オーダー家具の3rd -your life style shop-
2020.09.07

多機能を壁に収める

壁面収納をご要望でご来店いただいたYさま。展示を見て頂き3rdの収納の特徴や作り方をご説明させて頂きました。立って作業するワークスペース、大型のTVを置くスペース、飾りたな、本棚などなど、大凡のご要望をお伺いし
ご提案資料に。後日、ご自宅にご訪問し採寸と詳細のお打合せをし完成したのがこちらです!

大型の壁面収納ですので搬入経路など考慮し今回は8個のパーツにわけ製作。仮組みし壁に収まるか、開口の位置はあっているかなどを確認し裏面の配線関係を繋いでいきます。家具が組み上がったら家具内部下側(台輪)にあるアジャスターを調整し家具の水平垂直を合わせます。これで壁に打たなくても家具の安定感が出ます。

フィラー作業(隙間埋め)の様子です。3mの壁に3mの家具を作ってしますと入らないので家具は壁実寸より約-1cmして製作します。その1cmの隙間を同材のパーツを削り埋めていく作業です。

同時に扉や引き出しがスムーズに開くかなど微調整をし設置完了です。

向かって左側からワークスペース、立って作業をする仕様ですので高さを1mにし下の空間はプリンターを収納します。中央は55インチのTVが収まるよう広めに区画をとり下にAV機器収納+引き出しの仕様、右側は本棚/飾り棚/収納スペースになっています。圧迫感を軽減する為、目線の位置はガラス扉や照明を入れることにより抜け感を出しすっきりした印象になるようデザインしています。

最初ご訪問時にお持ちしたスケッチ。お打合せして仕様が変わっております。

↑プリンター収納部はスライドトレーにスキャンや後ろ給紙も使いやすいように。
↓お部屋のコンセント位置は開口し家具のコンセント、照明のコンセントをとっています。配線が干渉しないように可動棚板は欠き込みしています。

今回お客様にも色々とご協力いただきスムーズな設置ができました。Yさまありがとうございました!

■壁面収納:ウォールナット突板ウレタン全消し仕上げ
w.3470 d.500/400 h.2425

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2020.08.26

ウォールナットとグレーのバランス

お客様にご紹介いただいたO様。TVボードと飾り棚+本棚をご希望でした。ご紹介頂いたお客様のご自宅にて3rdの収納家具を見て気に入って頂きました。ご訪問し寸法とお部屋の雰囲気を確認。ご要望をお伺いしながらデザインを決めていきます。前もって資料は作っていきましたが実際にお部屋の雰囲気やお客様と直接お話しすると全然違うものになります。後日ご提案資料を作り再度ご提案。完成したのが↓です!

物も少なく色使いも落ち着いていて全体的にすっきりとした印象のご自宅でしたので、今回作る家具は置き家具らしさを出したかったので脚ものの仕様に。お掃除ロボも通したいとのご要望もありましたので少し高めにしています。扉メラミン材は当初、黒でご提案していたのですがお部屋の雰囲気には重いのでライトグレーに。グレーでも色味幅が広いのでサンプルを何枚か取り寄せセレクトしていただきました。想像以上にウォールナットとグレーの組合せがよかったです。テレビボードの天板と地板をかたせ横のラインを強調し本棚とのバランスにも神経を使いました。余分な線をなるべく減らしミニマルに設計。

本棚の後ろにはマルチコンセントがある為、背板に開口し家具は動かさず内部で配線のやり取りができるように本棚/TVボードそれぞれの側板に配線孔を入れてます。ちなみに模様替えした時に逆サイドの壁にも置けるよう開口の位置や配線孔に工夫をしております。
AV機器収納部は板のフリッパー扉です。通常リモコンの赤外線を通す為ガラスなどにしますが”中は見えない方が良い”とのリクエストがありましたのでこの仕様に。個人的にも機器は見せたくないので自宅の家具も板扉にしています。使うときは開けるスタイルです。

空間にあったバランスの良い家具ができたと思います。お客様にも喜んでいただけました。ありがとうございました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2020.08.25

生活の変化に合わせて家具をリメイク

久しぶりの投稿になってしましました!今回は家具のリメイクです。
テレワークが多くなり、持っているリビングテーブルをデスクにしたいとご連絡をいただきました。大凡のお値段をお伝えし現状を見せて頂くことに。

長年使われておりましたがとても綺麗なウォールナットの無垢材のテーブル。幕板付きの脚を新規で製作し天板をのせる仕様に。小ぶりな天板なので内寸をなるべく広く取るため外側に脚を設置し細くテーパーをつけすっきり見えるように設計しました。

空いているスペースにはテーブルの奥行き、高さと合わせたオープンの収納棚を製作。近くに間接照明を置かれていたので収納の台輪にコンセントつけました。扇風機や除湿器など季節家電も使え便利です。元々の仕上げがオイルだったので、デスク、収納共にオイル塗装にて仕上げてます。新規で作った収納とテーブルを並べるとウォールナットの経年変化の様子がよくわかります。家具コンセントのコードはご主人さまがモールを取り付けてくれるとの事でした!

このように生活に合わせてリメイクし使うこともできる事は無垢材の家具の良いところの1つだと思います。3rdでは他社さんの製品もリメイクしたり補修したりしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

line_03

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2020.07.20

8年来のお付き合い。こだわりのキッチンボード。

今までサイドボードやダイニングテーブルなど作らせて頂いているFさま。新築のマンションに引越しの為、ご相談いただきました。キッチンボード、ソファ、バーチカルブラインド、鏡、照明、ピクチャーレールをお届け。
今までお作りさせて頂いた家具(ダイニングテーブル、サイドボードなど)含め全体のレイアウトプランを作成しました。
キッチンボードはお菓子作りの為の様々な調理道具やこだわりの食器類がたくさんありましたので無駄なく使いやすいようにお客様と打合せを繰り返し設計。下台下段の引出しにはトレーやカッティングボードなど縦に収納する為取り外し式の板を入れています。写真では解りにくいですが上台の開き扉は収納物に合わせ左右で扉の大きさを変えています。このような細かい対応もオーダー家具だからできる事です。

まずは壁の芯を探し吊り戸棚を設置していきます。左上には梁があるのでその隙間をフィラー処理し埋めていきます。

綺麗に仕上がりました。

照明に関してはダイニング(写真左)、リビング(写真右)共に簡易取付型ラーティングレールを設置。ダイニング側にはお客様お気に入りのペンダントをダイニングテーブルに真上に来るように吊るします。スポットは小ぶりでLED電球交換式のものを選びました。

玄関には姿見を設置(写真左)。床から天井までにすることで広がり感出て良いです。
ピクチャーレールをリビングダイニンに二箇所、廊下に一箇所設置。これでお気に入りの絵画など好きな場所に飾れます。

約8年前に東戸塚店へご来店されお気に入り頂いたSOFA WAVE。その際は賃貸だしまだ早いかなとの事で保留に。その後お引越しされ、ダイニングセット、サイドボードを作らせていただきました。そしてご結婚され今回マンションをご購入し8年越し念願のソファです!とてもお部屋に馴染んだ雰囲気の良い生地でした。

最後にバーチカルブラインドのご紹介です。カーテンボックスを使わず窓枠内に収まるように設置しています。この事によりお部屋が約10cmほど広く使えかなりすっきりとした印象になります。

ここに以前お届けしたサイドボードやダイニングセットなど入り完成です。こうやって長年お付き合いさせて頂けるのはとても嬉しいことです。F様いつもありがとうございます!!

line_03

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。

2020.06.26

家具と空間のバランス

お引越し後しばらく時間がたち家具のご相談を頂いたMさま。前の家でお使いだった家具を置いてとりあえず使っているのでリビングダイニングをすっきりさせたいとのご相談いただきました。メインは収納家具でご提案したのは、幅5m84cmの大型ローボード。合わせてダイニングセットもご提案しました。

ご提案スケッチです。LDの家具配置と壁(窓)のバランスを考慮し全体をデザインしました。

大型の家具なので5パーツにわけ製作しご自宅で組み上げていきます。手前に見えるのがサイドボードの下面で家具の水平垂直を保つアジャスターです。3rdでは基本的には置き家具の仕様なのでこのアジャスターを調整しお部屋に設置していきます。

窓センターに合わせて2.5mのTVボード、右棚上部はお仏壇収納。窓下(カーテン)、腰高に合わせサイドボード。家具で埋まってしまうコンセントは両サイド台輪にコンセントを付け電源が取れるようにしています。サイドボードは腰高に浅い引出しを入れ収納物を限定しない仕様のデザインに。TVボード、AV機器が入る部分は赤外線を考慮しガラス扉に。今後はHDDでの録画やNetfrixなどのサブスクリクションが一般的になり恐らくデッキ類もなくなっていくと思います。その際は板扉に付け替えて収納にする事も考えて設計しています。

お仏壇収納スペースにはLEDのダウンライトを入れ、ガラス扉下にはスライド式の膳引きを供え付けています。

元のお部屋のコンセント部分の背板に開口し家具につけるコンセントの配線ルートを取っています。サイドボード天板のコンセントは電話用です。

ダイニングテーブルはなるべくなシンプルなデザインが良いとのことで定番のブリステーブルを170cm x 85cmでお作りしました。ダイニングチェアは後日お届けだった為、写真は無いですが軽く、ゆったり座れるpepe chairをお選び頂きました。

壁〜壁の低い収納家具は圧迫感なくとてもすっきりしたお部屋の印象になり、適切なサイズで家具をレイアウトすると何も無い空間よりも広く感じる事があります。マンションの内覧会などで”お客様が思ったより狭い。。。”と仰る事がありますが家具をお届けすると”なんか広くなった気がする!”とい言う事が多々あります。空間とお客様にあった家具をご提案できるのはフルオーダーだからこそです。

【Low board_W5840×D500/400×H850/500/1450】
【bliss table_W1700xD850xH700】
【pepe chair_W535×D550×H770】

line_03

CATALOG
アイテムの紹介に加えて、暮らしのヒントがたくさんつまったカタログを無料でお送りしています。
あなたのお部屋の空間づくりに是非お役立てください。