オーダー家具の3rd -your life style shop-
2020.04.05

ナイスビューなご自宅のトータルコーディネイト

3rdのお客様よりご紹介頂いたFさま。
マンションにお引越しで家具のお買い替え、全体のレイアウトのご相談でご来店いただきました。

まずお届けしたメインの家具がこちらです。幅約6mのTVボード 兼 収納棚 兼 飾り棚。今回お客様とお話していて趣味と趣向が近かったので個人的にやりたかった仕様でご提案させていただきました。余分な線をなくす事、木だけではなく違う素材を使う事。そこにお客様のご要望を踏まえデザインしています。アクセントクロスやエコカラット、照明などをご要望でしたので色や素材感を考慮し空間全体でご提案しています。
余分な線をなくす為、扉はアウトセット、天板と扉を留(45°)で収める仕様に。天板の厚みが見えないのでとてもすっきりとした印象になります。製作はなかなか大変ですが。。。素材に関してはウォールナットと黒のメラミン化粧板を使用。扉の面材はウォールナットの挽板(3mmのウォールナット材)をはり正面材がメラミンです。この事により扉一枚一枚しまった印象になります。押して開けるプッシュオープンの仕様+小さいお子様がいらっしゃるので傷や指紋がつきにくいマットなメラミン材と使っています。天板の上奥には間接照明でテープLEDを入れ右上の飾り棚部分にはダウンライトを。夜に照明をつけるととても良い雰囲気になります。アクセントクロス、エコカラットに関しては色味を入れすぎると飽きる事とお子様の作品や写真を飾るとの事でしたのでグレートーンで統一。

ご提案資料がこちら!テーブル、ソファは今後のプランです。

作業風景。工場長はいつも綺麗に家具を設置してくれるので安心です。今回タイルやクロス工事もありましたのでいつもお世話になっている大工の佐藤さんにも来ていただきました。真剣な眼差しで工場長を見守ります。家具職人と大工さん、お互い家具の事や施工の事を情報交換しとても良い関係です!夕暮れの日差しがとても良い感じでした。
天板と扉の収まりとても美しいです。

実はF様邸の納品は2019年の3月にお届けしておりまして、この本棚は先日追加でご注文頂いたものです。お子様が小学校に上がる為ランドセルなど置きたいというご要望でした。背面のエコカラットを隠さないよう背板を無くしTVボードとデザインの関連性を出す為、四方を留で接合し面取りをしています。また下がり天井に照明がなく夜暗くて子供の視力が低下しているとのお悩みをお受けしテープLEDの照明を天井に設置しました。電気工事をするとクロス工事なども絡みいい金額になってしまうので既存のコンセント(本棚の裏)から電源をとり左壁奥に配線を回しております。スイッチは本棚右側面に静電容量式調光スイッチを埋め込んでいるのですが、このスイッチは手をかざすとON/OFFでき調光もできちゃいます。家具に付けているLEDより明るいものを使用し部屋全体が明るくなりました。因みに写真左側の上から下までのガラス窓は海とみなとみらいが見渡せる絶景です!

家具搬入前の壁(アクセントクロスとエコカラット)です。左上がリビングのビフォー、下がアフター。右上がお手洗いビフォー、下がアフターです。

お子様部屋のアクセントクロス。ナイスブルーですね。右は納戸の棚板を設置です。マンションの納戸は大体棚がないので、棚板を設置するだけで使い勝手が格段によくなります。

廊下にピクチャーレールの設置(写真左)、シューズクロークにブラインドフックの設置、帽子掛たりコート掛けたり便利です!(写真右)

次にmetaphysさんのsafroという商品も取付しました。ハイパーミニマルデザインなホワイトボードです!ペンやイレイサーを横に入れるのでとてもすっきりデザイン。わたくしも自宅で使っていますがとても良いです。マグネットもつくしサイズも2種類ございます!小さいお子様がいる方は学校のプリント貼ったり伝言書いたり色々と便利です。

そして最後に玄関の姿見です。こちらはほぼお客様からのご要望を元に設計しております。幅80cm,高さ215cmの迫力ある鏡です。仕切りの部材が細い為、職人のaka平くんはなかなか苦戦しておりました。搬入の際、慎重に運び無事壁に取り付いた時はほっとしました。

想像通り、いや以上に素敵な空間ができました!プランニングから施工まで楽しくお仕事させていただきお客様、職人の皆様に感謝です。
F様ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

【TV Board+sideboard_W5858×D450×H2590】
【book board_W840×D325×H1360】
【mirror_W800×D40×H2150】
【照明、クロス工事、タイル工事、etc】

2020.02.15

リフォームで暮らしを新しくする -キッチン・水回り編-

laundry walnut tile green ordermade reform

これまでにダイニングとリビングをご紹介させて頂いたT様。(過去のブログ→ダイニング編リビング編)
壁紙や床などの張替えを含めたリフォームを行うにはお部屋にある荷物を一度全てお預かりし、作業を進めなくてはなりませんでした。近々ご家族で集まる機会もあるということで、「荷造り・荷ほどきなどの負担の少ない、先に取りかかれるところから始めていきましょう!」とご提案をさせて頂き、キッチン・水回りのリフォームが始まりました。

キッチンのリフォーム前がこちら。

「長く使ってきたキッチンとランドリーを変えたいんです。」とご相談頂いていたのでキッチンには新しく家具を増やすというよりは既存の収納家具を”綺麗にする”ことをご提案させて頂きました。

kitchen walnut door reform

使っていた収納棚の大枠はそのままに、装飾性のあるデザインからフラットでシンプルなデザインの扉に付け替えました。木目がきれいに繋がる様に一つ一つ職人が手作業で制作しています。扉を変えるだけで、全体の印象が違って見えますね^^

kitchen walnut door reform

kitchen walnut door reform

扉の付け替えと同時に吊り収納や扉裏の収納も一新♪
元々付いていた照明は、クロス張替えと一緒に天井の工事を行い埋め込みシーリングライトに変更しました。

kitchen walnut door reform wall light

kitchen walnut door reform wall light

天井がフラットになり、とってもすっきりしました^^ T様、新しくなったキッチンの使い心地はいかがですか?

キッチン奥にはランドリースペースがあり、これまで使い勝手が良かったところは残しフラストレーションを感じていた所は便利になるようご提案。

laundry kitchen sideboard walnut

収納力を上げたいということで洗濯機周りの収納と吊り戸棚を作り変え、隣に新たに扉付きの収納を設置しています。中は可動棚にする事で入れる物の大きさに合わせて棚の高さを変更できます。
元々つっぱり棒を取り付けていたところには新たにハンガーラックを設置!耐荷重が上がったので洗濯物などを沢山掛けられるようになりました。

laundry kitchen sideboard walnut strage

吊り戸棚の位置に分電盤があったので、背板を開口し家具の内側に。中の棚板に分電盤を避ける欠き込みを入れることで隠すだけでなく収納としての機能もプラス。
下台よりも少し奥行きを浅くすることで空間の圧迫感が軽減されます。

laundry kitchen sideboard walnut

洗濯機の左横のスペースは元々あった給水・配水管を隠すスペースに。上に引出しを付けたことで細々した洗濯機周りの小物を入れられるようになりました。

laundry kitchen sideboard walnut water

水道は「便利だから残したいけど、深くて水はねが激しくて・・・。」ということで、家具に合わせてシャープでシンプルなデザインの水栓とボウルをご提案!水はねを抑えるために浅めのボウルを選んでいます。

ボウルの乗った天板と高さを合わせてドアの前にも上に物を置いたり作業が出来るスペースを作りました。玄関ポーチに繋がる後ろのドアを使う際はこちらの天板を取り外すことで、間を通り出入りができるようになっています。

laundry kitchen sideboard walnut green tile

また、ドア前の段差を無くすために置く板を制作しお届け。フラットになった所にゴミ箱を置くので、ゴミを出す時に足元を気にしたり外に出す際一度持ち上げる必要がなくなりました。

壁には「緑のタイルを貼りたいんですけど、どうですかね?」とT様からお話があり、「かっこよくなると思います!こういうのはいかがですか?」と、いくつかサンプルをご用意した中からお選び頂いたお気に入りのタイルを貼りました^^ 少し深めのグリーンが床やウォールナットとの相性が良く、素敵です。

laundry reform wall cloth light

こちらのお部屋もキッチンと一緒にクロス張替え・電気工事を行いました!一日掛かりの作業でしたがT様の理想通りの空間が出来て、私達も嬉しいです^^

元々収納が少なく普段から使う小物を足元に置くしかなかったT様邸のトイレも3rdでリフォームしスッキリとした空間になりました!

bathroom washroom reform strage walnut door

bathroom washroom reform strage walnut door

細々したものを隠して置けるようにしたいというご要望があり、手洗台が付いている壁の凹みぴったりサイズの収納をお作りしました。扉付きの収納スペースを増やすことでトイレ周りの掃除道具やトイレットペーパ、消臭剤などをまとめて入れられるようになりました!

bathroom washroom reform strage walnut door

元々あった、天袋収納は手洗台下の収納に合わせてウォールナットで作った扉に付け替えています。
どちらも木目が通っていて、きれいですね^^

洗面台は、東戸塚店の手洗台を見て「こんな感じになったらかっこいいなあ。」とお話を頂きプランを作成。

※東戸塚店の手洗台↓

bathroom washroom higashitotsuka 3rd ordermade

壁に大きな鏡を貼り、空間が広く見えるよう工夫しています。
横には飾り棚を付けているので季節の小物を置いたりしても良いですね。

bathroom washroom reform strage walnut door

壁のタイルは元々洗濯機置き場の壁に貼ったグリーンのタイルを貼る予定でした。しかしお打ち合わせを重ねていくうちに「キッチンと一緒じゃなくて、こっちのタイルもいいかも!」と、グレーのタイルを気に入っていただき、こちらを貼ることに。色の濃淡と大きさの違うタイルが可愛らしく、良いアクセントになっていますね。

タオル掛け、ペーパーホルダー、水栓とボウルもシンプルな家具に合うデザインのものをご提案!

bathroom washroom reform strage walnut door

まるでお店やリゾートホテルのパウダールームの様な素敵な空間が自宅の中に完成しました!

T様邸のご紹介は次で最後!寝室や廊下などの家具お届けをご紹介いたします。

【特注収納扉】
【特注洗濯機収納_W1515×D550/660×H870/750】
【洗濯機上収納_W925×D350×H785】
【特注洗面台収納_W930×D290×H690】

line1_1

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2019.10.24

一緒に過ごす空間を心地よい場所に

walnut tradition diningtable

こだわって作った3つのダイニングテーブルをご紹介します!
ダイニングはご家族皆様で時間を過ごす空間になるので心地よい場所としてより長く過ごせる様作っていきたいスペースですね^^

まずご紹介するのはお店の木の雰囲気をお気に入りくださり、ご要望に合わせ新規製作をしたS様のテーブルです。
テーブルの買い替えを考えていましたので、展示のテーブルを見ていただいたところTRADITION EXをお選びいただきました!

walnut tradition diningtable

TRADITION EXは北米産の丸太を日本で製材し、耳を残したまま板にしています。自然の表情なのでひとつひとつ耳の角度が違ったり、心材と辺材の割合が違ったりと唯一無二の表情をお楽しみいただけます。

「心材(赤身)」は木の芯側の色の濃い赤っぽい部分のことをいい、「辺材(白太)」は木の皮側の色の薄い白っぽい部分をいいます。心材と辺材であまり色味の差がでない樹種もございます。ウォールナットは色の差が濃くでるのでそこをお気に入りいただくことも多い樹種です^^

一枚一枚違う表情を見せてくれる無垢材の板ですのでたまプラーザ店とヨツバコ店は店内にサイズ別で数枚板を展示しております。その中からお好みの板を選んでいただくことが多いのですが、今回はS様のご要望に合わせ新しく板を製作しました♪
自社で木工の工房を持っているので板もオーダーして製作することができます。耳・木目・色味等の木の表情は自然のものなので完全にイメージを再現することはかなり難しいですが、、、長年木を扱ってきた職人にお任せいただきお客様のご要望にできるだけ合わせ製作をします!
今回S様のご要望でTRADITION EXの特徴である『節あり』『天板厚30㎜』をそのままに、ウォールナットの色味を『濃い目』で職人に依頼をし製作をすることになりました!

walnut tradition diningtable

板が決まったところで脚を決めていきます。シンプルな形がお好きとの事で、幕板なしの70角脚に決定!
幕板は通常天板と脚を固定する役割を持っていますが、幕板をつけると足周りが狭くなってしまったり、アームチェアが収まらなくなったりしてしまうことがあります。足周りをすっきりさせようと幕板を内側につけると脚も一緒に内側に入ってしまうので今度は座るスペースが狭くなってしまうんです。そこで、3rdでは幕板なしのダイニングテーブルを製作できるよう『レッグジョイント』という六角レンチで取り外しのできる金物を使用します。
レッグジョイントは幕板に関係なく脚を固定することができるので変形型のテーブルや、内寸を広く取りたいテーブルに最適です!

walnut tradition diningtable

濃い目のウォールナットの雰囲気はいかがでしたでしょうか?
インテリアに関する事何かございます際は是非ご相談下さい^^
S様ありがとうございました!

【TRADITION EX Dining Table_W1600×D900×H700】

line2_2

walnut tradition bookmatch diningtable

次にご紹介するのは先程と同じTRADITIONの板ではありますが、ブックマッチという特徴的なはぎ方をしているダイニングテーブルです!

以前にもチェアや、小物をご購入してくださっているT様。今回はダイニングテーブルを買い替えたいとご来店下さいました^^
現在お使いのテーブルやについてお伺いするとW2000mm以上あり大きめとの事でした。テーブルの大きさはあまり変える予定はないということで近いサイズの板を見比べていただきました。一枚板が気になっているとのことで店内の板をご案内させていただきましたがあまりピンとは来ていないご様子。ハギ板もご案内させていただいたところ、ブックマッチの板をお気に入りくださいました!

ブックマッチは本を開いて対称に合わせるように接ぐので木目が左右対称になり、真ん中からたけのこ杢が広がる一枚板とはまた違った美しい木目に仕上がります。また今回はほぼ垂直なので分かりづらいですが、耳の向きも対称になるのが特徴です。ブックマッチは一枚ものと同様に珍しい板なのでまさに出会いですね♪

walnut tradition bookmatch diningtable

お気に入りいただいたウォールナットはお部屋の雰囲気、お持ちの家具との相性もばっちりです!
あまり重たい印象にしたくないとのことで脚を細くすることをご希望でしたが、強度の面を考慮し天板との接地面の大きさはそのままに床に向けて絞った丸脚デザインに決定。これで特別な木目の天板に、印象が重くなりすぎないテーブルができました!
3rdではお客様の理想をかたちにできるよう受注生産のオーダーメイドで製作をしていますが、「家具の永年使用」をコンセプトにしておりますので強度に関わるデザインについてはご相談をさせていただきながらイメージに合わせて設計させていただいています。

walnut tradition bookmatch diningtable

T様板としてご覧いただいた印象と、実際にテーブルになった印象はいかがでしょうか?
黒やグレー調のお部屋とウォールナットがマッチして素敵な空間に仕上がりましたね!
またお近くにお越しの際はお店に遊びにいらしてくださいませ^^

【TRADITION Dining Table_W1930×D1230×H730】

line1_2

walnut roudn diningtable

最後はラウンドテーブルを変形で製作したN様のテーブルのご紹介です!
お引越しに向け新しいダイニングテーブルをお探しだったN様。他の家具屋さんも見て回っているとのことで、3rdの製作方法をお話しさせていただきました。

3rdは長く使用できるいい素材を丁寧な日本技で作ることを大事にしています。素材は北米産の広葉樹を使用する事が多く、丸太で仕入れたのち日本で製材・乾燥をしています。木は製材をしても生きているので家具として一定のかたちを保つには「乾燥」がとても大切になります。乾燥は天然乾燥と人口乾燥がありますが、3rdが使用する木材はどちらも行っています。天然乾燥→人口乾燥→天然乾燥と板の含水率を確認しながら日本の環境に馴染ませます。
それから世界のどの国と比べてもより丁寧で高度の技術をもった日本の職人に加工を施してもらいます。かたちの精密さ、表面の仕上げはもちろん、角の加工等細かな所まで丁寧に製作をすることで、使っていて心地の良い家具が完成します^^また、3rdのテーブルは横浜市旭区にある自社工房で職人が製作をしているので職人とお話しをしたり、都合が合えば実際に製作を見れるのが面白いところです♪近くに自社工房があるので無垢材のアフターメンテナンスもお任せください!

工房と職人の写真です↓

話しを聞き3rdに興味を持ってくださったN様がお引越し先のお部屋について話してくださりました。
普段あまりダイニングで過ごすことはないので大きくなく家族3人でゆったり使え、お客様がいらっしゃったときは4人で囲める大きさとのご要望。
お部屋を決める際にモデルルームで見たかたちが理想とのことでそれに近いかたちで大きさをN様のご自宅に合わせ設計しました!

walnut round diningtable

丁度お店の展示にハーフラウンドテーブルがあったのでそれで大きさを疑似体験していただきながら確認してもらいました。普段ラウンドテーブルは座るスペースと一緒にテーブルを囲む方との距離感を考えΦ1050mmでおすすめをすることが多いのですが、今回ご要望頂いたかたちはラウンドを欠いたかたちであった為どれぐらいカットするか、天板の大きさはどれくらいにするかを調整します。

カットした面は普段壁につけるが人が来た時には座れるようにとのことでしたので、脚と脚の巾600mmは確保することを前提にしました。4本脚の全方面W600mm以上確保でき、天板の一人一人の有効寸法をD400~500mm確保できるあまり大きくなりすぎないサイズとして店内でご確認頂いた結果、Φ1250mmの一面125mmカットに決定!

walnut round diningtable

展示のハーフラウンドテーブルと同じように面取りをし、丸の絞り脚で製作をしました♪
Φ1250mmは少し大きめではありますが、面取りをし脚を絞っていることで圧迫感なくお部屋に馴染んでいます^^
椅子との相性もばっちりですね!!

walnut round diningtable

N様ありがとうございました!
その後テーブルの使い心地はいかがでしょうか?
何か御座います際は何なりとお申し付けくださいませ。

【変形テーブル_W1250×D1000×H700】

INFORMATION
10/19~10/31の期間、イベントを行っております。
気になる家具がございましたら、数に限りがございますのでお早めにお越し下さい!

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2019.06.20

理想を形にするオーダー家具

sideboard walnut

今回はS様のお宅にお届けしたサイドボードをご紹介。

ネット検索で3rdを知って頂き、カタログ請求をしてくださっていたS様。「以前3rdのブログで見たサイドボードを気に入っていて、うちに合う仕様で作っていただきたいんです!」と、たまプラーザ店へご来店くださいました。

3rdでお作りする収納家具はサイズや見た目だけでなく、何を入れたいかどこに置きたいかなどをお聞きし、棚の数や扉の形まで一緒に考えていけるフルオーダーの収納家具なので、決まった形がありません。S様のように過去のブログや、昔見たあんな家具が欲しいというイメージからお作りすることができます!

sideboard walnut

S様のご自宅はウォールナットで統一しているため、ウォールナットで作りたいとのご希望。この日S様がお持ちくださっていたお図面を見ながら、お部屋の状況、片づけしたいものなど詳しくお伺いしました。

ダイニングに置くサイドボードは、何を入れるかはっきりとは決まっていないとのことでしたので、お好きな棚の高さに変えられるフレキシブルな仕様をご提案。

存在感のある大きさなので、全て木にすると重くなってしまいますが、ガラス扉にすることで軽い印象になりました。さらに、扉を木目が縦に流れるようにお作りしたのですらりとした印象を与えてくれます。ガラス扉がウォールナットで統一されているお部屋のアクセントになりますね!

sideboard walnut

さらに、「キッチン周りもまとまらなくて困っているんです」とS様。お図面を見てみるとキッチン横の通路が広めだったので、「ここに収納を置いてみてはどうですか?」とご提案。

上は浅めの引出しで、ついつい散らかってしまいがちなカトラリーをたっぷり収納できます。下は開き戸ではなく引戸にすることで、扉の開き幅をとらずに済むため通路を塞ぐことなく物の出し入れができます!
お図面で確認した寸法を、後日ご自宅に伺って最終確認し、ぴったり収まるようにお作りしてお届け。

それぞれ使い方に合わせた収納を新たにお作りする事で、お部屋の収納力がアップしました!
どちらも自由に棚の高さを変えられるので、楽しく収納ができますね!

S様、リビング・キッチンのサイドボードの使い心地はいかがですか?
お住まいで何かありましたらいつでもご相談にいらしてくださいね!
この度はありがとうございました^^

【特注REGARD SB_W1600×D400×H850】
【特注sideboard_W950×D400×H850】


CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2019.06.18

探し求めていたラウンドテーブル

round_table_ork_ordermade白木で、かつ引き出しのあるテーブルを作りたいと考えていたH様、インターネットで「ラウンドテーブル」を検索していた所、3rdブログ「H様 引き出し付き丸テーブルお届け」を見つけて頂き「まさにこのデザインで欲しい!」と東戸塚店にご来店下さいました!
「今、使用しているダイニングチェアがオークなので、オークで製作出来ますか?」とご相談頂きました。もちろん、3rdではオークでもテーブルを製作しております!
3rdのブログで見た引出付きのラウンドテーブルとデザインは同じで2人で使用する事、置く場所のスペースから予めテーブルサイズ直径1100mm位がいいと完成イメージが明確にあったので、よりH様のイメージに近付けるべくお話しを伺っていきます。
round_table_ork_ordermade「ワークデスクとしても使いたいので引き出しにはA4サイズの書類を入れたいんです」とのご要望で引き出しの内寸は横幅390mm×奥行359.2~404mmとA4サイズの書類を平置きの状態で縦でも横でも入れられるようデザインしました。こうする事で、ファイルに綴じた書類を収納する事も出来ます!
引出は両サイドに設置しているので、2人仲良く向かい合って作業する事が出来ますね!また座った時に足を圧迫せず、椅子から立ち上がる際に足に当たらないよう引出の深さは幕板の高さに収まるようにしています。

round_table_ork_ordermaderound_table_ork_ordermadeお持ちのダイニングチェアの横幅がテーブル脚の間に収まるよう、テーブル脚の位置も調整しました!また丸い脚の付け根はΦ70から始まり、足元はΦ40と絞りを入れる事によって、すっきりとした印象に仕上がっています。
ワークデスクとしての機能性と引き出し前板に曲線を持たせ幕板に収める事でダイニングテーブルとしてのデザイン性の両立を意識して設計しました。H様にも気に入って頂けて嬉しいです!
これまでにお届けしたことのあるテーブルのデザインを参考にしつつ、引き出しを付けたい、テーブル脚の付け位置を微調整したい等、テーブル一つにも自分なりのカスタマイズが出来るのがオーダー家具の魅力の一つでもあります!

round_table_ork_ordermade具体的にお話が進む中、自宅にテーブルを置いた際、椅子に座った状態で引き出しを引き出せるスペースが本当にあるのか心配されていたH様。折角イメージ通りのテーブルが届いても使用出来なければ、意味がありません。
お部屋のお図面やお写真を拝見しながら、テーブルの置き場所、引き出しが引ける椅子の配置を確認させて頂き、実際に店頭で引き出しに見立てたファイルをテーブルに配置して引き出しを開けた時の椅子の引き幅やその時のカウンターまでの距離をメジャーで測りつつカウンターに見立てた棚でお部屋に置いた時にどうなるかを疑似体験して貰いました。「これなら大丈夫!安心しました!」と安堵したH様。

そして、思い描いていた理想のテーブルのお届けです!オークで揃えた家具や白い壁にとてもマッチしたダイニングテーブル兼ワークデスクに仕上がりました。
探し求めていたテーブルでの作業も、食事も、格別かと思います!心行くまでご堪能下さいませ!

【特注Round Table_Φ1100×H700】


CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。