オーダー家具の3rd -your life style shop-
2018.07.02

H邸 pepe chair, Y邸 kakinoisu お届け

H邸 pepe chair お届け

ホームページを見て前々から気になっていたと府中からご来店下さったH様。ブログもたくさん見ているとおっしゃっていただけました。ありがとうございます!!^^
家を建設中なので、ダイニングセットがほしいとのこと。図面を持ってきて下さり適性なサイズを出しました。ダイニングテーブルは木目だったり、形状を旦那様と一緒に決めたいので…先に椅子を!いろいろ座り比べて頂きました。
その中でもpepe chairが形状も座り心地もしっくりきたと、気に入って頂けました。

pepe chairは座面も広くゆったりとした座り心地が嬉しい椅子。ですが部材は細いので重量が軽いんです!
pepe=胡椒のことでその名の通り技術の隠し味が効いているんです!「レザー憧れるけどお子様が大きくなるまでは我慢かしら」と、お手入れもサッとできるビニールレザーの黒に。黒とウォールナットの相性は抜群です。

ダイニングテーブルも是非よろしくお願いしますね!

pepe chair_W535×D550×H770:SH425】

line2_2

Y邸 kakinoisu お届け

「椅子がほんとに座りにくくて!!」いつか変えようと思っていたら時がかなり経ってしまったとのこと。たまたま駅の看板で見かけて気にしていてくださりたまプラーザ店にご来店下さいました。たくさんあるのねーと見て頂いた中で、「あの椅子のデザインが素敵ね!」とkakinoisuを気に入って頂けました。

座って頂くと背がしっかり立つし、足もしっかりつく。しかもとても軽いのねと一気に虜に。kakinoisuは、背のフレームが大きく湾曲してるフォルムが特徴の椅子。都市住宅にも収まりやすくコンパクトなのに座と背にはゆったり感というなんとも嬉しい椅子。

生地は明るい色がいい、でもやっぱり明るい色は汚れが目立つから…と悩んでいらっしゃったので、人気のアクアクリーンをご提案。少しの水だけで生地に付着した汚れを落とすことが出来るんです。carabuとmysticで悩まれましたが、少し起毛だった方がお好みとのことでmysticの252番。テーブルと合わせてレッドオークでつくりました。
T様のお気に入りの椅子で素敵な日々をお過ごしください!

kakinoisu_W445×D500×H765:SH445】

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2018.07.01

Y邸 Lattice、K邸 WAVE お届け

はじめはお一人でご来店いただいた、Y様。
ソファの買い替えをご検討されているとのことでした。

たまプラーザ店に展示してあるソファを一通りご案内し、お話をお伺いしていると「無垢のフレームがいいかな。」「座り心地は硬めのソファが好きです。」などと、教えてくださったので、Sofa Latticeをご提案しました。

ラティスの座面にはレスピールという人の体温で柔らかくなる特殊な素材を、
背面とピロークッションには、シリコンポラックというポリエステル100%の綿を使用しています。
シリコンポラックは、動物性の羽毛と違い、洗える素材となっていて、カバーリングの生地も水洗いの出来るものを多く揃えているので、アレルギーの気になる方や、小さいお子様がいらっしゃる方、ペットを飼われている方にもオススメです!

Y様はかなり気に入っていただけたご様子で、「妻にも見て欲しいのでまた来ます!」と、その日はご帰宅に。
後日、Y様ご夫婦でご来店され、奥様にも座り心地を試して頂き、座面やカバーのご説明をさせて頂くと、とても気に入っていただけました!

フレームの樹種はご自宅で使われているダイニングテーブルがウォールナット色とのことで、フレームも合わせてウォールナットに。
サイズに関してはお部屋には、3Pでも十分置ける広さがありましたが今使われているソファのサイズに近いものが良いとのことで、2Pに。
カバーは落ち着いていて、でも暗くなりすぎない色の、ライトグレーに決まりました。

お届けの際は小学生の息子さんも嬉しそうに待っていてくださって、設置後、Y様からも「頑張ってよかったです。」とのお言葉をいただきました。

Y様、ありがとうございました!

SOFA LATTICE 2P_W1760.D800.H820】

line1_3

東戸塚店の近くにお住いのK様は、以前、お手持ちの椅子に合わせて特注のクッションを製作させていただいた事のあるお客様です。
リフォームをしてリビングダイニング部分を広くしたので、お部屋に置くソファを検討中とのことでご来店いただきました。

店内のソファの座り心地をいろいろ比べて、
ウレタンベースとフェザークッションのソファ、WAVEを気に入って頂けました。

WAVEは「波の動き」を描くような背面デザインが大きな特徴となっており、
木枠はボリュームを削ぎ落とし、熟練した職人による木組みでしっかりとした強度を保っています。

座面下の構造に使用しているイタリア産のウェービングテープがクッションの耐久性を維持していて、積層されたウレタンとキルト状に詰められたハンガリー産マザーグースの羽が体を受けとめてくれます。
弾力性・発散性に加え、安定した復元力のある素材なので安心して長くお使い頂けますよ!

また、カバーリングソファなのでメンテナンスも簡単で、お部屋の雰囲気や季節に合わせてカバーを交換することも可能です。

ソファのサイズを決める際、Y様は「コンパクトなサイズで。」と、お考えでしたが、お部屋を確認させて頂いたところ3人掛けソファも十分に置ける広さでした。

そこで、ゆったりサイズの3人掛けとオットマンをご紹介!

ソファの後ろスペースはベッドを置くとの事。
寝室とリビングとして仕切れるようにお部屋の中間に置きました。
背面までこだわったソファのデザインが引き立ちますね。


お届けの際は、K様も「ちょっと大きかったかしら・・・。」と心配されていましたが、お部屋に入れてみると「このサイズにしてよかったわ!」と安心されていて、最後に「実はインテリア関係の仕事をしてるんです!」と教えてくださいました。

Y様、素敵なお部屋づくりのお手伝いをさせて頂き、ありがとうございました。
また何かございましたら、いつでもご相談ください!

SOFA WAVE 3P_W1800.D845.H790】
【WAVE OT_W680.D580.H400】

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2018.06.19

S邸 コーヒーメーカー収納お届け

ヨツバコの飲食店にお食事に来た際にたまたま3rdを見てご来店してくださったS様。
3rdのお店のお話しや、オーダー家具の壁面収納等のお話しを熱心に聞いて下さいました。

そして、「リビングにコーヒーメーカー収納を置きたいと考えているんです。」と
家具についてのご相談をお話してくださり、詳しくお伺いしたところ、、

・大きさはW400×D500×H900前後
・使っていて気持ちのいいちょうどいい高さのもの(H900だとちょっと高いかも?)
・コーヒー豆、コーヒーフィルター、カップ、スプーン等雑多な物の収納

これらの機能を持った収納が欲しいとの事でした。
買いたいコーヒーメーカーはだいたい見当がついているそうですが、、、
「サイズがそんなに大きなものではないから理想の機能全てが入っている物がなかなかないんです。」と

コーヒーメーカー本体のサイズが大きく、ご要望の寸法から考えると天板いっぱいいっぱいに置くことになります。
コーヒーを一つ入れるだけならそれでも十分ですが、
『少し作業が出来るスペースがあるといいですね。』とご提案すると、
「たしかに!」とご納得してくださり、収納の一段目は手掛けのスライドトレーをつけることに決まりました。
これでお砂糖やミルクを混ぜるとき、コーヒーをいくつか入れるときも移動せず、その場で作業をすることができます!

そして、二段目はコーヒーフィルターやお砂糖、ミルク、スプーンなど小さなものを入れる手掛けの引き出しに。

三段目はコーヒーカップを入れる引き出しです。
ここで少し心配になったのが、引き出しの箱の高さがカップより高いと、カップが取り出しづらくなってしまうこと。
そこで、扉と引き出しを別にして扉をフリッパータイプにし、引き出しの箱を浅く製作することに!

扉が閉まっているときは二段目の引き出しと同じように見えますが、三段目の扉はプッシュオープンになっており、前板だけが手前に倒れてきて開きます。

扉を開くと中には浅めに作った箱があり、手掛けの引き出しと同じようにレールがついているので、箱を引き出して使います。コーヒーカップの高さより浅く作っているため、カップを取り出すのが簡単です!

最下部は左側が引き出し、右側が開き扉となっています。

引き出し部分にはコーヒー豆を収納します。
前板を大きく、中の箱の高さを低くデザインすることで開けやすく、取り出しやすさをアップ!
右側はお水を収納するスペースになっています。ここは頻繁に出し入れをする場所ではないので、引き出しと比べ内寸を多く取ることのできる収納力の高い開き扉に。
どちらも低い位置になるのでワンタッチで開くプッシュオープンにして、簡単に開け閉めができるようにしています。

この収納をソファと梁の間に置きたい、梁の奥行きに合わせた寸法で作りたいとのご要望。
後日お部屋にお伺いしてコンセントの位置なども細かく採寸し、お部屋にぴったり合うよう図面を修正して収納を製作します。

ご要望の位置に収納を設置すると、元々あるコンセントを塞いでしまうので、コンセントを収納に移設します。
コーヒーメーカーが使いやすいように天板と、掃除機などでも使えるように台輪にも移設することに!

下の図の灰色の部分は天板と台輪へコンセントを移設するための配線ルートになるため地板にかき込みを入れ、空洞にしています。
地板とは引き出し・戸棚などの底板のことで下の図の赤色の部分の板のことです。

そして、台輪にはアジャスターをいれることで、水平を保つことができるようにしています。

その場でラフ図を描きながらお話しをしていくとイメージがどんどん湧いてきて、
「床もウォールナットだから同じ素材がいいですね。こんなに理想的な物ができるならもうお願いします!」と
その日でご契約。お話しをしていくと、
「実は犬を飼おうと思っているんです。」とS様の暮らしについてもお話してくださいました!

それから後日ヨツバコ店に展示しているスガハラガラスさんのグラスもご購入してくださりました!

お届け後何度もお店に足をお運びいただき、実際に使っていただいているお写真も見せてくださいました!
またご契約時にお話しされていた、わんちゃんも新しくご家族の仲間入りをし、ご挨拶をしてくれました。
今後TVを壁掛けにしたいなど、S様のお部屋づくりはまだまだ続きます。
是非またお手伝いさせてくださいね!

【コーヒーメーカー収納_W450×D530×H850】

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2018.05.31

N邸 壁面収納、キッチンボードお届け

ヨツバコ店にたまたまお立ち寄りいただいたN様。
オーダー家具のご説明をしたところ、「マンションに引っ越してリフォームをしたけどあまり落ち着かないんです。」と
現在お住まいのお部屋についてお話ししてくださいました。詳しくお伺いすると、、
リフォームの際ご自身でアイディアを持っていたができないことが多く、妥協してリフォームをされたとのこと。

『3rdではお部屋についての大まかなご要望、詳細なご要望何でも話して頂いて、そのご要望に沿って私たちの知識・経験も合わせご提案をさせていただき、図面の段階でお客様のご納得のいくまでお話しをさせていただいています。』とご説明して、その日はお帰りに。

後日、「考えがあるので、詳しくお話しをしたいです。」と再度来店してくださいました。
お部屋を一度見て一緒に考えてほしいとのことでご訪問させていただくことに!

今あるものを良くするために、どうするのかを考えましょう。とお話しして、落ち着かない理由や原因についてお話していただきました。
お部屋の間仕切りがなく、お客様が来たときに廊下やダイニングからベッドが丸見えになるのが気になるとのこと。
ベッドを移動するという案もありましたが、ダイニングとの間にブラインドを付けて目隠しにすることに決定!
ブラインドを降ろしていても部屋の行き来ができるよう、ベッドは隠れるけど通ることのできる幅で製作しました!

N様がお考えだったものはキッチンボード!
ずっと置いておくものではなく、必要な時だけ使用できるようなものをお考えということでした。
それから、
・TVボードの機能を持った、書類・本・雑多なものの収納が欲しい
・収納をダイニングから見せる壁にしたい
とのご要望。

TVボードも兼ねた収納をどこに設置するかをまず考えます。
N邸はキッチンダイニング・リビング・ベッドルームの3部屋で間仕切りがなく見渡せる間取り。
TVは現在リビングに置いているがリビングのソファから見るのではなく、ダイニングテーブルから見ることが多いということで、TVボードも兼ねた壁面収納をダイニングの壁に設置することになりました!

今回設置する壁はマンションの共有壁となっており打ち込むことができない為、家具が自立することが条件に!
ですが、3rdの家具は基本的に置き家具となっているのでそこは問題ありません!
置き家具も、壁に打ち付ける家具も3rdでは台輪の中にアジャスターを入れているので、家具を水平に保つことができ、家具が後ろの壁にピッタリと付くように調整をすることで耐震性も高くなっています。

↓ アジャスターです

次にキッチンボードです。今回重要なのは、必要なときだけ使えるようなものということ。
そこで、キャスター付きのサイドボードを収納家具の一部にするのはどうでしょうか?とご提案したところご納得いただき決定しました!

移動型のサイドボードは全面見られるので、どこから見てもいいデザインに設計します。
そこで両面扉にすることに!壁面に収納した際の正面は上部に引き出しと開き戸を、背面は引き出しなしの開き戸となっています。
下の図のピンク部分は正面から使用するときの引き出しとなっているので、背面から見た場合はデッドスペースとなっています。

壁面収納からサイドボードを取り出すときの取っ手は、キッチンボードとして使用する際にタオル掛けとしても使えるようになっているんです!

サイドボードの天板はお料理をする際に使用するということで、木材ではなく水に強い大理石調の素材で仕上げました!
キレイで高級感のある色合いはウォールナット材にぴったり!

壁面収納の構造は、見せる壁にしたいとのご要望からオープンではなく扉付きの収納に。
TVの上には趣味のものの飾り棚として使っていただけるよう、透明ガラスの扉に照明をいれてあります!
開き戸の収納の中はしまうものに合わせ調整できる可動棚となっています。
これで大きさの違う本から書類、雑多なものまですっきり収納できます!

床から天井いっぱいの大きな収納になるので、お届けの際は分解して搬入です。
設計の時点で搬入しやすいように分解した図面を製作します。
下の図のピンクの線で分解して製作し、搬入後組み立てていきました!

ご友人と一緒にお届けを見守ってくださっていたのが印象的なN様!
お部屋でリラックスできていますでしょうか?
また何かありましたらご相談くださいませ。
ありがとうございました!

壁面収納_W2000×D380/550×H2630】
【Hunter Douglas Silhouetteブラインド_W1400×H2600】

WANTED
3rdではショップスタッフ、設計デザインスタッフを募集しています。インテリアや家具デザインに興味のある方は是非お問い合わせください。
また工房スタッフ(家具職人)も合わせて募集しております。

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2018.05.27

O邸 TVボード お届け

TVボードを探してヨツバコ店へお越しくださったO様。
初来店は奥様お一人でのご来店でした。

「TVボードの置き場を設定した上でリフォームをしたのですが…」ということでお話を伺っていくと、
・今は簡易的なTVボードがあるけれどもっとお部屋のイメージを良くしたい。
・TVは階段下に置きたいけど、TVのサイズもありどうしようか悩んでいる。
というご相談をいただきました。

お話しをしながら店内をご覧いただいていると、バッグや小物を置いている箱脚にのった一枚板のディスプレイ棚をみて「こんな感じのTVボードもいいわね」とお気に召した様子。
そこでお店に置いてある一枚板の天板を何枚か見てもらいました!「これもいいわね」と完成写真にもある一枚板を気に入って、その日はカタログをお持ち帰りに。

後日再び奥様お一人でご来店くださり、現場を見て提案してくれますか?とのお言葉をもらい、先日ご覧になって気に入っていた一枚板の写真とTVボードの完成イメージ図を持ってご訪問しました。
その時のイメージ図がこちらです!

ご訪問して階段下のスペースを見せてもらうと、大き目のテレビを置くにはTVボードを低めに設定しなければ難しそう…
デッキ類は必要最低限しか置かないということで箱脚の中に納まるようにしました。

奥様は一枚板の特に耳を部分を気に入ってくださっていました。
旦那様とご相談され「ガッチリしているよりは軽くていい感じ」と、旦那様にも気に入っていただけました!
そしてその日のうちにうれしいご連絡をもらいお届けすることに。

お届けの際「イメージ通りすっきりしていて、奥行きと横幅もバッチリ!」と気に入って頂きました!

【TV board_W1700×D620×H300】

WANTED
3rdではショップスタッフ、設計デザインスタッフを募集しています。インテリアや家具デザインに興味のある方は是非お問い合わせください。
また工房スタッフ(家具職人)も合わせて募集しております。

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。