オーダー家具の3rd -your life style shop-
2019.08.03

理想を詰め込んだ、ぴったりサイズのカウンター下収納

walnut storage under-counter

3rdのホームページを見てくださったH様。「もう何年も前からキッチンのカウンター下に収納が欲しいと思っているんだけど、なかなか丁度良いサイズのものがなくて・・・。」とたまプラーザ店にてご相談頂きました。既製品にないサイズやデザインで家具をお作りできることが、オーダー家具の醍醐味ですので早速お部屋の広さや収納したいものなどをお伺いしおおまかな仕様を考えていきます。

walnut strage under-counter

「下の収納部分は整理したものを隠せるよう引き戸で作って、上は筆記用具などの細かい物を入れられるよう引出しにしましょう!」とH様のご要望をまとめて図を書きながらご提案させていただいたところ、「なんだかイメージが沸いてきました!」と喜んでいただけました!しかしお話の中で、カウンター下に作り付けの棚があり、その中にコンセントやネット回線の差し口があることが判明。詳細はご自宅にお伺いさせて頂き、決めていくことに。

walnut storage under-counter

この日一度お帰りになったH様は、その日のうちに設置場所のサイズを測ってご連絡をくださりました!ありがとうございます!
後日、頂いたサイズで作成した図面を持ってお伺いし、再度細かく設置場所をみていきます。既存の棚を調べると、作り付けのためこの部分に床が無く壁のクロスも張られていませんでした。このまま収納を収めてしまうと、床の厚みに差が出てしまっているので家具が水平に収められません・・・。

walnut storage under-counter

しかしここは3rdの職人の腕の見せ所!既存の家具を取り外し、新しく作る収納家具の水平を取るために床の無い部分の厚さ24mmのベニヤを家具の底入れ、更に細かく調整するため台輪部分に金物を入れていきます。
また、床と壁が無い部分も家具ですっぽりと隠せるよう、家具のサイズを3mm調整しました。

walnut storage under-counter

家具の背板に欠き込みを入れ、コンセントカバーを再度取付けることでルーターなどの電源も家具背面へと移設しています。こちらも扉で中が見えないように隠したいというご要望でしたが電波が少しでも飛ぶように、扉は全て塞がず欠き込みをいれ手掛けを作りました。

walnut storage under-counter

引き戸も木目がきれいに通るよう製作し無垢材で手掛けを作っているので、使っていくうちにどんどん良い味の出る家具に育っていきますよ♪
収納のお部屋側はカウンターに合わせてアールを作り、ちょっとしたものを飾って収納できるようオープンにしています。

walnut storage under-counter

H様、収納を実際に使ってみていかがでしょうか?また何かお手伝い出来そうなことがございましたら、いつでもご相談お待ちしております!

【特注カウンター下収納_W2200×D298×H940】

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2019.01.22

お部屋の雰囲気を明かりで変えてみませんか。

Lighting Rail

今回は照明とブラインドのお届け事例をご紹介させて頂きます。

ダイニングセットのご注文の際に「ダイニングの照明位置がテーブルと合わないのだけど良い方法はありませんか」とご相談を頂いたS様。「テーブルと照明の位置が合わないとせっかく雰囲気のある照明ももったいないですよね、それでしたら・・」とご案内したのがこちらのライティングダクトレールです。

Lighting Rail

電気工事なしで簡易的に取り付けることができます。45度の回転調整とレール自体もスライドによる位置調整が可能なのでお好みの位置で照明を下げることができます。これで模様替えの際にダイニングテーブルの位置を変えられますね^^

S様ありがとうございました!

line2_1

light floor lempe gras no215

続いてはLAMPE GRASをお届けしたT様のご紹介です。こちらは1886年にベルナールアルビングラというフランスの建築家がデザインした照明です。基本構造にネジを一切使用しない独自の構造で特にアームの根本部分はボールジョイントになっていて86度可動調整できるのでお好きな位置を照らすことができます。

light floor lempe gras no215

元々アトリエやオフィス向けにデザインされているので主張しすぎないシンプルで良い雰囲気を出してくれますね。フレームはスチールで出来ているので強度も安定性もバッチリです。

T様ありがとうございました!

line2_1

blind JBS western red cedar

続いてはウッドブラインドをお届けしたM様のご紹介です。
カナダのウエスタンレッドシダーと呼ばれる木材を使用しています。優れた断熱性と吸音性を持っているのでブラインドにピッタリの材料です。また、この木材にはフィトンチッドと呼ばれる成分が含まれていてそれが独特の甘い香りを放ち、癒しや安らぎ効果もあると言われています。

blind JBS western red cedar

落ち着いた木目と安らぎ効果で視覚、嗅覚で楽しんで頂けます^^外から差す光りが木漏れ日のようで気持ち良さそうですね。M様ありがとうございました!

照明、ブラインドのご紹介させて頂きました!いかがでしたか?

【Lighting Rall_W1055×D33×H68】
【Lampe Gras no.215_Arm730×ROD200×STANDBAR1350×BASEΦ320】
【Timber Venetian Blind_W1590×H1600】

line2_1

WANTED
3rdではショップスタッフ、設計デザインスタッフを募集しています。インテリアや家具デザインに興味のある方は是非お問い合わせください。
また工房スタッフ(家具職人)も合わせて募集しております。

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2017.10.08

O邸 逆回転時計 お届け

たまプラーザ店の上にあるお教室に、お子様が通われていた事がご縁でご来店下さった青葉区にお住まいのO様。
「実は、鏡越しに時計が見られるように、逆回転の時計をずっと前から探しているんですが、そういった物を作ることは出来ますか?」とご相談いただきました。
まず、逆回転の時計を作る為重要なのは、ムーブメントが逆回転する事。そのムーブメントさえご用意できれば可能なのでお探ししてみたところ、無事見つかりました!
早速、「逆回転ムーブメントご用意出来そうですので、お作りできますよ!」と、お応えしたところ、
「是非作っていただきたいです! ずっと探していたんですが、なかなか見つからなかったんです!」と、期待のお言葉をいただきました。

  【 時計のベースとなったのは、こちらの工場長デザインの一枚板を加工した3rdオリジナルの時計。】

お作りするにあたり、何かご要望・リクエストなどがあればと、お伺いしたところ、まず、お子様が見やすいと言う事と、設置したい場所が洗面所の壁の上の方の予定で、取り付けされているダウンライトの明かりでは少々明るさが足りないとの事。

ならばと、時刻がはっきりと分かりやすいように、文字盤と数字の色の明度コントラストに差を付ける事にしました。文字盤の素材はウォールナット、数字は明るいお色のタモで製作。数字の大きさも見やすくするため少し大きめにお作りしました。

せっかくお願いするのなら、納得いくものを作りたいんです!とO様。
最終的にデザイン含め、本当にこれで良いのかを見て確認してほしいとご要望頂いたので、直接お届けし設置も完了!
洗面所の鏡の前の壁に、天井に近い位置での設置でしたが、鏡越しにはっきりと数字も映りイイ感じに!

O様、ご家族の朝のお仕度から、夜のお休み前までお役に立てていますでしょうか?
また、何かありましたらご相談くださいね!

WANTED
3rdではショップスタッフ、設計デザインスタッフを募集しています。インテリアや家具デザインに興味のある方は是非お問い合わせください。
また工房スタッフ(家具職人)も合わせて募集しております。

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2015.01.08

I邸 STOOL お届け

001
以前、半円テーブルADチェア、チェストお届けさせて頂いたIさま。
(当時のblogがこちら)

今回は前々から気に入って頂いていたORBIS(オルビス)というスツールをご注文いただきました。
ORBISは奥行きが小さいので、玄関に置いたり、来客時のサブの腰掛けにしたりと
いろいろな使い方が出来るコンパクトなスツールです。

製作にしばらく時間がかかってしまい完成次第お持ちしますと言って約1ヶ月。。。。
ほんとにお待たせしちゃってもうしわけありませんでした。。
やっぱいいですね〜かわいい〜!とご満足の様子でした。ありがたや(´ω`)
002ご自宅をリフォームしていてとてもよい雰囲気になっていました。
現在、小さいサイドテーブルもご提案中です。

こうやって長い間お客様とおつきあいできるのもオーダー家具屋の楽しみの一つですね。
Iさま、今後ともよろしくお願いいたします!
ありがとうございました!

たまプラーザ店

2014.10.11

F邸 ダイニングチェア・テレビボードetc… お届け

141003_01

3rdのホームページを見てご来店いただいたF様。

ご自宅のお引越〜リフォームを機に、家具の買い替えをご検討中でした。
早速お話を伺うと、ご主人は新居へ向けて色々とお勉強をされていました。

当時お住まいのご自宅は、ご自身が思うように手を入れられなかったというF様。
今回はそのお部屋を売って、お引越され、同時にリフォームをするので、
住んでいく自分の城として色々とこだわりたいとのこと。

141003_02

そうであればと、3rdでは、トータルのレイアウトからご相談に乗っていることをお伝えすると、

「それはいいですね!その相談ができるなら、改めて家の資料をもって来ます。」

と次回、お打ち合わせのお約束をしたのでした。
お話をした帰り際、

「それから、手持ちの一枚板で脚をつくってもらう事は可能ですか?
3rdさんの家具の仕上がりの感じが気に入ったので、可能ならお願いしたいです。」

とF様。

「ありがとうございます。ただ、本来、お手持ちの一枚板に加工は、
あまりやらないんです。というのも、世界に1枚だけの板を
お預かりして、万が一なにか起きた場合に同じ物を。という事が
できないからです。そのリスクを考慮していただけるのであれば
製作は可能なのですが。」

というお話をしたところ、それをふまえた上でご注文頂けるということでしたので
丁重にお預かりすることとなりました。

次のご来店時、板のお写真や、お部屋の図面を頂いて打ち合わせをしました。

F様のお手持ちの板は、2850mmあるチークの立派な一枚板でした。

141003_03

この板をどう加工するのか、テーブルサイズも脚の形状もレイアウトが決まらない事には、決まらない。。
という事で、レイアウトのお話から始まりました。

当初、F様の中で、ある程度レイアウトのイメージは、固まっていたのですが、
生活のスタイルや、購入予定の家具の話を伺いながら、3rd,の今までの経験をふまえて
レイアウトのおすすめをご提案させていただくと、

「思ったよりも部屋をゆったり使えるんですね!」

と、その提案をとても気に入っていただけました。

お打ち合わせの結果、テーブルは2mで製作することに。
脚は、T字脚。 座卓にも変更可能なフレキシブルな脚です。

「あとは、板の残りの部分をどうするかですね。」

とお話しすると、

「実は私、もう思っている物がありまして、、ベンチにしたいんです。」

とF様。

「なるほど。それであれば、実際に板をみて打ち合わせしましょう。」

ということで、工房へ板を搬入し、後日、テーブルの脚と、ベンチ形状についてを
工房で板を見ながら、決定しました。

ベンチ以外の椅子は、奥様が雰囲気をとても気に入っていたコードチェアに決定。
ペーパーコードで編まれた座面が、優しい風合いです。
チークとウォルナットで出来た、雰囲気のあるダイニングセットとなりました。

【Dining table / w2000 d800 h700・350 / 天板:teak 脚:walnut】

141003_04

141003_06

テーブルが決まると、お部屋全体のレイアウトが鮮明に見えてきます。

「TVボードを置くなら、どんな感じですかね?」

というF様に、お店の展示のTVボードををご提案すると

「うちに入るなら、これいいなあ。。。」

と、とても気に入っていただきました。
納品したTVボードがこちら。
壁一面ウォルナットの板になるのでとっても高級感がでますが、
デザインはとってもシンプルなのでお部屋に圧迫感を与えません。
F様のご自宅に合うよう、少し加工し直し、
リフォームも、計画的にこの壁にはスイッチ棟を配置しないようにして。。

141003_15

キレイに納まりました!!

【wall storage / w2200 d550 h2170 / walnut】
141003_07

その後も、ご自宅のリフォームが進む中、

「3rdさんならここどうします?」

と、ご相談で度々ご連絡をいただきました。
熱心にご自宅のことを考えているF様。
オーダー家具屋として冥利に尽きるとはまさにこのこと。
こちらも非常に楽しみに、いつもお話しておりました。

ある日、お店の看板を見たF様。

141003_12

「表札はこんな感じがいいんですが、お願いできます?」

とのご要望を頂き、表札も製作いたしました〜!

141003_14

その表札の下に、ご自身で製作された素敵な傘立ても出来ていました!
これは、店頭で売っている、家具の端材でF様ご家族がつくったものです。

141003_13

141003_09

リビングテーブルは、以前にお店で見ていた物が気になる。
という事で、タイルが印象的な、HUSHテーブルをお届けしました。
【hush table / w905 d480 h400 / walnut・tile】

141003_10

お引越の日は、スタッフもわくわくと現場へ向かいました。

出迎えてくれた奥様が

「主人も午後には一旦戻ってきます。気になって仕方ないみたいで。」

と笑顔でおっしゃっていた通り、午後にはご主人も駆けつけて、
こだわりを楽しそうにお話されながら、作業を見守っていたのが印象的でした。

141003_11

141003_05

作業が終了して帰る時、

「本当にあの時出会えてよかったです。ありがとうございました。」

と嬉しいお言葉をいただきました。

私達は、3rdの家具を納品させて頂いたこの時からお付き合いが始まると考えて
おります。なにかありましたら、お気軽にご相談くださいね。
F様、ありがとうございました。

たまプラーザ店