オーダー家具の3rd -your life style shop-
2021.05.14

快適な在宅ワークを目指して

在宅ワークが増えたことを機に、デスク周りを快適に、且つ機能的に使いたいとご来店くださるお客様が増えています。
以前ヤコブセンのベルビューフロアランプをご購入頂いたY様も、今回書斎を改造したいとご相談に来店くださいました。
デスク、ファイルその他細々した物全てを収納でき、一日の大変を快適に過ごせるようなシステムデスク。
ご要望をお伺いしながらプラン作りを進めます。

設置前のご自宅へ取付位置、壁芯の位置など確認にお伺いさせて頂きました。
設置壁向かって右側の壁に造作の棚がある為、取付け面の壁全部を使わずホビーワゴンがピタリと入る寸法の空間を設けます。その完成イメージがこちら↓(下図)(ワゴンの仕様変更有り)

下の図は家具裏面から見たコンセント、照明配線ルートの指示図です。
吊り棚に取り付けたLEDライン照明の電源は、左側コンセントから壁の隅をモールを使ってあげていることがわかる図となっています。


余分な配線をなくし明るさも得られたスッキリとした空間。

下の写真は組立作業風景。搬入経路を考慮し分割しています。

吊り戸棚の奥行きは350mmとしファイルや本などを収納します。また向かって左にはオーディオを置けるようコンセントを設置しました。壁にある元のコンセントはデスク側板に移設しています。

永く使って頂けるよう、引き出し内部は桐無垢材となっています。桐は古くより大事なものを仕舞うのに重宝され、カビの発生を抑制してくれます。また、引出しの開け閉めにかかるストレスの軽減にスライドレールを入れました。

天板は無垢材ですが、万が一反りや割れなどが生じた際、天板のみ取り外しメンテナンスできるよう後乗せの仕様になっています。
天板上面には2人並んで作業できる用にコンセントを設置し、下段引出しはファイルが背上で入る寸法に。
こちらのシステムデスクは吊り棚、デスク共にワイド2.5mと幅広の為、横に2分割して製作していますが、一体感を出すため無垢天板の木目を繋げた加工を施しています。
また、吊り棚にすることにより圧迫感なくスッキリした印象となりました。

在宅ワークで使用する周辺機器、書類、その他細々したもの全てを快適に使いこなせるよう、細かなところに配慮したシステムデスクが完成です。

オーディオから流れる音色、仕事に集中できる機能的なシステムデスク。ストレスのない快適なY様の在宅ワーク生活となれば幸いです。
今回もありがとうございました。

吊戸棚 w.2500 d.350 h.550
デスク w.2500 d.600 h.735

2021.02.05

壁を生かした理想のワークスペース


新しくマンションをご購入し、ご来店頂いたTさま。ご入居予定の約2年前にご来店頂き時間をかけてお打ち合わせをしていきました。漠然としたイメージはあるが部屋のレイアウト、家具や照明など、どうすれば良いか分からないとご相談を頂きました。ご家構成やインテリアのお好み、どのように暮らしたいかなどなどヒアリングし、まずは大まかな家具のレイアウトを考えていきました。
リビングダイニングは壁を無くし広い空間に変更されていたので、抜けた空間を壊さないよう空間と家具のボリュームとバランスを気を付けながら考えました。お客様のご要望を踏まえながら少しずつ修正を加えていき大凡のレイアウトが決まったところで家具のデザインをしていきます。

当時からご自宅をお仕事をする時間が多いのでメインはワークスペース。PCやOA機器も多いのでキッチン側の壁一面を使い機能性、収納力、デザイン性を考え設計しました。PC以外に執筆作業も考慮し天板面を幅2m、奥行き60cmと広く取っています。


下部の右収納は上段が大型のプリンター、下段がA4用紙の在庫を収納。共に操作や取り出しがしやすいようにスライドトレーを入れています。プリンター収納の扉は上びらきの水平収納扉とし閉めているときはプリンターが隠れます。扉を開けた時も邪魔になりません。中段はモニターの大きさや圧迫感を考慮しH.70cm。こちらも広めに取っています。上部にテープLEDを設置しデスクを全体的に照らしてくれます。
今回は使用する機器が多かったので家具にはあえてコンセントはつけずOAタップで電源を取っていただくようにしています。家具の天板や内部に沢山の家具コンセントを付けてしまうと美しくない事、配線の自由度が無くなる為です。その代わりに下台収納部分、デスク天板に関しては配線が自由に通るように設計しています。

家具の分解図です。搬入経路を考慮し細かく分割していますが、組み上がった時は一体感が出るように合わさる板がダブルに見えないように設計しています。中段はノックダウン式(板物で製作、組立式)としています。毎度のことですがなるべく余分な線が見えないように気を付けています。

取付風景(終盤のフィラー中)。壁の梁が多く奥行きの調整やフィラー作業(隙間埋)に時間がかかってしまい、お客様にご迷惑をおかけしてしまいましたが、”間近で職人の技を見れて楽しかったですよ”と仰って頂き救われました!

パース図です。設計する際に少し悩むのが背面の配線ルート。無駄なくなるべく最小限のコード長さで収まるように考えます。照明は上段と中段で別系統になりますのでスイッチやトランス(変圧器)の位置を使い勝手やゆくゆくのメンテナンスも考慮して決めていきます。

後日ご注文頂いたソファもお届けいたしました。もともとSOFA SHAPEをカウチ+2pワンアームでご提案していましたが、そこまで大きくなくて良い+模様替えするかも、との事で幅2mのワンアーム、高さ+40mmの特注仕様で製作しました。幅はソファの周りを回遊できる導線を考慮し2m、座面高さは低いと立ち座りが。。。との事でお店で実際に高さを調整しお客様が最適な4cm上げとなりました。念の為、低くする事(通常の座面高)が出来るような仕様になっています。生地は展示品の質感を気に入って頂き同じものに。光に具合や見る方向により表情が変わる面白い生地で、ふわっさらっとした質感もとても良いです。SHAPEワンアームは個人的に座り心地、デザイン共におすすめです!

今回マンションのオプションの打ち合わせにも同席し家具に合わせコンセント位置、ダウンライト位置のご提案をしました。全体的に適度な明るさをご要望でしたのでダウンライト多めで、落ち着きたい時は間接照明で調整できるように考えています。コンセント位置は家具の仕様や置き方を決めそれに合わせ追加して頂いたので配線ルートを綺麗にまとめることができました。

お客様にはお打ち合わせから取付まで長い時間お付き合い頂きました。ご一緒に考えた理想の家具が完成したと思います。誠にありがとうございました!
また、設計側からすると今回は梁の多さや搬入経路など心配事もありましたが無事綺麗に収まり、毎度のことですが工場の職人には感謝です。

お客様によっては在宅にてお仕事をする時間が長くなった方も多いと思います。快適な理想のワークスペースをご提案&製作いたします。

2020.08.25

生活の変化に合わせて家具をリメイク

久しぶりの投稿になってしましました!今回は家具のリメイクです。
テレワークが多くなり、持っているリビングテーブルをデスクにしたいとご連絡をいただきました。大凡のお値段をお伝えし現状を見せて頂くことに。

長年使われておりましたがとても綺麗なウォールナットの無垢材のテーブル。幕板付きの脚を新規で製作し天板をのせる仕様に。小ぶりな天板なので内寸をなるべく広く取るため外側に脚を設置し細くテーパーをつけすっきり見えるように設計しました。

空いているスペースにはテーブルの奥行き、高さと合わせたオープンの収納棚を製作。近くに間接照明を置かれていたので収納の台輪にコンセントつけました。扇風機や除湿器など季節家電も使え便利です。元々の仕上げがオイルだったので、デスク、収納共にオイル塗装にて仕上げてます。新規で作った収納とテーブルを並べるとウォールナットの経年変化の様子がよくわかります。家具コンセントのコードはご主人さまがモールを取り付けてくれるとの事でした!

このように生活に合わせてリメイクし使うこともできる事は無垢材の家具の良いところの1つだと思います。3rdでは他社さんの製品もリメイクしたり補修したりしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

line_03

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2020.04.30

壁打ちしない壁面収納

壁の段差を無くしフラットにしたい。TVを壁掛けにしスッキリしたい。
とのご要望でご来店いただいたO様ご夫婦。
当初のプランはリフォームをして壁を作ってしまうか、もしくはパネルを作って壁に固定するか
でもリフォームでそんなに大掛かりにはしたくないし、、、
さらに壁はコンクリートの共有壁の為、基本的に穴あけなどはNGのためパネルを固定するのも難しい状況。

そこで私たちは箱型の壁面収納を凹み部分にぴったり納める形でO様にはご提案させていただきました。

TVの収まる箱はかなり大きく配送時にエレベーターに乗るかギリギリのサイズでした。
その為、ノックダウン(組み立て)式にしご自宅で組上げる仕様しています。

TVを壁掛けにする際に気おつける点は配線ルートの確保です。
今回は箱型にするため背板の2つの開口から壁と背板の間に隠れるため配線が気になる事もないですね!!

背板は通常より厚く30mmにしてTVの重量に耐えられるようにしています。
配線も見えないのでとてもスッキリ!!
TVの高さはソファの背もたれより少し上にしてダイニングからも見れる位置に取付。

通常テレビボードの奥行きは450〜500mm欲しい所ですが凹みの浅い箇所で371mmの奥行きしか取れなかった為、デッキ類と収納付きの下代は奥行確保の為少し張り出しています。
それでも周りの奥行きは凹みに合わせている為、見た目はスッキリしている印象に。

デスクの引出下部にはお掃除ロボットの充電スペースを設けています。
こういった配慮はオーダー家具ならではだと思います。

家具をぴったりに納める場合は通常クリアランスをみて少し小さく作ります。
そして最後に隙間をフィラーで埋めて完成となります。

綺麗に収まりました!!
ワークスペースは旦那様、上部収納のガラス扉は奥様よりご要望いただきました。

O様にはとても喜んでいただけたご様子で一安心しました。
オーダー家具は、ご満足いただけましたでしょうか?
O様ありがとうございました!

【Wall Storage_w.3264×d.367/500/434×h.1935】

世の中はコロナ禍で大変な状況ですが、在宅ワークなどで自宅にいる時間が長くなるとお部屋の改善したい所や、こんな家具が欲しいなどメール、お電話でもお受けしております。まずはお気軽にご相談ください。
line_03
CATALOGアイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2019.12.08

収納たっぷり!理想を叶えるデスク。

desk workspace sideboard wagon walnut order

たまプラーザ店にお立ち寄り頂いたN様。「部屋に作業スペースと本棚が欲しくて、色々見て回ってるんです。」と店内をご覧頂きました。
「デスクに座りながらパソコン作業の合間にテレビを見たり、本を読んだりしたいんですよね。ちょっと軽食を取れたりするといいな!」と理想の暮らしのお話をお伺いしながらお部屋の間取りなど教えて頂き、「できればここの壁一面に作りたいんですけど、難しいですよね・・・?」とN様。
3rdはオーダー家具屋なので、お部屋の置きたい場所と入れたいものに合わせてサイズやデザインを決めて家具を作ることが得意です♪ その旨お伝えさせていただくと、「え?!ほんとですか?できればこういうのが良いなと思っているんですけど!」とお話が広がっていきました。

desk workspace sideboard wagon walnut order

一番のこだわりポイントは、お部屋の壁から壁までと、掃出し窓までのスペースも含めてL字の収納兼デスク。「本がものすごく沢山あるとのことでそれを入れたい」また、「置きたい場所が腰高窓の前なので、窓の下までの高さが良い」とご要望をお伺いしました。
引出しや棚、樹種など具体的なお話をした後、「壁にコンセントがあるのだけど、位置が分からない・・・」となったので一度資料を持ってご自宅に採寸しに行くことに。

desk workspace sideboard wagon walnut order

後日採寸にお伺いすると、腰高窓の下に照明のスイッチとコンセントがありました。足元のコンセントタップは家具の背板を開口して避け、家具を後ろの壁にぴったり付けられるよう製作していくので、コンセントの位置なども細かく測っていきます。

元々は窓までの高さでデスクを作りたいとご要望頂いていましたが、窓の下にある照明スイッチの使い勝手を考慮しデスクの高さを再度ご提案!椅子に座っての作業なので、N様ご夫婦のご身長と使いたい椅子の座面の高さに合わせ、H705mmで作っています。

また、正面右側にウォークインクローゼットがあるため壁~壁ではなく扉の開き幅分のスペースを取ることに。

desk workspace sideboard wagon walnut order

デスク天板のコンセントタップは、背板に穴を開けたところから電源を取り移設しています。また、窓の前にパソコンを置くのでネット関係の配線は天板に開口した穴からデスクの上へ持って行けるようにしました。
また、お部屋の角にテレビを置くため、こちらの配線も家具の背板の後ろを通しています。壁ピッタリに付いた家具の後ろで配線のやりとりをしているので埃がたまらずお部屋もすっきりしてみえますね。

desk workspace sideboard wagon walnut order

掃出し窓の横の収納はキャスター付きで、動かせるよう工夫することで、L字の角の部分がデッドスペースになってしまうというところを解消することができました。キャスター付きなのでデスクスペースの近くで使ったり、ちょっと上に物を置いたり、一番奥の収納部分を隠したり・・・。様々な用途でお使い頂けます♪
また、下に大きな書類、上には細々した文具などを入れられるよう引出しの高さを一つ一つ変えています。
デスクの収納棚は一つ一つ可動棚になっているので、入れる物によって高さを調整することも出来ます。

my garelly green bathroom

たまプラーザ店にいらっしゃた際、「こういうのいいね!」とご覧頂いていたマイギャラリーを洗面所に一緒にお届け。粗めの木枠の額縁に生きているグリーンが植えられているものです。
石膏ピンで取付けを行うのですが設置したい場所に直接打ち込めなかったので専用の背板を作りました!

壁に打ち付け、設置完了です。額の部分の取り外しが出来るので植物のお手入れも楽々です♪

my garelly green bathroom

N様、この度はありがとうございました!「2000冊以上ありそう・・・」と仰っていた本たちが綺麗に収まっていると嬉しいです。お近くにお越しの際はいつでも、また遊びにいらしてくださいませ♪

【System Desk_W3800×D450×H705】
【Wagon_W470×D470×H705】
【My Gallery M + 特注パネル_W500×D90×H500】

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。