オーダー家具の3rd -your life style shop-
2018.04.03

H邸 ダイニングテーブル・ベンチ・オープンボードリメイク

HPのブログを見てお電話してくれたH様。
まずはお電話でお話しを伺っていくと、リフォームをした際、今まで使っていたダイニングテーブルがお部屋に対して大きくなってしまったそう…
「思い入れがあるのでそのまま使いたいんです…サイズを変更することはできますか?できればメンテナンスを含めてお願いしたいのですが…」とのことでした。

まずはご自宅のダイニングテーブルを見てみないとわかりませんが、無垢材であればリメイクできる可能性はありますよ。とお返事し、お近くだったのでその日の夜にご自宅へお伺いしダイニングテーブルを見せていただきました。

H様のダニングテーブルはW2000近い大きさで、今のお部屋に対して圧迫感がありました。
「レイアウトはそのままにしたいのですが、どれくらいの大きさが良いでしょうか…?」とお悩みだったので、
W1500くらいにしてあげると4人がゆったりできて、お部屋に圧迫感もなくなるのでは、とご提案しました。

テーブルの脚の形はH型となっていて、下の写真のように中央の貫をクサビで固定してあります。
なのでカットした天板に合うように貫の長さを調整し、貫の端を再びクサビで固定するように加工をする事も必要でした。

「それでサイズを短くできるのならお願いします!」とのことでしたので、天板をW1500にカットし、H型になっている脚も元と同じように取付するため貫に穴を開け、クサビで固定出来るように再加工!
ただ加工しただけではなく隣にご家族が座っても窮屈さを感じないように、なるべく脚を広げて取付けることで元のダイニングテーブルの状態と内寸があまり変わらないように計算して取付けました!
セットのベンチも同様に既存パーツを使いながら天板をカットし接合部を加工しました。

最後にメンテナンスとしてテーブルの天板を一度削り、再塗装しました。
実はこのテーブルにはナラの木(オーク材)が使われているので、本来の木の色はもっと明るい色をしています。
天板を削るとそのナラの木の色が現れてしまうので、ベンチの色に合わせて色が合うように調色し、着色しました。
下の写真が着色、仕上げ後です!削っていない所の色と違和感無くマッチしています!

そして実は、現場にお伺いした際「もう一つの悩みが…」高さ2100あるオープンボードを見せてくれました。
下の写真のように、梁に当たってしまう程背の高いオープンボードで「どこに置こうと思っても収まりが悪いんです…」とH様の悩みの種でした。

「使えるボードにしてほしい!」というご相談でしたので、今回は固定棚の部分から大小二つに分けることをご提案。
「全部お任せできちゃうならお任せしたい!」ということでご訪問したその日にご契約いただき、その場でオープンボードを積み込んで工房へ!

背の高いボードは、強度を保つために可動式の棚の仕様でも固定棚の部分が必ずあるので、今回はその固定棚の部分からH1380の棚とH720のボックスにオープンボードを2つに分けました!
小さい棚には天板が無くなってしまったので、似た木色の板を天板として取付け。

ダイニングテーブル、ベンチと合わせ2か月ほどお待ちいただき、テーブルとオープンラックをお届けしました!

「テーブルもオープンラックも、イメージ以上に良いものになって帰ってきて驚いた!」と、うれしいお言葉を頂きました!
また何かありましたらお気軽にご相談下さいね!
H様ありがとうございました!

WANTED
3rdではショップスタッフ、設計デザインスタッフを募集しています。インテリアや家具デザインに興味のある方は是非お問い合わせください。
また工房スタッフ(家具職人)も合わせて募集しております。

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2018.03.24

M邸 カウンターボードお届け

ふらりとヨツバコ店へ来てくれたM様。その日は奥様お一人で、3rdのオーダー家具やお店のお話しをしたところご興味を持って頂き、カタログをお渡ししました。

その後、奥様が再度ご来店してくれた際に「キッチンとリビングの間に備え付けのカウンターがあるのですが…雰囲気を変えたいんです。リフォーム工事のようなことはできますか?」というご相談をしてくれました。
3rdでは「内装仕上工事業」の許可証があるのでリフォームを含めたご提案も可能ですよ、とお伝えすると「それなら、うちの人に相談してもう一度うかがいます!」と、その日は一旦ご帰宅に。

数日後、カウンターのお写真を持ってご夫婦でお越しくださいました!改めて詳しくご要望をお伺いすると…
・キッチン側にゴミ箱を置く場所が欲しい
・ゴミ箱の横にこまごましたものを置けるオープンの棚が欲しい
・リビング側にもキッチン側にも引き出しが欲しい

ということでした。打ち合わせ後、一度現場を見ながらの相談をしましょうとご提案し、日を改めてご自宅へご訪問にすることになりました。

ご訪問の当日、M様のお宅のカウンターをみせてもらうと、台としては実用的に便利ですが椅子を置いてカウンターテーブルとして使用するのは難しいサイズ…
カウンターテーブルとしては使用しないので、上の写真の様に天板だけではスペースがもったいない…
ということでM様のご要望を盛り込み、下の図のようなカウンターボードをご提案しました!

引き出しはリビング側から使用できるのが一つ、キッチン側から使えるのが一つで、引き出しの裏にあたる部分もフェイクの扉を作ることによって見た目にもこだわりました。

↑上の写真はキッチンから使える引き出しで、その下にはゴミ箱を置くスペースがあります。
↓下の写真はリビングから使える引き出しです!こちらはリビング側からの見た目も重要なので、扉に見えるようその他の部分も意匠をあわせてます。

リビング側から見たらサイドボードがあるようにしか見えないのでデザイン性も◎!と気に入って頂き、お届けすることとなりました!

いよいよ工事に入りますが設置場所には既存のカウンターがあるので、まずは既存のカウンターを解体し撤去します。…すると、上の写真の様にフローリングと壁の内部がむき出しの部分が…まずフローリングは板で埋めて床の高さを合わせます。

上はフローリングがない部分に木の板を入れて床の高さを合わせた後の写真です。ここにゴミ箱が入ります。
また、カウンターのサイドの形に空いてしまっていた壁は、カウンターの高さを少し高めに設計することで、壁紙がない部分がちょうど隠れるようになっています。本来ならば壁紙の張替え工事が発生してしまうところ、張替えをすることなく工事を終えることが出来ました!

完成までご主人様と奥様が工事を見守って、カウンターボードの設置が完了した時には「一般的な家具屋さんだと思っていましたが、ここまでやってもらえるとは思わなかった!」と喜んでくれました!

M様、カウンターボードの使い心地はいかがでしょうか?
また何かあればご気軽にご相談ください!
ありがとうございました!

【カウンターボード W1200×D532×H930】

WANTED
3rdではショップスタッフ、設計デザインスタッフを募集しています。インテリアや家具デザインに興味のある方は是非お問い合わせください。
また工房スタッフ(家具職人)も合わせて募集しております。

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2018.03.04

K邸、T邸 TVボードお届け

TV台・本棚・お子様のデスクを作りたいとご相談に来てくれたK様。
以前にもキッチンボードをご提案しており「ひとまず現状を見てほしいです」ということでご訪問させていただく事に。
以前のお届けはこちら→K邸 キッチンボード お届け

そこでご要望をうかがうと…
・デッキ類やスピーカーがいっぱいあるので綺麗に納めて、ごちゃごちゃした配線をどうにかしたい
・お子様用が絵を描いたりできるデスクを組み込みたい、デスクは動かせるようにしたい
・お子様用の本やおもちゃなどを入れる場所も欲しい
・おもちゃはかごに入れてしまいたいので、引き出しではなくオープンの棚にしたい
・テレビはソファとリビングの両方から見えるように角に斜めに配置したい

などなど、TV台・本棚・お子様のデスクをリビングに置きたいということで、様々なご要望がありました。
採寸しながらご要望を整理しつつイメージを作っていきます。

後日、再度打ち合わせをして作成した図面を見てもらうと、ご提案したプランを気に入っていただきそのままこのデザインに決定となりました!
素材は前回お届けしたキッチンボードと同じく、お部屋の雰囲気に合わせて明るい木色のメープルに。

向かって左側がお子様用のデスクになっていて、将来移動できるよう連結していません。
今は壁に背をあわせていますが、どんなレイアウトにも対応できるように両面から使えるように設計し、天板の下には棚板をつけて文具などを置けるようにしています。

写真ではわかりにくいかもしれませんが奥の方をよく見ると…コンセント部分の開口が見えます。
使いにくい角奥のスペースを上手に利用し電源や配線などすべてをここに収めることが出来ました。ごちゃごちゃした配線が見えなくなり綺麗ですっきり!!

テレビはダイニングとソファの両方から見える事と、下に収納するオーディオ機器のサイズなどから高さを決めました。
TVボードは入れるものやTVの大きさ、壁の大きさなど制限が多くなるので毎回、設計は苦戦しますが綺麗に収まると嬉しいですね!

K様、TVボードや本棚・お子様用のデスクの使い心地はいかがでしょうか?
また何かございましたらお気軽にご来店ください!

【TVボード W1000×D1000×H650 】
【本棚 W900×D400×H650 】
【デスク W800×D400×H650 】

たまプラーザ店にふらりとご来店してくださったT様。
TVボードを熱心に見てられたので「TVボードをお探しですか?」と声をかけると「そうなんです」とのお返事が。

3rdで作るTVボードは配線の取回しや、ご希望のサイズで作れる事などをお話しすると「W1000くらいの場所に置くTVボードを探しているんですが…」とのこと。
少し小さめの寸法なのでどんな場所に置くのかということやご要望など詳しくお伺いしていくと…
・置く場所は窓と窓の間にある壁
・ソファとTVボードまでの距離が近くなるので高さは低く抑えたい
・台輪ではなく脚タイプがいい

とのことでした。その場でお話しをお伺いしながらイメージ図を絵にしていき、4パターンほど出した内から「この形がいいね!」となり、その場でご依頼頂きました!

左上の部分がデッキの収納になるのですが、最初のご提案では下の写真の上段の扉のような、ガラスの周りを框で囲うデザインでした。

しかし、できるだけ全体を低くしたいというご要望もあったので、框で扉を作ってしまうとデッキの下の引出しのスペースを圧迫してしまいます…ここへはDVDの入ったトールケースをキッチリ入れたいのであまりスペースを小さくするわけにはいきません。

そこで改めてご提案したのが上の写真のように、下の引き出しの扉部分に欠き込みを入れて、ガラスを差し込むという仕様です。
この仕様…実は3rd初の試みで、これにより框を無くしデッキスペースの扉をガラスにできて全体の高さも抑えることが出来ました!

コンセントを引き込む背面の仕様は当初コンセントBOXに合わせた場所に開口をあけることになっていましたが、お部屋にお伺いしたところ将来お部屋のレイアウトに変更の余地がありそう…
ということで、レイアウトを変えた時でも対応できるように開口をやめ、背板にゴムコーダーを付けることにしました。ちなみに…

しかし、このままだと背面の壁ぴったりにTVボードを付けることができません…。なので、通常は13mm程度内側に入れる背板を、TVボードの裏でコンセントの頭が隠れるくらいのクリアランスとして約40mm設け、壁とTVボードの隙間を無くすよう設計しました。

もちろん上の図の通り、横から見てもクリアランスはわかりません。
これで、お部屋のレイアウトを変更したとしても、どこにコンセントBOXがあっても対応できます!

後日お話しした内容で製作図面を持って採寸にお伺いした日が、ちょうどお引越し日当日でこれから家具を搬入するということだったので、レイアウトのご提案もさせて頂きました。

お届けのとき「配線の位置とか大丈夫ですかね…」と心配そうなT様でしたが「ぴったり納まりました!」と一安心!!
T様、その後お部屋のレイアウトはいかがでしょうか?
いつでもご気軽にご相談くださいね!
ありがとうございました!

【TVボード W1000×D480×H500 】

WANTED
3rdではショップスタッフ、設計デザインスタッフを募集しています。インテリアや家具デザインに興味のある方は是非お問い合わせください。
また工房スタッフ(家具職人)も合わせて募集しております。

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2018.03.01

ダイニングセットお届け

アップライトチェアをお探しで、たまプラーザ店へお越しいただいたO様。店内をご覧いただいていると「引っ越しが間近で、ダイニングテーブルも考えているんだよね」とのことでした。3rdでは無垢材を使用したテーブルを基本とし、サイズや樹種など自由にお選びいただけますよ、とお伝えすると、ウォールナットの天板をとても気に入ってくださいました。アップライトをご契約いただき、カタログをお渡しすると「とても気に入ったので前向きに検討します!」とご帰宅に。

後日再度たまプラーザ店へお越し下さり、「テーブルと椅子、やっぱりいいなと思って!」と嬉しいお言葉。天板が並んでいる中からウォールナットのTRADITION EXをご紹介すると「一枚板より使いやすそうだしすっきりしていていいね!」ということでW1800の天板をお選びいただきました。
TRADITION EXは天板厚30mmの木の節を生かした天板です。一枚板に比べ厚みも薄めですので、脚の形状は異素材の鉄のT字脚との組み合わせでご提案。

T字脚は天板を脚に乗せて固定せず、天板の重みとアジャスターで支えるタイプのものです。脚を90度回転させるとダイニングテーブルの高さから座卓の高さへ変更することが出来るので、ライフスタイルに合わせて都度変更できるのが強みです!

椅子はアップライトをご覧いただいていた時からお気に入り頂いていたT+S-01chairに決定。曲げ木という技法を使ったチェアで、背中にフィット感があるのが特徴的です。座面にはダイメトロールというトランポリンのシートのようなベースにウレタンが乗っているため、通常の椅子よりも柔らかめでお尻あたりもよく、長く座っていても疲れにくい椅子です。少しコンパクトめな見た目も可愛いですね!座面はお子様も小さいと言う事なのでビニールレザーで、色はオレンジに。明るいO様ご夫婦にピッタリのダイニングセットになりました!
O様、ありがとうございました!

【TRADITION EX with Tleg_W1800×D800×H700】
【T+S-01chair_W430×D485×H770】

line1_2

「椅子ががたがたでこわれそうなの」とご夫婦でたまプラーザ店へご来店下さったS様。旦那様は「ゆったり座れるものがいいな」とアーム付のものを中心に座り比べていらっしゃいました。

PEPEとcervoをご提案すると、「こっちの方が座面もやわらかくてここで寝ちゃいそうなくらいだね!とても座り心地がいいです」とcervoをお気に入りいただきました。ダイメトロールを使用したチェアは、お尻あたりが優しいのでとても人気があります。

「いずれダイニングテーブルも買い換えたい、こんなテーブル憧れるわ」と展示してあったTRADITION EXの板を眺めていらっしゃいました。
無垢材の良さは使っていけば使っていくほど味が出て綺麗になる事です。早い内からお使いいただいた方が、家族の歴史を刻む時間も長くなりますので!とご提案させて頂きました。
ご自宅にお客様をお呼びになる機会が多いS様。そんな時はT字脚がおすすめ。座卓にも出来る事をお伝えすると、とっても驚いて一瞬で旦那様にお気に入り頂きました!「座卓にしてみんなでお酒を飲んでいる姿しか想像できない!!」と椅子とセットでご契約くださいました。
納品の際は、なんとか年末ぎりぎりにお届けすることができ、「新年を新しいテーブルで迎えられてよかったわ」と嬉しいお言葉。
みなさんでゆっくりとテーブルを囲んで新年をお迎え頂けましたでしょうか。
S様、ありがとうございました!

【TRADITION EX with Tleg_W1600×D840×H700】
Cervo chair_W504×D595×H765×SH430】

line_02

初めてのご来店はご主人とお子様、お二人で仲良く「これからお散歩に行くところなんです。」とお立ち寄りいただいたI様。
ダイニングテーブルの買い替えを検討していたところで。。。との事でしたので店内のテーブルを色々見て頂きました。
その中で目に止まったのが東戸塚店に展示をしていた『Tradition EX』の板でした。
EXの板は耳付の無垢材の天板の中でも「フシ」をあえて残した材料で制作してます。
表情豊かで個性的な板が魅力の天板です。
サイズもちょうどいいかも!ととても気に入って頂き「奥さんにも見てもらいたいので連れてきます!」とその日は仲良くお散歩へ戻って行かれました。

しばらくして3人でご来店に!
奥様も「雰囲気いいね!」と気に入って頂きました。
お部屋の大きさなど確認をしサイズはW1600でも置けますよとお話をしていましたが、「そこまで大きくなくてもいいんじゃないか。。。」と、一緒に展示していたW1500の板も急遽、候補に上がりました。
悩んだ末、W1500の板でご契約となりました。

翌日の夜。。。
「やっぱりあのW1600の板に変更してもらう事はまだできますが?」とのご連絡が。
ご主人はW1600の板の表情をとても気に入っていたので「置けるならあの板がいい!」と相談され、変更をご希望されました。
すぐのご連絡だったので、ご希望の板に変更しお届けとなりました!

板の表情は世界に一つのものですので、I様に気にって頂き、末長くご愛用いただけるテーブルになってくれると嬉しいです!

【TRADITION EX Dining Table_W1600×D840×H700】

WANTED
3rdではショップスタッフ、設計デザインスタッフを募集しています。インテリアや家具デザインに興味のある方は是非お問い合わせください。
また工房スタッフ(家具職人)も合わせて募集しております。

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2018.02.27

T邸 壁面収納、ダイニングテーブル、椅子 お届け

東戸塚店にご来店いただいたT様。
店内をぐるっと見回し、壁面収納を気にされていたのでお伺いしてみると。。。
「引っ越しの予定があって、その時に家具を一式買い揃えようと思っているんです。TVボードに収納力を持たせた家具を探していて、それであちこち見て回っているところなんです。」

お持ちいただいていていた図面を見ながら他に必要な家具をお伺いしてみると、ダイニングテーブルとソファを検討しているとの事でした。
お部屋のレイアウトを考えていくと、ご希望だったゆったりしたダイニングスペースをとるとソファを置けるスペースがあまり取れないことがわかりました。
今までのライフスタイルから考えると、ソファはあってもそんなに座っていなかった。。。との事でしたので思い切ってソファをレイアウトから外し、ダイニングスペースをゆったりと取るプランをご提案。

ダイニングテーブルはご家族が顔を合わせる大切な場所に置かれる家具。
家族そろってのお食事や、お友達が集まってのお茶会、お子様が小さい間はここでお絵かきやお勉強までこなせるよう、ゆったりとした大きさのテーブルをおすすめました。

レイアウトが決まりTVボードのお話へ。
ソファからテレビを見る場合のボードの高さは約500mm前後。
ソファを置かずダイニングからテレビを見るT様のボードは、通常より少し高く700mmで設定しています。

収納スペースにはさまざまなサイズの本を収納する予定との事でしたのでシンプルに設計し、中の棚板はすべて可動棚になっています。

テーブルは展示していた『 TRADITION EX 』の板を気に入っていただき、スッキリとしたデザインのアイアン脚をお選びいただきました。
椅子はそれぞれ座り心地が気に入ったものを選ばれ、ご主人は『 Cervo Chair 』を。
座面がゆったりとしたハーフアームチェアなので、椅子の上であぐらをかくこともできます(笑)。
奥様は『 T+S-02アームチェア 』を。こちらも座面はゆったりサイズです。
どちらの椅子も座面にダイメトロールという布のバネを座面に使用しているので、適度な柔らかさがありお尻あたりもソフト。
ソファを置かないT様のダイニングにピッタリの椅子です。

お子様用の椅子にはアップライトを。
「子供の姿勢を守る!」をコンセプトに製作されている椅子で、大人が座っても背筋がすっと伸びるほど!
足置きも座面もお子様の成長にその都度合わせて高さ調節ができるよう、きめ細かく設計された椅子です。
お打合せの時にはお子さまお1人でしたがご家族が増えるとの事で、この後アップライトを追加でお届けしています!

ダイニングテーブルを囲んでの楽しい時間をお過ごしいただけていますでしょうか?
T様、ありがとうございました!

Fene Dining Table W1600×D940×H700 】
Cervo Chair w510×D570×H750 】
T+S-02アームチェア W510×D550×H730 】
アップライト W460×D550×H830 】
【 特注壁面収納 W2900×D350/500×H1950 】

WANTED
3rdではショップスタッフ、設計デザインスタッフを募集しています。インテリアや家具デザインに興味のある方は是非お問い合わせください。
また工房スタッフ(家具職人)も合わせて募集しております。

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。