オーダー家具の3rd -your life style shop-
2018.04.22

ダイニングセットお届け

H邸 ラウンドテーブル、チェアお届け

ヨツバコ店にたまたま立ち寄られたH様。
たまプラーザ店の方がお近くという事で、後日たまプラーザ店にご来店下さいました!
引っ越しが迫っているがなかなか理想のダイニングテーブルが見つからないとのご相談。

ご要望頂いた形はラウンド型で片側をソファの背中にくっつけたいから、一面はストレートにしたいという変形型。
最初はエクステンションテーブルがいいなとの事でしたが、構造上使いにくいということで却下に。。。
木の雰囲気が好きという事で耳付きも悩んでいらっしゃいましたが「ラウンドにするならストレートの方が綺麗だね。」と白太は入れないことになりました。
脚の形状は真ん中に一本入っているタイプは好みじゃないとの事でしたので、4本脚のデザインに。
強度やバランスをしっかり考えた位置に脚をつけています。

普段はお二人で使用するとの事で、椅子を2脚と一つはベンチにしました。
理想の形やライフスタイルに合わせた家具をお作り出来るのもオーダー家具の良さです!

テーブルもベンチも脚のデザインは同じで、丸絞りになっています。
とてもキレイに仕上がっていますが、3rd職人が「苦労した…。」と言うほど難しい作業に!

旦那様はPEPEchairを気に入ってくださり、奥様はArcochairを気に入ってくださりました。
PEPEchairは職人の技術が必要な丸と四角、そして軽さと強度が融合したデザインが、Arcochairは大きな曲線が特徴の、後ろ姿が美しいデザインが魅力の椅子です。
二つとも丸みを帯びたデザインなのでラウンドテーブルには相性ぴったり!

生地は汚れに強いタイプがいいとの事でしたので、わずかの水だけで汚れを落とすことができるアクアクリーンの生地をおすすめさせていただきました。
奥様はボルドーをお気に入りいただき、すぐ決定いたしましたが旦那様は結構お悩みに、、。
オレンジか青がいいとの事で、ボルドーと並べたときの印象から「青のほうがしっくりきますね。」と青に決まりました!PEPEchairは後からお届けとなっています。

H様ありがとうございました!
また何かありましたら、是非ご相談下さいませ!

【ROUND TABLE_W1250×D950×H700】
【BENCH_W1060×D400×H420】
PEPE Chair_W535×D550×H770×SH435】
Arco Chair_W480×D530×H800×SH420】

line1_2

F邸ダイニングセットお届け

いつもお店の前を車で通っていて気になっていたとたまプラーザ店にご来店して下さったF様。
「娘も大きくなって家を出ていくし、テーブルを少し小さめにしたいのよね。やっぱり無垢の木は素敵ね。」と
並んでいる板を眺めていらっしゃいました。

「普段は2人で過ごす事になるから1500くらいの大きさでいいかな、この板きれいね。」と
2枚ハギの板を気に入ってくださいました!
サイズが思ったよりも大きいということでしたので、「カットすることはできますよ。」とご提案。
その日はいろいろな板を見て、ご帰宅されました。

再度ご来店頂いた際にはお嬢様とご一緒に来てくださいました。
「この板どう?」とお嬢様にも見ていただいて、お嬢様も「かっこいいね。」と。
テーブルの板は以前から気に入っていただいていた2枚ハギのものに決まり、脚の形状はモダンでスッキリとしたデザインのFENEに決まりました!

椅子は板座をお探しで、回転するANNELOchairは見た目のデザインや機能性からとても気に入って頂きました!
1脚ずつ違う椅子でも面白いよねということで、板座ではもう1脚にADchairを。
残りの2脚に張座のPEPEchairArcochairを。と、4脚それぞれ特徴の違う椅子をお選びいただきました。
ANNELOchairは回転する機能性と、丸くて可愛らしいデザインから女性に人気があります。
ADchairは座った時の感覚や、計算された板座に職人の優しさと力強さを感じる、心地よい椅子です。

お食事の時や、リラックスして本を読むとき、テレビを見る時など気分やシチュエーションによって座る椅子を変えられるのはとても贅沢です!

F様、それぞれの椅子はご活躍でしょうか?
テーブルも椅子も楽しみながらお使いいただけたら幸いです。
ありがとうございました!

FENE TRADITION TABLE_W1400×D760×H700】
【ANNELO Chair_W550×D455×H739×SH420】
AD Chair Wood_W555×D480×H680×SH420】
PEPE Chair_W535×D550×H770×SH435】
Arco Chair_W480×D530×H800×SH420】

WANTED
3rdではショップスタッフ、設計デザインスタッフを募集しています。インテリアや家具デザインに興味のある方は是非お問い合わせください。
また工房スタッフ(家具職人)も合わせて募集しております。

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2018.04.17

M邸 ダイニングセット、キッチンボードお届け

近々お引越しをご予定でいらしたM様。各々違う場所に住んでいる所からお住まいを一緒にされるということで、家具一式を探していらっしゃいました。たまたまヨツバコ店へふらりと立ち寄り、そこで話を聞いておもしろいと思って下さったようで、次の週にたまプラーザ店にもご来店くださいました。

「ソファやテーブル、テレビボードなど本当に一式そろえなければ…優先順位が難しいですね。」と奥様。まずはレイアウトをどうするか考えて、そこから優先順位を決めていきましょうとご提案。

M様のご自宅は、リビングとキッチンの境目がなく、冷蔵庫などもリビングから見える間取りでした。奥様はキッチンが丸見えになってしまうのが気になる…とのことでしたので、家具でキッチンとリビングを明確に分けましょう!とキッチンボードをご提案。
「なるほど!でも将来引っ越す可能性もあるから造り付けだともったいない…」
でしたら、と将来サイドボードにもなりえるようなデザインにしましょう!と背板に開口を開けたりせず、どこにでも移動できるような仕様に。

スライドレールを入れたオープンボードは炊飯器やコーヒーメーカーなどを入れられるように。将来的にリビングに持って行ってもプリンターなどが入れられるようになっています。

もうひとつは開き戸のサイドボード。中は可動棚になっているので、書類などをいれてもいいですしカップボードにつかうこともできたり、さまざまな用途に使えるようになっています。

「ダイニングテーブルはやっぱり必須かな。」と3rdでもロングセラーのBLISS TABLEをお気に入り下さいました。
BLISS TABLEは脚が天板の一番外側についており、幕板をなくして天板裏に追い入れ蟻継ぎという技法で反り止めをいれている、とってもスッキリとしたデザイン。
普段はお二人でお過ごしになるとの事だったので、テーブルは850角の正方形に。2人でお食事をするにはゆったりと十分な大きさです。将来リビングテーブル用の脚を作ってソファの前に置く事もできるサイズになっています。
椅子は3rd定番のAD Chairを。板座ですが座面に座刳りが施されており、長時間座っていても楽チン。腰あたりもとってもよいチェアです!

リビングの方にはゆったりとくつろげるスペースを。ということでFAT BOYとサイズオーダーのラグも一緒にお届けいたしました。
奥様ご要望の桐箪笥も、時期が来たらまたご相談お待ちしております!
M様ありがとうございました!

【SIDE BOARD A_W900×D500×H850】
【SIDE BOARD B_W900×D500×H850】
BLISS TABLE_W850×D850×H700】
AD Chair_W555×D480×H680×SH420】

WANTED
3rdではショップスタッフ、設計デザインスタッフを募集しています。インテリアや家具デザインに興味のある方は是非お問い合わせください。
また工房スタッフ(家具職人)も合わせて募集しております。

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2018.04.15

S邸、U邸 リビングテーブルお届け

「ソファに座ってリビングテーブルとしても、座卓としても使いやすいものを探しているんです。」とヨツバコ店へご来店下さったS様。
店内にあるリビングテーブルの前に実際に座って頂き、高さやデザインをお打合せしました。

座卓にも、リビングテーブルにも使いやすい高さは350mm前後。幕板を入れず棚板も無しのデザインでお作りしたので、あぐらをかいたりする際も天板に脚があたることなくフラストレーションなくお使いいただけます。
脚の形状はお部屋の雰囲気に合う黒のアイアンで。紛体塗装を施し、少しざらつきのあるものでお届けです。

【特注リビングテーブル_W1100xD550×H350】

line2_3

カウンター下収納をお届けさせていただいたU様、「ベランダにウッドデッキを作ろうかと思っていて。」とたまプラーザ店へお越しくださいました。
以前のお届けは→こちら

具体的なお話しと御見積もりをしている間に店内をご覧いただいていた奥様、リビングテーブル気になるご様子。「優先順位的にこちらが先なんじゃないかしら…」と。NENE LIVING TABLEとfene NEST LIVING TABLEを比べてどっちも素敵と悩んでいらっしゃいました。


fene NEST LIVING TABLEは木の天板を動かすことができるので、伸ばしたり縮めたりL字にしたりなどいろんな形でお作りすることができます。

「お客様が来られた時にダイニングテーブルだけでは場所が足りないからリビングテーブルも少し大きめに」とU様。ご自宅の広さはしっかりあるので、少し大きめのNENE LIVING TABLEでもスペース的には全く問題ありません!
「圧迫感が嫌だからガラスのテーブル探していたけど全然デザインが気に入るのがなかったの。でもこれとっても素敵ね!」とNENE LIVING TABLEをとても気に入ってくださいました。

ウッドデッキの方も時期がきましたら是非ご相談くださいね!
U様、ありがとうございました。

NENE LIVING TABLE_W1200×D600×H400】

WANTED
3rdではショップスタッフ、設計デザインスタッフを募集しています。インテリアや家具デザインに興味のある方は是非お問い合わせください。
また工房スタッフ(家具職人)も合わせて募集しております。

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2018.04.14

H邸 ウッドブラインド 椅子補修 お届け

ヨツバコ店へご来店くださったH様、当初は一枚板やキッチンボードなどにもご興味をいただいていましたが、展示してあったブラインドを見て「こういうのいいわよね、うちカーテンないのよ」とのこと。
現状外からの視線はないのでカーテンもブラインドも取り付けていないとのことですが、夏場は暑かったり少し困っている・・・。色々見て回って、これ良いなと思っても、採寸や取り付けはご自分でお願いしますというところばかりで嫌になっちゃって!とH様。
3rdでは採寸も取り付けも私たちでお伺いしますよ、とお伝えするととっても喜んでくださいました。また、ブラインドのイメージもお部屋に合わせて選んで欲しい!とご要望をいただきましたので、サンプルを持って採寸へお伺いしました。
ご自宅へお伺いするととても雰囲気のある素敵なお部屋!



床や他の家具に合わせてJBSの『DARK JAVA』という赤みの少ないカラーのウッドブラインドをおすすめさせていただきました。
ウエスタンレッドシダーと桐のどちらかをお選び頂けて、どちらも無垢材でできているのです高級感のある本物の質感です。
H様は桐でのお届け。


「この椅子もどうにかならないかしら・・・」
と見せていただいたのは、背が籐張りのチェアでした。とても思い入れのあるチェアとのことですが、籐自体も古くなり穴が空いてしまい、座面もシミだらけで・・・と少し落ち込んだご様子。


こちらも綺麗にしてスッキリさせましょう!と背と座面の張替えを行いました!
籐は木部に合わせて着色を施し、座面は光沢感のあるグリーンの生地に。


ブラウンとグリーンで統一された空間に、以前にも増して素敵なお部屋になりました!
見違えるように綺麗になった椅子を見て「お願いしてよかった!これで毎日嫌なところなく過ごせるわ」
と嬉しいお言葉をいただきました。

H様、ありがとうございました!

【JBS ティンバーベネチアンブラインド_W1605×H2032 etc】

WANTED
3rdではショップスタッフ、設計デザインスタッフを募集しています。インテリアや家具デザインに興味のある方は是非お問い合わせください。
また工房スタッフ(家具職人)も合わせて募集しております。

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2018.04.03

H邸 ダイニングテーブル・ベンチ・オープンボードリメイク

HPのブログを見てお電話してくれたH様。
まずはお電話でお話しを伺っていくと、リフォームをした際、今まで使っていたダイニングテーブルがお部屋に対して大きくなってしまったそう…
「思い入れがあるのでそのまま使いたいんです…サイズを変更することはできますか?できればメンテナンスを含めてお願いしたいのですが…」とのことでした。

まずはご自宅のダイニングテーブルを見てみないとわかりませんが、無垢材であればリメイクできる可能性はありますよ。とお返事し、お近くだったのでその日の夜にご自宅へお伺いしダイニングテーブルを見せていただきました。

H様のダニングテーブルはW2000近い大きさで、今のお部屋に対して圧迫感がありました。
「レイアウトはそのままにしたいのですが、どれくらいの大きさが良いでしょうか…?」とお悩みだったので、
W1500くらいにしてあげると4人がゆったりできて、お部屋に圧迫感もなくなるのでは、とご提案しました。

テーブルの脚の形はH型となっていて、下の写真のように中央の貫をクサビで固定してあります。
なのでカットした天板に合うように貫の長さを調整し、貫の端を再びクサビで固定するように加工をする事も必要でした。

「それでサイズを短くできるのならお願いします!」とのことでしたので、天板をW1500にカットし、H型になっている脚も元と同じように取付するため貫に穴を開け、クサビで固定出来るように再加工!
ただ加工しただけではなく隣にご家族が座っても窮屈さを感じないように、なるべく脚を広げて取付けることで元のダイニングテーブルの状態と内寸があまり変わらないように計算して取付けました!
セットのベンチも同様に既存パーツを使いながら天板をカットし接合部を加工しました。

最後にメンテナンスとしてテーブルの天板を一度削り、再塗装しました。
実はこのテーブルにはナラの木(オーク材)が使われているので、本来の木の色はもっと明るい色をしています。
天板を削るとそのナラの木の色が現れてしまうので、ベンチの色に合わせて色が合うように調色し、着色しました。
下の写真が着色、仕上げ後です!削っていない所の色と違和感無くマッチしています!

そして実は、現場にお伺いした際「もう一つの悩みが…」高さ2100あるオープンボードを見せてくれました。
下の写真のように、梁に当たってしまう程背の高いオープンボードで「どこに置こうと思っても収まりが悪いんです…」とH様の悩みの種でした。

「使えるボードにしてほしい!」というご相談でしたので、今回は固定棚の部分から大小二つに分けることをご提案。
「全部お任せできちゃうならお任せしたい!」ということでご訪問したその日にご契約いただき、その場でオープンボードを積み込んで工房へ!

背の高いボードは、強度を保つために可動式の棚の仕様でも固定棚の部分が必ずあるので、今回はその固定棚の部分からH1380の棚とH720のボックスにオープンボードを2つに分けました!
小さい棚には天板が無くなってしまったので、似た木色の板を天板として取付け。

ダイニングテーブル、ベンチと合わせ2か月ほどお待ちいただき、テーブルとオープンラックをお届けしました!

「テーブルもオープンラックも、イメージ以上に良いものになって帰ってきて驚いた!」と、うれしいお言葉を頂きました!
また何かありましたらお気軽にご相談下さいね!
H様ありがとうございました!

WANTED
3rdではショップスタッフ、設計デザインスタッフを募集しています。インテリアや家具デザインに興味のある方は是非お問い合わせください。
また工房スタッフ(家具職人)も合わせて募集しております。

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。