オーダー家具の3rd -your life style shop-
2020.01.31

フレキシブルに楽しむリビングダイニング

今回は『sofa SHAPE』をお届けした2組のお客様をご紹介いたします。どちらも特注の仕様で作っているので生地や形によって変わる印象をご覧下さい♪

diningtable chair walnut

以前から3rdのお客様でいらっしゃるN様!たまプラーザ店の近くに引っ越して来るとのことでオーダーで家具を作りたいとご来店されました。
「以前作った机をリメイクして自宅のダイニングテーブルにできたらいいなと考えていて・・・。」と何度かご相談いただいていましたが、使い勝手を考え悩んだ末、大きいサイズの幅2000mmの無垢材の耳付きテーブルを新規でお作りすることに!脚は、向きを変えると座卓にもできる所を気に入っていただきFENEのT字脚に決定!座卓で使用時には、お子様3人いらっしゃるので一緒にお絵描きしたり、お勉強をしたり、お料理のお手伝いをしたり・・・また、来客で大人数で囲むときも椅子の数以上に人が座れるようになるのでとても便利に使うことができますよ!通常は30mm角の鉄でお作りしていますが少し太めの脚にしたいとのご希望で通常より10mm太い40mm角の特注サイズで製作しています。椅子はPepe chairを6脚。座面も広くゆったりとした座り心地!!部材が細く重量が軽いのでお子様でも楽に動かすことができます!

diningtable chair sofa walnut

話は膨らみ、ソファやTVボードも揃えたいと仰っていただきご自宅を採寸しプランニング!
模様替えをできるようにしたいという奥様のご要望から、リビングとダイニングを入れ替えたり色々なレイアウトができるようにご提案をさせて頂きました。

sofa walnut

sofa walnut

ソファはシンプルなフォルムと硬すぎず柔らかすぎない座り心地を気に入っていただきsofa SHAPEに決まりました!
継ぎ目のないワンシート型の座面は、どの位置でも自由に座ることができ、かつシャープな印象を与えます。全てのパーツが替えカバー式ですので、ドライクリーニングに出すことが可能なのは嬉しいポイント!また、季節によってカバーを変えることができきます。小さいお子様もいらっしゃるので、アクアクリーンという汚れに強い繊維で織られている3rd定番の生地をご提案!日常生活におけるあらゆるタイプの汚れを水だけで落とすことができます。清潔・快適に保つことのできる生地です。色味はCARABUの黒に!ダイニングにあるPepe chairの座面と同じ生地で統一しています。

sofa walnut

スチールとウォルナットを組み合わせたFENE living tableをL字置きにレイアウト!
使用する場面に合わせ色々な置き方が可能で、必要に応じて甲板(こういた)の大きさも変えられるテーブルです。棚板も付いているのでリビング周りの雑多な物をすぐに収納できますね!

お部屋全体的に木の見える割合が多くなりすぎず、スチールや生地の割合とのバランスがとれたリビングダイニングになりました!!

tvboard walnut planning

TV boardは、2つのプランをご提案!N様の好みの方を選んでいただき、左のプランに!

tvboard walnut

部屋の動線や入れるものを考慮しつつ、奥行きをかなり抑え350mmで製作。
部屋の中間の壁面のリビング側、ダイニング側のどちらに置いても壁のコンセントタップを避けられるように背板の開口位置を調整しました。また、開口を大きく開けることで内部は、HDD、プレイヤー、ゲーム機等を入れた時、左右どちらからでもコンセントに繋ぎ電源を取れるようにしています。

上部は、リモコン操作のためガラスの仕様に!中が見えないようブラウンのフィルム貼りにしてます。小さいお子様もいらっしゃるので万が一割れたときの飛散防止にもなります!

tvboard walnut

ウォールナットと黒色の組み合わせはとても相性が良くモダンな空間になりました!
N様、リビングダイニングで過ごす時間はいかがでしょうか?長い間、大切に使っていただけたら私たちも嬉しいです^^♪
この度はありがとうございました!!

【特注sofa SHAPE 3P_W2100×D910×H780(SH370)】
【特注sofa SHAPE OT_W1400×D700×SH370】
【特注sofa SHAPE OT_W700×D700×SH370】
【FENE living table_W1000-1800×D450×H350】
【Tradition dining table_W2000×D900-950×H700(t.40)】
Pepe chair_W535×D550×H770(SH425)】
【TV board_W1024×D350×H700】

line_03

sofa walnut

以前3rdでダイニングセットをお届けさせていただいたI様。「リビングにソファを置きたいけれど、スペースが限られているのでどんなソファにしようかと悩んでいるんです・・・。」とご相談を受けました。I様のリビングは三角の形をした間取りでレイアウトが少し難しく、圧迫感のないソファをお探しとのことでした。

sofa walnut

そこでsofa SHAPEをご提案!sofa SHAPEは、イタリア製のウェービングテープを使用し座面の高密度ウレタンを支えていています。背クッションはウレタンの両側にハンガリー産マザーグースのスモールフェザーが入っていて、なんとも言えないもっちりとした座り心地です。また、特注サイズでお作り可能のソファですので、今回はリビングのスペースにあわせてサイズを決めていきました。通常のサイズの奥行きは910mmですが110mm小さくして800mmに。そして、片アームにすることによってより圧迫感がなくゆったり座ることのできるソファになりました。

店内に展示してあった生地の質感を気に入っていただき、同じ生地で色違いのものをお選びいただきました!リビングの中央にレイアウトして背面から見ても素敵ですよね!!

sofa walnut

「このコンパクトなサイドテーブル、一緒に置けたらいいな。」とI様。店内に展示してあるHella Plug tableは、ソファに差し込んで使用し、サイドテーブルとしても重宝します。スペースが限られていてリビングテーブルを置くスペースがない方にも嬉しいですね!
「こちらにあるタイル張りのテーブルも素敵ですね!」と仰っていただき、「3rdはオーダー家具屋なので、Hella Plug tableの形を活かして天板にタイルを張ることもできますよ!」とご提案させていただきました。
2つのテーブルの良いところを併せ持ったテーブルができました!!

I様、この度はありがとうございました!座り心地はいかがですか?悩んだ時はいつでも気軽に相談しに来てくださいね!

【特注sofa SHAPE_W1400×D800×H780】
【特注plug table(タイル張り)_W350×D450×H530】

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2020.01.25

リフォームで暮らしを新しくする -ダイニング編-

livingroom diningroom sofa table chair walnut order blind reform

約10年前に一度家具をお届けさせて頂いているT様。「リフォームを考えているんですけど、そういった相談もできますか?」と、東戸塚店にご来店いただきました。T様のイメージや理想の暮らしの事などご要望をお伺いし、お打ち合わせを重ねリビングダイニングやキッチン、寝室、水回り、カーペットやブラインドなどトータルでお届けさせて頂きました!
今回のブログでは、ダイニングをご紹介させて頂きます♪

ダイニングルーム大改造前のお写真が、こちら。

元々はラウンドテーブルをお使いでしたが少し使いづらく感じられているというT様。普段はお二人でのご使用ですが、息子様がご家族連れで遊びにいらっしゃった時もみんなで囲めるようにしたいということで早速お部屋全体の広さから、動線、椅子の引き幅などを考慮しテーブルの大きさを算出していきます。

今回T様邸にお届けしたのは”BLISS DINING Table“と”2031 Chair”
テーブルはW1400×D850×H700でお作りしています。人が座った際のスペースを出来るだけ広く取れるよう、通常のテーブル天板の裏にある「幕板」を無くし、代わりに「蟻型追い入れ継ぎ」の技法で金属を使わずに入れた反り止めと「レッグジョイント」の脚がついています。

レッグジョイント金物を使用することで脚を天板の一番外側に直付けができるため、テーブルの脚から脚までの内寸を広く取れます。また、六角レンチで取り外しが可能なのでライフスタイルに合わせて長さの違う脚に付け替えることも可能に。

大人が二人横に並んで座った際、肩がぶつかり合わずキッチンへの動線もしっかり取れるようW1400。向かい合って座った時の対面距離を実際にご体感頂きながら、座っていない時に椅子同士がぶつかり合わず、立ち座りをする時の引き幅もしっかり取れるということでD850に。チェアはスッキリとしたデザインと座り心地を気に入って頂いた”2031 Chair”をお届け。背の格子が1本1本背中にフィットする角度になっています。

腰高窓のスペースはカーテンからブラインドに付け替えることでかなりスッキリした印象になりました。こちらは、上がレースの仕様になっており日中は採光しながら外からの目線を防ぐことができます。紐やリモコンでの操作ではなく、ブラインド本体に付いたハンドルで直感的に操作できるのも嬉しいポイントです。

ダイニングの収納は元々3つばらばらの収納を並べて置いていましたが、一つにまとめて作ることでお部屋の印象が大きく変わりました^^

何がどこに何が入っているか一目で分かるよう、ガラス扉に。お気に入りの食器を選んで飾ることもできます。扉は押すと開くプッシュオープン式で大きく開き、棚は全て可動棚でお作りしているので入れる物にあわせて高さを調整できるのも嬉しいポイント。

天袋収納には普段使わない大きな物を入れられるようにしています。下の収納は引出の深さを変えて作った事で大きさ別に中に入れる物を整理することが出来ますね^^ 引出しの両側を引き戸にすることで扉の開き幅が無くなるためダイニングテーブルの周りに人がいる時も邪魔にならず物の出し入れができるようになりました。

腰高の位置に浅い引出しも作っているので、こちらにはカトラリーなど細々したキッチン周りのものを入れていきます。

窓側には電話と作業スペースを作りました。電話機の下はスライドトレーを入れ、手前に引出すとパソコン作業ができるスペースに。スライドトレーの高さをダイニングテーブルに合わせたH700にしているので、ダイニングチェアをそのまま作業用に使う事ができます。

手元を照らせるよう食器棚の側面にLEDライトも取り付け!実はこのライト、USBの充電ポートがついているので携帯の充電などもここで出来ちゃいます♪パソコンの電源が取れるように天板に開口、コンセントタップの移設もしているので、ダイニングのスペースにマルチに活躍する食器棚兼ワークスペースができました。

照明をJAKOBSSON LAMPに付け替え、理想のダイニングの完成です♪
こちらの照明はスウェーデンのデザイナー、ハンス・アウネ・ヤコブソンのデザインで、時間を掛けて自然乾燥させたパイン材を薄くスライスし組み合わせたデザインが特徴的。ダークブラウンに着色されているのでウォールナットとの相性も抜群!明かりをつけるとお部屋にやさしい光が広がります。

家具を搬出し、床の張り替えからはじまり新しい家具の搬入は3rdの男性スタッフ総出で行いました!
T様邸のご紹介はまだまだ続きます、次回もお楽しみに・・・♪

BLISS DINING Table_W1400×D850×H700】
2031 Chair_W445×D530×H790 SH420】
【特注壁面収納_W2300×D450×H2400/850】
【JAKOBSSON LAMP_Φ540×390】

line_02

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2019.11.11

スッキリ快適にくつろぐソファダインング

diningtable table sofa chair

いつも通っているジムがたまプラーザ店の近くにあり3rdをご存じだったH様。リビング兼ダイニングの椅子(ソファ)の買い替えのご相談でご来店くださりました。
「ダイニングテーブルと一緒に使っているソファがだんだんへたってきて・・・。あと、ソファとテーブルとの高さが合わず腰に負担がかかるんだよね。」とお悩みのご主人様。ご要望やお部屋の間取りを伺い、3rdがお手伝いできることをお伝えさせていただきました。

ソファダイニングでは、食事が終わった後もお茶を飲んだりテレビを見たりゆっくりとくつろぐことができます。奥行きは浅めで腰に負担がかかりにくい『Sofa CHILL』をご提案させていただき、試しに座っていただくと座り心地もデザインもとても気に入っていただけたご様子!木枠はシンプルに見えて個性的なデザインになっていてラインの美しいソファです。座り座面を高めに設定しているので立ち座りの動作も楽にできますよ。座面は高密度ウレタン「レスピール」を使用しており身体にかかる圧を散らして局部にかかる負担を和らげてくれるので長時間座っていても疲れません。

diningtable table sofa chair

「ダイニングで使うにはアームが少し高いかな・・・?」とH様。『Sofa CHILL』は構造上アームと背フレームがつながっていて、今回アームの高さを少し低くするために脚をカットし座面のクッションを厚くすることで調整しています。またソファダイニングなので座面のクッションを固めの仕様でお作りしています。

diningtable table sofa chair

diningtable table sofa chair

またソファの向かい側に1人掛けのゆったり座れる椅子としてご提案させていただいたのは『EPOCH chair』と『L.O.ラウンジ』。『EPOCH chair』は3rdオリジナルの椅子で、ソファほどスペースを必要としないのにソファのようにゆったりとくつろいで座ることができます。ソファと同様の構造になっていてウェービングテープとウレタン座面で柔らかすぎずしっかりとした座り心地をとても気に入っていただきました。今回は、スペースと使い勝手を考慮して『EPOCH chair』に!オットマンの上に脚を伸ばして映画が見られるようになりました♪

『Sofa CHILL』『EPOCH chair』の両方とも生地はフルカバー交換可能になっています。お選びいただいたのはアクアクリーンという汚れに強い人気の生地で猫ちゃん3匹飼ってらっしゃるH様にピッタリの生地なんですよ!耐久性があるためひっかきにも強く、また生地についたペットたちの毛などを簡単に取り除けるようになっていて清潔・快適に保つことのできる生地です。

diningtable table sofa chair

特注ダイニングテーブルは、座るとき脚があたらないようにH型のデザインにしています。3本ラインが『Sofa CHILL』のラインと良く合いますね!
ダイニングテーブルの高さは椅子との差尺によって決めていきます。差尺とは椅子の座面の高さからテーブル天板トップまでの高さのことをいいます。H様にあった差尺を見つけることで、長く座っていても疲れない椅子とテーブルの関係性ができます。ソファダイニングの場合、高さのバランスが難しいので実際に試して調整させていただきました。

diningtable table sofa chair

コーナー部分は、ソファフレームの奥行きと高さに合わせ製作したハッシュテーブルを。天板はガラスモザイクタイル貼りになっていて奥様にとても気に入っていただきました!無垢材のフレームと組み合わせることによってお互いの魅力を引き立て合います。リビングダイニングのアクセントにもなりますね♪
3rdはオーダー家具屋ですので、お客様のご希望のサイズやお好みのタイルをお選びいただけます!

diningtable table sofa chair

今回お届けした全ての家具の角をR3の面取り加工をしているので、手に良く馴染みます。

お届けの際には、「すごく気に入っていて本当にお願いしてよかった!またよろしくね。」と喜んでいただき私たちも嬉しかったです!リビングダイニングの雰囲気にオレンジ色の生地がとても良く合っていて素敵でした!!困ったことがあればお気軽に相談しに来てくださいね!お待ちしております^^
H様、この度はありがとうございました!

Sofa CHILL 3P_W1960×D780×H800×SH400】
Sofa CHILL 2P_W1460×D780×H800×SH400】
【特注Dining table_W1400×D900×H650】
【特注Hush table_W780×D780×H575】
EPOCH chair(脚木)_W630×D600×SH400】
EPOCH chair OT(脚木)_W520×D520×SH400】

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2019.11.08

フレキシブルに使える家具と過ごす

living dining blisstable pepechaie tvboard ecocarat cloth light

「近くに越してきたので、このあたりを見て回っているんです。」とたまプラーザ店にご来店頂いたS様。住らしてみたらもっとこうしたいというのが出てきて!と家具のお部屋の事をご相談くださいました。

まずはお部屋の広さや間取りをお伺いし、今使っている家具と、変えたいと思っているところを教えていただきました。
ダイニングテーブルを置く向きや、立ち座りする際の椅子の引き幅、人の動線など普段の過ごし方や理想をお伺いしながらテーブルやソファのサイズやレイアウトをご提案していきます。

bliss diningtable PePe chair light walnut order

お届けした”BLISS TABLE“は、普段は二人でカウンターに付けて使ったり、来客時はカウンターから離して周りを囲んだり。フレキシブルに使えるよう、キッチンカウンターの内寸幅1500mmに合わせています。
通常の無垢材天板のテーブルだと、”幕板”という天板と脚を繋ぎ天板の反り・割れを抑制するための構造があり、脚が天板の四方から10cmずつほど内側に入っていることが多いです。3rd定番のBLISS TABLEテーブルの脚は天板外側ぎりぎりの所に付いているので同じサイズのテーブルでも、人が横に二人並んで座った時、内寸が広く使える仕様となっています♪

また、幕板の代わりに”蟻型追い入れ接ぎ”という金属のパーツを使用しない、宮大工の技術で天板の裏に反り止めを入れています。また、天板制作時に木の反る方向がお互いに抑制し合うよう、職人が1点1点材料選定をして接ぎ合わせていくことで、天板の反りや割れを抑制しています。

照明も簡易取付けで向きを変えられるライティングレールと一緒に取付けさせて頂いたので、模様替えの際もテーブルの中心に照明の位置を調整することができますね♪

bliss diningtable PePe chair light walnut order

チェアは、ご夫婦お二人で「気に入った!」とお選びいただいた”PePe Chair“。奥行き・幅共に広めの座面なので、お食事の後もゆったりと寛いで座っていただけます。
フレーム部分は背の部分は丸くアームで四角くなり、床に接地している部分はまた丸くなるという無垢材の形状の変化の楽しめるデザインとなっています。テーブルの脚も、PePe Chairにデザインを合わせてお作りしています^^
木枠の細いデザインですが無垢材を削り出し、フィンガージョイントという接合方法で接着面積を増やすことで強度を出しています。実際に持ち上げたときも軽いのでお掃除なども楽にできますね♪

living tvboard
walnut light ecocarat cloth

「テレビボードの上に、照明を付けたいんです。」とお話を頂き、「素敵だと思います!やってみましょう!」と、リビング側の壁一面も3rdでお届けしています。テレビボード設置予定場所の上の梁にテープライトを取り付け、光源が直接見えないよう梁より少し下がった面付けて目隠しを作り、その上からクロスを貼りました。テクスチャの入った濃いネイビーが壁のエコカラットのグレーとマッチし、落ち着いた雰囲気が出て素敵です^^

梁にクロスと照明を入れ、壁一面にエコカラットの施工後テレビボードの取付けに入ります。

living tvboard
walnut light ecocarat cloth

living tvboard
walnut light ecocarat cloth

向かって右側は、S様の育てられているグリーンを置くスペース。台輪の上に飾れるようにしています。
右の壁に付いているコンセントタップから、上の照明や家具の中に設置したコンセントタップの電源を取っているのですが、色々なコードがお部屋の片隅でぐちゃっとなってしまうと見栄えが悪いだけでなくお掃除も大変なので、台輪を付け家具の中を配線が通る様に設計し、上に物を置けるスペースにしました。

living tvboard
walnut light ecocarat cloth

壁の近くにある黒いボタンが、梁に付けた照明ON/OFFのボタンです。今回は出来るだけ目立たたず家具のデザインの邪魔にならない様、この位置にお付けしています♪

テレビとデッキ、スピーカーの電源はボードの天板に移設したコンセントタップから取ります。デッキはS様からのリクエストで設計した、上下に無垢材を施したガラス扉の部分に入れているので、天板の壁側に欠き込みを入れ配線が通る様にしています。

living tvboard
walnut light ecocarat cloth

両サイドの扉は、左側にはプリンター、右側には電話を入れるとのこと。こちらもそれぞれの収納スペースの中に電源タップを作り、配線は家具の中で納められる様になっています。どちらも使い勝手を考え、扉の中にスライドトレーを入れているので手前に引出し広いスペースで作業ができますね。
写真の中でグリーンが置いてある位置には、お持ちの間接照明を置きたいとのことで、TVボードの中を通してプリンターのコンセントタップから電源を取れるよう、家具の背板に配線用の穴を開けています。

S様、この度はありがとうございました!また何かお手伝い出来そうな事があれば、いつでもご相談くださいませ!

【BLISS TABLE_W1500×D850×H700】
【PePe Chair_W535×550×H770 SH435】
【MEGA BULB PENDANT_Φ180×H230】
【特注TV board_W2000×D500×H500】

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2019.10.24

一緒に過ごす空間を心地よい場所に

walnut tradition diningtable

こだわって作った3つのダイニングテーブルをご紹介します!
ダイニングはご家族皆様で時間を過ごす空間になるので心地よい場所としてより長く過ごせる様作っていきたいスペースですね^^

まずご紹介するのはお店の木の雰囲気をお気に入りくださり、ご要望に合わせ新規製作をしたS様のテーブルです。
テーブルの買い替えを考えていましたので、展示のテーブルを見ていただいたところTRADITION EXをお選びいただきました!

walnut tradition diningtable

TRADITION EXは北米産の丸太を日本で製材し、耳を残したまま板にしています。自然の表情なのでひとつひとつ耳の角度が違ったり、心材と辺材の割合が違ったりと唯一無二の表情をお楽しみいただけます。

「心材(赤身)」は木の芯側の色の濃い赤っぽい部分のことをいい、「辺材(白太)」は木の皮側の色の薄い白っぽい部分をいいます。心材と辺材であまり色味の差がでない樹種もございます。ウォールナットは色の差が濃くでるのでそこをお気に入りいただくことも多い樹種です^^

一枚一枚違う表情を見せてくれる無垢材の板ですのでたまプラーザ店とヨツバコ店は店内にサイズ別で数枚板を展示しております。その中からお好みの板を選んでいただくことが多いのですが、今回はS様のご要望に合わせ新しく板を製作しました♪
自社で木工の工房を持っているので板もオーダーして製作することができます。耳・木目・色味等の木の表情は自然のものなので完全にイメージを再現することはかなり難しいですが、、、長年木を扱ってきた職人にお任せいただきお客様のご要望にできるだけ合わせ製作をします!
今回S様のご要望でTRADITION EXの特徴である『節あり』『天板厚30㎜』をそのままに、ウォールナットの色味を『濃い目』で職人に依頼をし製作をすることになりました!

walnut tradition diningtable

板が決まったところで脚を決めていきます。シンプルな形がお好きとの事で、幕板なしの70角脚に決定!
幕板は通常天板と脚を固定する役割を持っていますが、幕板をつけると足周りが狭くなってしまったり、アームチェアが収まらなくなったりしてしまうことがあります。足周りをすっきりさせようと幕板を内側につけると脚も一緒に内側に入ってしまうので今度は座るスペースが狭くなってしまうんです。そこで、3rdでは幕板なしのダイニングテーブルを製作できるよう『レッグジョイント』という六角レンチで取り外しのできる金物を使用します。
レッグジョイントは幕板に関係なく脚を固定することができるので変形型のテーブルや、内寸を広く取りたいテーブルに最適です!

walnut tradition diningtable

濃い目のウォールナットの雰囲気はいかがでしたでしょうか?
インテリアに関する事何かございます際は是非ご相談下さい^^
S様ありがとうございました!

【TRADITION EX Dining Table_W1600×D900×H700】

line2_2

walnut tradition bookmatch diningtable

次にご紹介するのは先程と同じTRADITIONの板ではありますが、ブックマッチという特徴的なはぎ方をしているダイニングテーブルです!

以前にもチェアや、小物をご購入してくださっているT様。今回はダイニングテーブルを買い替えたいとご来店下さいました^^
現在お使いのテーブルやについてお伺いするとW2000mm以上あり大きめとの事でした。テーブルの大きさはあまり変える予定はないということで近いサイズの板を見比べていただきました。一枚板が気になっているとのことで店内の板をご案内させていただきましたがあまりピンとは来ていないご様子。ハギ板もご案内させていただいたところ、ブックマッチの板をお気に入りくださいました!

ブックマッチは本を開いて対称に合わせるように接ぐので木目が左右対称になり、真ん中からたけのこ杢が広がる一枚板とはまた違った美しい木目に仕上がります。また今回はほぼ垂直なので分かりづらいですが、耳の向きも対称になるのが特徴です。ブックマッチは一枚ものと同様に珍しい板なのでまさに出会いですね♪

walnut tradition bookmatch diningtable

お気に入りいただいたウォールナットはお部屋の雰囲気、お持ちの家具との相性もばっちりです!
あまり重たい印象にしたくないとのことで脚を細くすることをご希望でしたが、強度の面を考慮し天板との接地面の大きさはそのままに床に向けて絞った丸脚デザインに決定。これで特別な木目の天板に、印象が重くなりすぎないテーブルができました!
3rdではお客様の理想をかたちにできるよう受注生産のオーダーメイドで製作をしていますが、「家具の永年使用」をコンセプトにしておりますので強度に関わるデザインについてはご相談をさせていただきながらイメージに合わせて設計させていただいています。

walnut tradition bookmatch diningtable

T様板としてご覧いただいた印象と、実際にテーブルになった印象はいかがでしょうか?
黒やグレー調のお部屋とウォールナットがマッチして素敵な空間に仕上がりましたね!
またお近くにお越しの際はお店に遊びにいらしてくださいませ^^

【TRADITION Dining Table_W1930×D1230×H730】

line1_2

walnut roudn diningtable

最後はラウンドテーブルを変形で製作したN様のテーブルのご紹介です!
お引越しに向け新しいダイニングテーブルをお探しだったN様。他の家具屋さんも見て回っているとのことで、3rdの製作方法をお話しさせていただきました。

3rdは長く使用できるいい素材を丁寧な日本技で作ることを大事にしています。素材は北米産の広葉樹を使用する事が多く、丸太で仕入れたのち日本で製材・乾燥をしています。木は製材をしても生きているので家具として一定のかたちを保つには「乾燥」がとても大切になります。乾燥は天然乾燥と人口乾燥がありますが、3rdが使用する木材はどちらも行っています。天然乾燥→人口乾燥→天然乾燥と板の含水率を確認しながら日本の環境に馴染ませます。
それから世界のどの国と比べてもより丁寧で高度の技術をもった日本の職人に加工を施してもらいます。かたちの精密さ、表面の仕上げはもちろん、角の加工等細かな所まで丁寧に製作をすることで、使っていて心地の良い家具が完成します^^また、3rdのテーブルは横浜市旭区にある自社工房で職人が製作をしているので職人とお話しをしたり、都合が合えば実際に製作を見れるのが面白いところです♪近くに自社工房があるので無垢材のアフターメンテナンスもお任せください!

工房と職人の写真です↓

話しを聞き3rdに興味を持ってくださったN様がお引越し先のお部屋について話してくださりました。
普段あまりダイニングで過ごすことはないので大きくなく家族3人でゆったり使え、お客様がいらっしゃったときは4人で囲める大きさとのご要望。
お部屋を決める際にモデルルームで見たかたちが理想とのことでそれに近いかたちで大きさをN様のご自宅に合わせ設計しました!

walnut round diningtable

丁度お店の展示にハーフラウンドテーブルがあったのでそれで大きさを疑似体験していただきながら確認してもらいました。普段ラウンドテーブルは座るスペースと一緒にテーブルを囲む方との距離感を考えΦ1050mmでおすすめをすることが多いのですが、今回ご要望頂いたかたちはラウンドを欠いたかたちであった為どれぐらいカットするか、天板の大きさはどれくらいにするかを調整します。

カットした面は普段壁につけるが人が来た時には座れるようにとのことでしたので、脚と脚の巾600mmは確保することを前提にしました。4本脚の全方面W600mm以上確保でき、天板の一人一人の有効寸法をD400~500mm確保できるあまり大きくなりすぎないサイズとして店内でご確認頂いた結果、Φ1250mmの一面125mmカットに決定!

walnut round diningtable

展示のハーフラウンドテーブルと同じように面取りをし、丸の絞り脚で製作をしました♪
Φ1250mmは少し大きめではありますが、面取りをし脚を絞っていることで圧迫感なくお部屋に馴染んでいます^^
椅子との相性もばっちりですね!!

walnut round diningtable

N様ありがとうございました!
その後テーブルの使い心地はいかがでしょうか?
何か御座います際は何なりとお申し付けくださいませ。

【変形テーブル_W1250×D1000×H700】

INFORMATION
10/19~10/31の期間、イベントを行っております。
気になる家具がございましたら、数に限りがございますのでお早めにお越し下さい!

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。