをし、2種類のグリーンを選ばれました!

2388_03

座クッションは木枠と一体にし、背クッションはずれないように背もたれをすっぽり覆うように制作しました。

2388_04

ご自宅にお伺いした時に「この椅子とセットになっているテーブルがあるんだけど、人が増えた時に使うには少し狭いの。お客様が来た時にはダイニングテーブルの横に付けて、普段はデスクのように使える補助のテーブルがあったらいいなと思っているんだけど、そんな小さなテーブルは作れますか?」と、ご相談いただきました。

2388_05

ご新居の図面を見せていいただいたところ、補助テーブルは奥行き450mmから最大600mmまでは置けそうでした。
「普段は二人だから。」との事で、サイズは生活動線のじゃまにならないようにと450mmに決定。

2388_06

ダイニングテーブルのデザインに合わせて天板の角も脚も丸くしました!

2388_07

「どんなふうになるのか、楽しみにしていますね!」とお引越し前からお届けを楽しみにしてくださったS様。

お届けのとき、「すっかり見違えるようだわ~!生地も明るくしてよかったわ!これからも大事に使いますね!」と
とっても喜んでいただきました。

2388_09

いつもご夫婦、仲良くご来店いただいたS様。
お引越しで少し遠くなってしまいましたが、お近くにお越しの際にはぜひ遊びに来てくださいね!

2388_010

S様、ありがとうございました!

東戸塚店

2014.11.23

椅子補修 お届け

「椅子のお直しなんてできるかしら?」と、ご来店いただいたY様。

座面が擦れてしまったのに加え、背の籐がやぶれてしまったそうです。
以前、補修をした椅子の写真を見ていただくと「多分、これと同じ椅子だわ!」という
以前のお届けがありました。以前のお届けは→こちらから。

「こんなにきれいになるのね!椅子自体は壊れていないので、捨てるのもちょっと。。。と思っていたの。
できるなら直してもらいたいわ。1脚は背の籐も破れてしまって。」

H2266_02

「一緒に布張りの椅子も張替えもお願いできますか?背中も座面も布で張ってある椅子なんだけど?」との事で、
椅子を見せていただきました。

H2266_03

見せていただくと、どの椅子も木部に壊れた箇所はなく、これでしたら張替えできますよ!と
お話をして、お預かりしました。

籐の椅子の張り生地は今までと近い色がご希望との事でブラウンのビニールレザーです。

H2266_04

張りぐるみの椅子は「せっかく変えるのだから思い切って気分転換してみようかしら!」と
濃い色のストライプ柄をお選びになりました。

H2266_09

椅子のお直しが完成したので綺麗に仕上がってきましたよ!と、お電話すると「楽しみにしてるわ!」との
ご返事をいただいたのでさっそくお届けに!

H2266_06

お届けした椅子を見て「ほんとにきれいになったわ!生地もこの生地にしてよかったわ~。」と
とても喜んでいただきました!

—- 椅子の補修をもう1件ご紹介します。 —-

逗子市にお住まいのS様。

「前に雑誌に載っていたのを覚えていたんだ。補修なんてやってくれるかい?」とご来店になりました。
座面も背中もレザー張りの椅子で「座面の革が擦り切れちゃったし、座ると沈んじゃって。」
座ってみると、座面裏からウレタンがポロポロ。
おしりもだいぶ沈み込むような。。。

椅子をひっくり返して確認すると、十字に布の補強がしてあります。

2299_01

3rd「これは??」
S様「おしりが沈んで来ないように止めておいたんだよ(笑)。」と、補強して使っていたそうです!
「さすがにもう無理かなーと思ってさっ。」と、ご来店になったそう(笑)。

座面下は板ではなくウェービングテープが張り込まれているようで、
工場長に確認したところウェービングテープの交換も必要だろうとの事。

補修箇所のご説明をしたところ、「生地はビニールレザーで、色は今のと近い色であればいいから任せるよ。
座面下も直せるならお願いするよ!」との事でお預かりしました。

2299_02

座面のウェービングテープとウレタンも交換し、少しゆるんでいた座面の枠も締め直しました。
見た目も座り心地もすっかり新品同様に!

2299_03

お直しが出来ましたよとご連絡したら、すぐに引き取りにご来店になられたS様。
「お~、きれいになったね!座面もしっかりしたし、鋲もきれいになってるね~。」と、とても喜んでいただきました!

2299_04

Y様もS様も新しく生まれ変わった椅子を見てとても喜んでいらっしゃいました!

H2266_08

H2266_07

2299_05
 
新しく生まれ変わった椅子と、新しい思い出を作っていってくださいね。
また何かありましたらご来店ください!
Y様、S様、ありがとうございました!

東戸塚店